やってみたいこと

何をするにも腰が重い人間だと自分では思ってるんだけど、なんだかんだ興味があることには首を突っ込んでるからそんなこと無いのかもしれないなと思えなくも無い。
最近の話で言えば、数か月間スペイン語にチャレンジしていた。自分でもイマイチ分からんのだけど南米の方々と仲良くなりたいという願望が昔からあってね、ではその方々とお話をするには何語をマスターすればいいのかなということを調べてみたら、なんだかんだスペイン語がいいんじゃね?という結論に達したもんで、勉強してたのよ。スピードラーニングで勉強してたんだけど、アレってさ、やってみてわかったんだけど、たぶん英語だったら勉強になると思うの。最初はさ、聞き流すことを要求されるんだよね。英語だったら多少は知ってるじゃんか。知ってる言語だったら聞き流すことでなんとなく頭の中に残るのかもしれないなと思うんだけど、スペイン語ってほとんど分からんからさ、聞き流す作業を何か月繰り返しても頭に残らんのだよ。「これ、大丈夫か?」と思って何回か説明書っつーか勉強への取り組み方を確認してみたんだけど、何回確認しても「聞き流せ」って書いてるからさ、その通りにしてたんだけど、まぁ早い話が僕には合って無かったようだ。「僕にとってスペイン語習得のための教材としてスピードラーニングは合わない」ってことが分かったことが収穫だ。
話を戻す。でね、スペイン語以外に最近「やってみたいぞ」と思うようになったのが「寅さんを全話見る」ということ。寅さんって一度も見たこと無いの。興味も無かったの。事務所にあるブルーレイによく分からん番組が勝手に録画されるようになってるんだけど、それにさ、録画されてたのよ、寅さんがらみの番組が。それをお昼ごはんを食べながら見ていたら、「あら?寅さんって面白そうだな。」と思えるようになったの。義理・人情とかさ、なんかそのあたりのことがいっぱい詰め込まれてる映画なんじゃなかろうかと思えて、なんかいいなと。寅さんを見ることで、歳をとるごとに硬くなってしまった僕の心が柔らかくなるんじゃなかろうかとも思えてね。心を動かすって大事じゃんか。寅さんにはそれができるんじゃないかと思って。ってことで、寅さんを全話みるってこと、そのうちやってみたいぞと思っている次第なんだけど、なんか、渥美さんが亡くなってから寅さんに代わる映画を西田敏行さん主演で作るとか言ってたと思うんだけど、アレ、何だっけ。世界を股にかけるとかなんとかそんな題名だったような気がしなくも無いんだけど。あの映画、どうなったんだろう。

ぐずり

ここのところ、我が子がぐずるようになった。以前は夜の10時頃には寝て、朝の8時くらいに笑顔で目覚めていた。それがここ数日は何時になっても寝ない。10時頃に寝かしつけようとすると泣き叫ぶ。抱っこすると泣き止むものの、少し経つとぐずりだす。ぐずるもんだから抱っこが嫌なのかと思って布団に寝かせると泣き叫ぶ。おっぱいかと思って妻と代わるとたいして飲まない。抱っこしたまま外に連れ出すと、泣きはしないものの「うー」なんてことを言いだす。部屋に戻るとまた泣き叫ぶ、みたいな。いろいろと工夫をしつつ、最終的には身体を密着させるように添い寝をすると寝るみたいな。それもその前に何度もやってるんだけどね。タイミングがあるんだろうね。夜の12時前くらいかなー、寝るのは。
夜中に起きることも多くなった。2時やら4時やらそのあたりに起きる。妻がおっぱいをあげるとおとなしくなる。大抵はそのあと寝てくれるから助かっているけども。僕はもともと眠りが浅い人だし事務所では必ず昼寝をするようにしてるから大丈夫なんだけど、妻が心配でなー。
まぁ、ぐずりってのは成長の過程というか証というかそういうもんだと思ってるからいいんだけど。毎日のように変わっていくね、子供って。

