ソフトクリーム

小学生の頃、英語の塾に通っていた。自宅からは距離があったので、バスに乗って通っていた。
ある日、いつものように塾を終えバス停に向かおうとしたところで、なぜかバスに乗って帰りたく無いと思えた。歩いて帰りたいと思えた。何年通っていただろう、そんなことを思うのは初めてだった。少々長い距離だったけれど、歩いて家まで帰った。
いつもと比べて2~30分ほど遅れて家についたと思う。台所では母親が夕飯の準備をしていた。「歩いて帰って来ちゃった!」と言うと、母親は怪訝な顔をしながら「Aコープの前でお姉ちゃんと一緒に待ってたんだよ。」と言った。Aコープとは英語の塾からバス停までの間にあるスーパーで、その日は父親とともに車でAコープに買い物に行ったため、母親と姉とで僕が通りかかるのを待っていたらしい。ソフトクリームを持って。僕が歩いて帰ったのはレアなことだったけど、父、母、姉の3人でAコープに買い物に行くというのもかなりレアなことだった。だってそこは自宅から近くは無いから。

昨晩、仕事帰りに地元の駅についたとき、いつもの道で帰りたく無いなと思えた。違うルートを歩いて帰りたくなった。こんなことを思うのはあの日以来だなと思えた。念のため、携帯から妻にメッセージを送った。「家にいるよね?」と。妻は家にいた。
家につくと「どうしたの?」と言われた。家にいるかどうかなんてそれまで聞いたことが無かったから。僕はあの日の話をして、「もしかしたら」があったら嫌だなと思って連絡したんだよと伝えた。
夕飯を食べ終え、妻が昨日買ってきてくれたというアイスクリームを食べようと思い冷凍庫を開けた。そこにはソフトクリームが入っていた。なんだろう、あの日のリベンジなのかなと思えた。37~8年の時を超えてやってきたソフトクリームなのかなと。長い時を超え、ようやく愛を受け取れたような気がした。あの日の母親から、そして今という時を共に過ごしている妻とのふたりから。

悪天候での出前など

天気が悪いですな。雨だけでなく風もなかなか強いので、こんな日はできれば家から出たくは無いけれど、出なければならないところが辛いところ。
で、弊社は常日頃から昼食時に出前をとることが少なく無いんだけど、悪天候の日にはとらないようにしている。こんな日にご飯を持ってきてくれるだなんて大変だろうと思うので、天気が悪ければ悪いほど自分たちでなんとかするようにしている。その行為をついさっきまで正しい行為だと思っていたんだけど、実はアレかもしれないなと思えた。もしかするとそれをビジネスチャンスだと捉えているお店もあるのかもしれないぞと。天気が悪い日こそ出前ウェルカムなお店もあるのかもしれない。そこんとこ、もうちょいはっきりしてもらえれば頼む側も頼みやすいというか応援しやすくなるので、明確にしてもらえたらうれしいなぁ、世の飲食店さま。
世の飲食店と言えば、イタリアンのお店なんかでたまに見かけるのは、「ワインをボトルで1本は必ず注文してください。」的な張り紙。事情がおありなのだろうからそれに憤慨することは無いんだけど、ああいうものを見てしまうと他のイタリアンのお店の人も実はそう思ってるのかもしれないなと思えてしまい、サイゼリヤ以外のイタリアンのお店には入りづらくなってしまう。そもそも我が家はお酒は飲まないので、世の飲み屋さんが作るご飯は美味しいことを知ってはいるけれど、お酒を注文しないとお店側に儲けが出ないんじゃないかと思えてね、飲み屋さんに入れないの。一度だけ「お酒注文しなくても大丈夫ですか?」って聞いてみたんだけど、そのときは「ウーロン茶が一番利益率が高いからそれを頼んでくれれば!」と正直にこたえてもらえたのでとても助かった。どこのお店でもそうなのかな?前述のワイン1本頼まないと入れないイタリアンはウーロン茶じゃダメなのかな?ダメだと言ってるんだからダメなんだろうな。そういうところ、お酒は飲まないけどご飯は食べたい族の僕からすると、明確にしていただければ助かるんだけどなぁ。

