Posts in Category: おかしな話

ここに住めてよかった

この週末は我が家の目の前にある神社のお祭りだった。昨日はお昼前あたりに山車と御神輿が出発して、夕方からは近隣の方々による演芸、そして日が暮れた頃には町内を回っていた山車と御神輿が老若男女を引き連れて戻ってきた。戻ってきた御神輿は、最後のパワーを振りしぼるように動きまわる。その周りでは大勢の方々が歓声をあげながらスマホを向ける。平たく言うと、最高潮の盛り上がりを見せている。「ここに住めてよかった」と、その様子を部屋の中から眺めていた妻が言う。その言葉の真意は聞いていないけれど、いや、聞いたけど忘れてしまっただけかもしれないけれど、こういった行事をきちんと、そして盛大におこなう地域に住むことができてよかったということなのだろう。

この土地に越してきたのは2012年の始めだった。僕がまだ独身というか、バツイチの4~5年目だった頃。引っ越し先はどこでも良かったんだけど、せっかくなら自分が好きになれるような場所に住みたいなと思い、自分の崇敬神社の分社の場所をまずは調べはじめた。そしてその神社の近くにある賃貸マンションを調べ、そのマンションに空きが無いかを調べてみたら、空いていた。そんな経緯で引っ越してきたのが今のマンション。
住んでみてわかったのがこの土地と僕とのマッチングの良さ。引っ越してきて1週間後に大きな案件が舞い込んで、1年しないうちに妻と出会った。前の妻との離婚から4~5年ほどが経ち、それまで停滞していた運気が一気に上がったように思えた。今の妻が部屋に泊まりにくるようになって手狭になりつつあったこともあり、どうせなら神社の真正面にある少し広い部屋に引っ越したいと思っていたころに空きが出て、審査の順番は2番目だったにも関わらず、今の部屋に引っ越すことができた。神社は南に向いていることが多いので、神社の正面の部屋ということは必然的に北向きの部屋ということになるから日当たりの悪さが心配だったけれど、部屋の北側に大きな窓が開いているといいと聞いたことがある。幸いにしてこの部屋の北側は、その全面が窓になっている。「いい」ってのはどういうことかというと、そこから神様が入ってきてくれるんだって。その真偽のほどは知らんけど、カーテンを開けると僕の崇敬神社が目の前にあるってのは悪く無い。そしてその神社が地域の皆さまから愛されているのだからなおさら。

これまでに7度の引っ越しを経験している僕だけど、同じ土地に7年も住み続けるだなんてここが初めて。マンションを購入したときですら4年しか住まなかった。果たしていつまで住み続けることができるかは分からないけれど、このご縁には感謝しているし、願わくば、それが少しでも長く続けばいいなと思っている。

天使の歌声

かれこれ6~7年ほど前の話になるけれど、赤坂にある某お店の20周年パーティーに参加をさせていただいたときのこと、舞子さんたちやら俳優さんたちやら歌舞伎役者さんたちやらも参加されたそれはそれはすんばらしい会だったんだけど、会がお開きになってめいめい会場を後にし始めたときのこと、突然僕の後ろから天使のような歌声が聞こえてきて、振り返ってみると、オペラ歌手のN島K江さんがアカペラで歌っていた。歌のプレゼントをなさっていたのかな。その歌声が素晴らしいなんてもんじゃ無くて、もう既に書いちゃったけど、天使の歌声ってのはこういうことを言うんだなと理解できてしまった。それまでは歌を聴いて涙が出るだなんてのはテレビの世界だけの話で演出の一環だろうくらいにしか思っていなかったけれど、N島さんの歌声を聴いたらそんな僕ですら涙が出そうになった。心に響いた。霊界通信の模様について書かれた『ベールの彼方の生活』では、あの世での暮らしの一部として、この世では考えられないような美しさの歌声に関する描写がたくさん出て来るけれど、ああ、こういうことなのかもしれないなと。なのでN島K江さんはこの世の天使みたいな存在なのかもしれないなと思えた。とにかくぼかぁ感動したのだよ。
N島さんは数年前に他界されているけれど、きっとあちらの世界でもあの美声を響かせているんだろうね。さらにすんごい歌声になってるんだろうなぁと、勝手に想像している。