そりゃそうだよね

今週末は月イチの習い事があるんだけど、新型コロナウイルスが心配だからお休みをさせていただきたい旨の連絡をしたら、まさにこれからその旨の連絡(今月は休講にする)を皆さんにお送りするところだったと返事が来た。まぁそりゃそうだよな。この時期に全国から集まる複数の人間をひとつの部屋に長時間収容するってのは、開催側からしても勇気がいることだよな。ってことで、直近の我が家のリスクがひとつ減ったのでめでたしめでたし。あとはアレだ、仕事だな。電車通勤をしている限りはウイルスへの感染のリスクは常につきまとうわけなので、自宅から事務所の環境を利用できるようにリモートデスクトップを開通させておいた。事務所のパソコンの電源を落とさない限り、自宅からでも事務所のパソコンを動かすことができる。ホントに使うことになるかは分からないけれど、まぁ、備えは大事ってことで。
っつーかさ、このウイルスのおかげでマスクの入手が難しくなってるじゃんか。でもさ、花粉は容赦なく飛んできてるわけじゃんか。僕なんて2/9(日)にはもう目も頭もやられてたんだから。ってことで通勤途中にドラッグストアをパトロールすることが日課になってるんだけど、今朝さ、たまたま見つけたの、マスク(3枚入)を。しかも「一家族3点まで」の制限のところ、残りがちょうど3個でさ、なんだか申し訳無いなと思いつつもその3個をレジに持ってったわ。色が黒だかグレーだかでさ、本当なら白いマスクであってほしいところだけど、文句は言ってられないもんな。あるだけ有難いっつーことだ。前に電車のなかで見かけた5~60代と思われるサラリーマンが韓流スターみたいな三角形の黒いマスクをしてて「あぁ、それしか売って無かったんだな…」と思ってたんだけど、自分がそうなっちゃうとはね。コロナウイルス、恐るべしだわ。

楽しかった

週末は友人宅にお招きいただき楽しく過ごした。子連れゆえ、せっかくお声掛けをいただいても場所や時間に制約があるのでなかなか実現はしないものだけど、ご自宅だと寝かせる場所はあるわ、おむつは換えられるは、授乳はできるはで気兼ねなく過ごすことができる。外食だとなかなかこうは行かないから。とても有難い。
僕は仕事で毎日外に出ているからいいけども、妻は家で子供と二人きりの毎日を過ごしているわけなので、こういうお声掛けは本当に有難い。鬱々としちゃうもんね、毎日家から出られないとさ。
仲間がいてくれるって有難いね。感謝だね。僕も何か、世の中のためになれるような人にならないとなと思う。

バレンタインかー

今日はバレンタインデー。妻からは数日前にステットラーのチョコを受領済み。夫婦でいろいろ食べ比べたんだけど、ステットラーが一番うまいという結論に達してね、それからは毎年買ってるの、ステットラーを。念のため検索してみたら、ステットラーの「パヴェ・ド・ジュネーブ」って名前のチョコみたい。これまじうまい。入手しづらいチョコだと思うけれど、機会があったらぜひ食べてみてちょうだい。でも味覚はそれぞれなので、あくまでも自己責任でな!

で、バレンタイン。僕がバレンタインと聞いて思い浮かべる思い出は2つあるんだけど、そのうちの緩い方だけを紹介するとだな、小学生の頃にね、同級生にもらったのよ、チョコを。バレンタインの日に家の窓から外を見ていたらその女の子が突然うちの庭に入ってきてさ、僕が応対したんだけど、そしたらチョコくれたのよ。有難くいただいたしホワイトデーにはお返しもしたんだけど、その女の子さ、クラスで嫌われてたの。どうして嫌われてたのかの詳細は知らないんだけど、確か「汚い」とか言われてた気がする。どこがどう汚いのかは分からなくて、僕はそれに加担はしなかったんだけど、守りもしなかった。まぁ激しくいじめられていたわけでも無く、なんて言えばいいんだろうか、単にあまり友達がいなかった印象かな。ってなんだろうこの話は。そう、その女の子にチョコをもらったんだよっつー話だな。特に汚くなかったし、僕にとっては普通の女の子だった。今はどこで何をしてるんだろうなーとね、バレンタインのたびに思うのよ。
でさ、これはその女の子だけに思うことじゃ無いんだけど、バレンタインにチョコをくれるだなんて、勇気が必要なことだよね。すごいなその勇気。それだけでもう有難いことだよなと。ほんと、ありがとうと思える。隣のみきちゃんもそうだし、高校の頃の後輩もそうだし、これまでに僕にチョコをくれた全女性たちに感謝を述べたい。本当にありがとう。もうね、あなた方にはいつまでも優しくできると思う。いつでも連絡してね。優しく対応するから。