突き抜ける

2~3週間ほど前、家の近所の公民館的な施設で、笑顔が凄いお兄さんに出会った。言い方はとても申し訳無いんだけど「この人はちょっとアレなのかな?」と、つい疑いの目で見てしまうほどにすんごい笑顔なの。数分間話しをしたところで「この人は心からの笑顔を見せてくれてるんだな」ということにようやく気付けた。言うなれば、僕らを悪の道に引きずり込むための作られた笑顔では無く、邪念の無い純粋な心を持った優しいお兄さんだったということ。疑ってごめんね、お兄さん。
そのお兄さんとの愛のキャッチボール体験を終え、ああいう、何て言えばいいのか、自分の心をオブラートに包むこと無く外に向かって開放するって大事なことだなと思えた。それでこそ「我、そこに有り」だもんな。あ、これは今僕が作った言葉だから気にしないでほしいんだけど、要は周りの目を気にすること無く自分の長所を素直に外に出せているということであり、なんつーか、自分を生きている感があるよなと。昔から僕は複数の指導者から「手を抜いている」と言われる人生を送ってきておりましてね、自分としてはそんなつもりは無いんだけど、そうは言っても火事場のクソ力的な超人的なパワーを放出できることも稀にはあるからさ、おそらくはこれまでの指導者の方々が仰ったことは正しいんだろうなとちょっとだけ思っている。あれ?話がズレたかな?いや、ズレてない。要は何が言いたいのかと言うと、人それぞれ一長一短あるけれど、「長」の部分については周りに合わせること無く存分に発揮しちゃっていいんだよなということを、笑顔の凄いお兄さんに教えられた気がするんだよね、という話だよ。みんな遠慮してないで、たけのこみたいにグングン伸びちゃえばいいんだよっつーことだ。おわり。

ドラえもんと攻殻機動隊

齢47。まだまだ知りたいことがたくさんあるので、本を読むことが多い。ただ僕の頭は残念なので、せっかく読んでも、読んだものを片っ端から忘れていく。忘れるというか、雰囲気でしか覚えていないので、読んだ内容を他者に説明するのは困難を極める。モノになってるんだかなって無いんだか分かりゃしない。こうなったらアンキパンを食べるしか無いかなとも思うものの、1冊ぶん覚えるとしてもパンを150~200枚くらい食べないとならないので現実的では無い。最終的には電脳化するしか無いんだろうな。電脳化したら誰かと並列化してもらえばいいもんね。

金曜日っぽい雰囲気の日記にお付き合いいただきありがとうございました。脳みそは既に週末です。

舌の水膨れと北方領土

先に、今話題の北方領土の話を。
この写真の水平線の向こうにうっすらと見えているのが北方領土。国後島ね。2年前に道東の旅をした際に標津町あたりから撮ったもの。近いね~。でも日本は1951年のサンフランシスコ講和条約において国後島と択捉島の領有権は放棄してるって知ってた?ではなぜ四島返還を叫んでいるのか。気になる方は調べてみてね。

さて、久しぶりに舌癌の話を。
実は1月だか2月あたりから、手術して切除した付近の舌が、水膨れっぽく膨れたり、血豆みたいになるようになった。先生に聞くと、手術した部分がまだきちんとくっついていないのかもとのことだったのでこれまで様子見をしていたけれど、全然良くならないんだよね。参っちゃうでしょ?膨らんでるとちょっと痛かったりするし。で、先月から僕の主治医に変更があって、2016年に最初の舌癌の手術をしていただいた先生が僕の主治医に返り咲いたんだけど、その先生にも診ていただいたら、舌と歯があたってることが気になるから歯を診てもらってくれとのことで、同じ大学病院内の口腔外科への紹介状を書いてもらった。で、今日行ってきた。
簡単に書くとだな、とても信頼ができる先生だった。説明がとても丁寧。今日は舌と当たってる歯を少し削った。再来週にまた行って、経過を診てもらうことになった。で、その経過次第では耳鼻咽喉科と連携をして、舌の水膨れを切除するなり何なりになると思うとのことだった。
今月は毎週のように病院に通っていてちょっと大変だけど、ま、大切なことだから。来月は久しぶりにCTも撮るし、先生方にはよくしていただいていると思う。誰に診ていただくかって重要よね。