吉夢

ここのところ舌癌(が首のリンパに転移)の話ばかりしていたので、今日は久しぶりに違った話題を。妻が見た吉夢について書くことにする。とはいえこの話は言ってみれば「コピーライト 妻」であり、僕の身に起きたことでは無いのでサラッと書くね。気になる方は妻に聞いてみてちょうだい。

昨年、僕らは妊活をしてたんだけど、ある日の晩、寝ていた妻が「うわぁ!」と大声を出した。飛び起きて妻を見ると目を瞑っているのでどうも夢を見ているらしい。怖そうにしていたので「大丈夫だよ。」と言いながら起こしてみると、ある動物が妻の肩に飛び乗ってきたとのこと。それで驚いたと。で、僕の記憶が確かなら、それから少しして妊娠が判明したんじゃなかったかな。僕のことだからもちろんうろ覚えだけどな。で、それから数か月後にも同じ夢を見て夜中に驚いて、さらには出産間近にも同じ夢を見て大声をあげていた。2回目の夢はよく分からんけど、3回目の夢は、おそらくはそのタイミングで我が子の魂が妻のお腹のなかにある子供の肉体に宿ったのではなかろうかと思っている。魂ってのは肉体ができたらすぐに宿るものでも無く、出産と同時に宿るものでも無いからな。

自分の肉体のなかに別人の魂が宿ってるってどんな感じなんだろう。考えてみると不思議なことだよね。僕ら男性では味わうことができない、女性の特権と言ってもいいのかもしれないな。

高級霊と低級霊

こういうことを書くと「またあいつは頭のおかしなことを言っている。」とか「そもそもキモいよね。」みたいに思われそうで嫌だからあまり書かないようにしてるんだけど、ここ数日頭のなかから離れなくてウザい部分もあるので、思い切って書いてしまうことでその思考に成仏していただくことにする。なーむー。

先日ね、僕の好きな「ももち」こと嗣永桃子さんの映像をYouTubeで見てたのよ。たくさん。面白いなーとか、歌うまいなーとか、ダンスが上手なメンバーがいるBerryzだけど、そんななかでも自然とももちに視線が行っちゃうのはこれ如何に、なんてことを思いながら楽しく見てたんだけど、そんななか、何年か前にテレビで放送していた『おしかけほにゃらら』って番組が出てきてね、こういうスピリチュアルな番組はあまり好きでは無いからほとんど見ないんだけど、ちょっとね、見てみたの。
ももちが霊視されてね、それによるとももちは素では無くキャラだと言われていたり、自宅の部屋を覗かれてカーテンやら服やらの色を当てられていた。その様子を見ていて、これって低級霊の力によるものなんだろうなーと思えた。高級霊はこんなことに力貸さないだろうなーと思えたから。低級とか高級とか何やねんとお思いの方もいらっしゃると思うので簡単に説明すると、我々人間は霊界に移行してから休んだり反省したりしながら魂を浄化すると言われてるのよ。その浄化の度合いによって低級霊と高級霊とに分類されるのだ。個人的には低級と高級しか無いだなんて大ざっぱだなぁとは思うものの、逆に言えば分かりやすくはあるからまぁいいかと思っている。話を戻すと、低級霊とは言えども僕ら人間からすればすごいことができるわけで、「超能力ですか?」なんてこともできたりする。低級とは言えども僕ら人間にはとても及ばないほどの霊能力を発揮することができて、しかも人間との関わりを積極的に持ちたいと思っているものが多い気がする。平たくいうと、こういった所謂「当てもの」の際には低級霊が関わってくることが多い。全てが全てでは無いけれど、すぐに関わってくるのは高級霊よりは低級霊なので、やっぱり当てものってのはアレだよなぁと再認識した。ももちを見てこんな結論に至るとは。

