定期検診

今日はこれから病院へ行き、血をとって、造影剤を使ったCTをとって、その結果を受けたうえでの診察を受けてくる。平たく言えば定期検診だね。採血とCTのどっちを先にやるべきかの指示が無かったんだけど、どっちかね。CTは造影剤を使うから、たぶん採血を先にやっておいた方がいいんだろうなーとは思うものの、正確なことはわからん。なので少し早めに病院に行って確認をするつもり。

で、僕の唯一の癌仲間である弊社の税理士さんが言ってたんだけど、咽頭癌の治療をして良い方向に向かっていた方がさ、良かれと思って抗がん剤治療を受けて自宅に戻ったところで体調が急変してさ、すぐに病院に担ぎ込まれたんだけど1週間後に亡くなったんだって。原因は分からんけど、おそらくは抗がん剤が合わなかったんだろうって。身体を良くしようと思って受けた抗がん剤治療で命を落としてしまうだなんて、なんつーか、賭けだよなぁ、って話をした。ともかくは「僕らは定期的な検査(が大切)ですよね!」ってことで別れたわ。

癌の治療って何が正解なのか分からんね。人にはそれぞれマッチングってもんがあるんだろうから仕方無いことだろうけども。とにかくできることは定期検診。それに尽きる。

驚いた

今日の驚いたこと。ZOZOTOWNで「お気に入り」に入れておいたダブルのライダースが96%OFFの4,345円で売られていたこと。定価108,900円よ。急いでクリックしたけど売り切れだった。買う買わないに関わらず、こういうのはマメにチェックしておかないとダメだな~。

離乳食

離乳食を日に2度与えるようになってからどれくらい経つだろう。この三連休は僕もそれに参加したんだけど、日に2回って大変だな。準備も大変だし、後片付けも大変だし。せっかく準備したのにたくさん残されちゃったりしたら精神的にも来るしな。これを毎日ひとりでやってるんだからお母さんはたいへん。野菜をすり潰したりお粥を作ったりさ、大変だよ。自分で言うのもアレだけど、どちらかと言えば僕は育児に参加してる方だと思うけど、世の中には参加率の低いお父さんもいるわけじゃんか。そうなるとお母さんは本当に大変だよね。ご飯もお風呂も洗濯も全部ひとりでやるわけでしょ?それに加えて普段の家事もあるわけで。そりゃ鬱にもなるよ。比べられるものでは無いけれど、感覚としてはサラリーマンとして仕事に行くよりも大変だろうと思える。月給にすると100万円くらいもらってもいいと思う。いやほんと、世の中の全お母さんを尊敬する。
ってことで離乳食、もう少ししたら日に3回あげるようになるんだよね。大丈夫かなこれ。そうなったらイチから手作りじゃなくて、パックで売ってる離乳食を使ってもいいんじゃなかろうかと思える。抜けるところは抜かないと。いやー、子育てって大変ね。

歳とった

ここ数日で自分が歳を取ったことを実感している。いやさ、忙しいのよ。忙しいのは有難いことなんだけど、いくつも仕事を抱えて進めていると、どこかに「抜け」が出てくるの。間違えちゃうとか、忘れちゃうとか。んで、提出物を完成させてその見直し作業をしていても、なんかこう集中できないんだよね。頭が働かないの。これって歳ってことだよなぁと。一般的な企業ってのが何かってことは分からんけども、例えとしてさ、一般的な企業では僕くらいの年齢になると中間管理職になることが多いと思うんだよね。それってさ、理に適ってるなと思って。職種にもよるだろうけどさ、この歳で最前線に出るって難しいだろうと思うのよ。なので脳みその回転が遅くなってきた人間を中間管理職に据えるってのは正しいことなんだろうなと。適材適所って大切よねぇ。

ってことで、仕事に戻る。大変は大変なんだけど、忙しいってのは楽しくもあるのよね。

半年経った

年明けから仕事が忙しくて全く気づかなかったけど、頸部リンパ節郭清術の手術を受けてから半年が経過したみたい。手術をしてしばらくの間は左の首やら耳の周辺やらに感覚が無くて、お風呂に入っても暖かさも感じないくらいだったけれど、最近は触れば分かるようになった。触るとジーンと来るというか、微妙に痺れる感覚がある。見た目もさ、顔の左側が腫れててさ、ジャミラっぽかったの。それが今では首の左側の方が右側よりも凹んでるもんな。左側のリンパと脂肪を全部切除したからさ、凹んで見えるのよ。すげぇ膨らんでたのに今は凹んで見えるんだから凄いよね。それと唇。左側の唇は「いー」ってしても動かなかったんだけど、今はかなり動くようになった。「手術した」って言わなければ気づく人はあまりいないんじゃないかな。縫った傷もかなり綺麗になったし。これもこちらから言わなければ気づかれないと思う。回復するもんだねぇ。逆に左肩はまだダメだね。もう大丈夫だと思ってプランクをしたんだけど、そしたらその翌々日に肩から首にかけての筋肉なのか何なのかがおかしなことになって大変だった。何がおきたのかは分からないけれど、とにかくは筋トレをするにはまだ早いってことだけは察するに至った。
舌癌は転移するならまずは首のリンパで、その次は肺。で、その次が脳だったかな。僕の場合は首のリンパに転移をしたから手術を受けた。首のしこりは自分で見つけたんだけど、それを診察の際に先生につたえてさ、「転移ですね」って言われてさ、すぐに入院の手続きをしたんだけど、たぶん入院の手続きをするのがその日は僕で最後だったんだろうね。夕日が差し込んでくる待合室には僕しかいなくてね、少し涙が出そうになったのよ。子供は生まれたばかりだし、妻は出産して間もないから体力も無いし、一番そばにいてあげないといけない時期に一緒にいてあげられないなんてとか、そんなことを考えていたら涙が出そうになったの。そこへ突然先生が現れてさ、子供が生まれたばかりにも関わらず癌が転移してしまった僕を不憫に思ってくれたのか何なのか、診察のときには話も出なかったPETの予約を取ってくれたらしく、その報告に来てくれたんだよな。「受けてくださいね」って。優しいなぁと思った。懐かしいなぁ。

っつーことで、手術を受けてから半年。なかなか回復しましたよ、という話。