書いてる最中に仕事が忙しくなってきたから後半が雑になった。でも忙しいからもうおわり。

安西ヒーリング再開の件

Facebookでは既にお知らせ済みだけど、こちらの日記でもヒーリングやら何やらの話をちょいちょい書いていたので、ご報告をさせていただく。4/15(月)から安西ヒーリングとしての活動を再開させていただいた。約7年ぶりの再開になる。本業で身動きが取れなくなってから活動を停止させていただいていたわけだけれど、再開させたからといって本業が無くなったわけでは無いのでご安心を。安西ヒーリングのWebサイトも公開したので、よろしければ。
https://anzai-healing.com/
また、安西ヒーリングの更新情報をお伝えする目的で、Twitterも開設済み。こちらも合わせてご報告。
https://twitter.com/anzai_healing

そもそもヒーリングって何なのよ?とお思いの方もいらっしゃると思う。これに関してはいろんな人がいろんな解釈をお持ちだったりするけれど、僕の思うところは安西ヒーリングWebサイトにてご確認をいただければ是幸い。Webサイトには書いていないことをちょろっと書くとだな、スピリチュアル・ヒーリングってのは何やら怪しそうだとかなんかすげぇものなんじゃないかと思われることもあるけれど、特別なものでも何でも無いと理解している。正直、誰にでもできるものだと思う。コツがあるからそれを習得する速度に個人差があることは否めないけれど、息をするのと同じくらい普通なものだと思う。全員が全員プロ野球選手になれるわけでは無いけれど、多くの人はボールは投げられるでしょうし、打ったら走るものだくらいはご存知と思う。それと同じ。だから必要であれば、誰かに頼まずに、ご自分でできるようになれば一番いいんじゃなかろうかと思っている。僕にできるんだから誰でもできる。もちろん生きて行くうえで必須なものでも無いから、できないからといって困ったり悩んだりもしなくていいと思う。なんつーか、そういうものだと思っている。

あとね、事例を挙げておくとだな、たとえば今年に入ってからうちの妻に対して数回のヒーリングをおこなったからそれについて書こうかな。参考として。
一度目は耳の痛み。耳の中が痛くなってから数日経つというので、少し心配になってヒーリングをした。耳のなかにスムーズにエネルギーが入っていった。しばらくすると耳のなかの何らかを引っ張りだしたい気持ちになったので、指先をつまむような形にして、耳のなかから何らかを引っ張りだす動作を数回繰り返した。「もう終了」という気持ちになったのでそこで終了させた。翌日、妻の耳のなかにあった膨らみが破裂して膿が出た。膿が出たら痛みが無くなったとのこと。
二度目は夜中の吐き気。これもけっこう酷そうだったので、お腹付近を中心にヒーリングをした。いつも通りにヒーリングをするものの、妻の身体のなかにエネルギーが入っていく感覚は無かった。でも目の前で辛そうにしているので、そのまま10分ほど続け、寝息を確認すると同時に終了。深夜になり突然妻が起きてトイレへダッシュ。おう吐をしたことで、気持ち悪さからは解放された。
ヒーリングってこういうことなのよ。こういうことってどういうことだよとお思いかもしれないのでお伝えすると、スピリチュアル・ヒーリングってのは霊界にいる癒しの霊団と人間(僕)との共同作業でね、いつでもどこでも霊団から癒しのエネルギーが届けられるわけでは無いの。必要な人に必要なときにだけ届けられるのよ。なので妻の例で言うと、一度目のヒーリングでは必要だったからエネルギーが届けられたの。僕が「何かを引っ張りだしたい」と思えたのもそれによるもの。二度目は霊的なエネルギーが必要無かったから届けられなかったの。吐けば治る状況だったから届けれらなかったんだと思われる。お腹の上に手をかざしているときに「胃のなかの油だな」と思えた。つまりは胃のもたれによるものだとは思ったんだけど、僕は医者では無いからね。全ては霊団にお任せするわけ。で、その結果が「エネルギーは必要無い」ってことだったんだと思っている。必要であれば届けられるけど、必要でなければ届けられない。なので「やってみないとわからない」のがスピリチュアル・ヒーリングなんでしょうな。

ということで、安西ヒーリング、再開です。