屁とこぶしファクトリー

ここのところ立て続けに屁をこかれている。電車の中で至近距離から臭いが漂ってくることが続いている。屁には色が付いていないから誰がこいたかなんてことは分からないはずだけど、なぜか特定できてしまうところが屁の凄いところ。今日は隣に座ったサラリーマンだった。マジ、なんなんだろうな、意図せず漏れちゃうのかな?でもアレなのよ、そんなことでイライラするのも勿体ないからさ、屁をこかれてもなごんじゃうような仕掛けがあればいいと思うの。ここのところの世界的な騒動が発端なんだと思うけど、「バカが権力を持つとロクなことが無い」みたいな論調を目にすることが増えていてね、その権力者が本当にバカなのかどうかは知らないけれど、もしバカなのであればバカついでに、全国民の肛門に笛を装着するように会見でもすればいい思う。それが実現すれば誰かが屁をこいたときに電車内には「ピ~」って音が鳴り響くわけで、なんだかなごむんじゃないかなと思える。音が鳴ると誰が屁をこいたか特定されちゃうけど、それよりもなごみの効果の方がデカい気がしてね。笛の音色を変えておけば、はからずもハーモニーが生まれちゃったりするかもしれないし。あっちでもこっちでもピーピーピーピー鳴ってさ。かわいく「ピッ」の人もいれば「ピーーーーー!!!」の人もいるだろうし、それを聞いているだけでも通勤電車が楽しくなるかもしれないよ。

それはそうと、今月末でこぶしファクトリーが解散しちゃう。解散のコンサートも昨今の事情により無観客になったし、映画館でのライブビューイングでさえ中止になるかもしれない。しゃーないと言えばしゃーないんだけど、残念だなぁとは思う。そもそも僕はこぶしの楽曲はあまり好みでは無いのでそこまで聴いてはいなかったんだけど、曲はアレでもメンバーのことは好きなのよ。すげぇ面白いのよ、こぶしのメンバーは。基本的にはドライな人たちなんだけど、勝手に喋らせるとかなり面白い。平たく言うと変人しかいない。他のグループのメンバーのことが好きでご飯に誘いたいけど私なんかに誘われても嬉しくないだろうしとか、誘ったとしてもこっちは先輩だけど年下だからどんな立ち位置でいればいいのか分からないとか、それに対するメンバーからの突っ込みとかマジで面白い。こんな会話が聞けなくなるってことだけでもほんとに解散はもったいない。でもいつまでも応援してるから。

いろんな人がいるけども

世の中にはいろんな人がいるんだなぁということを改めて実感している。
今朝、いつもの通勤路を通って事務所に向かっていたら、いつもは空いているスーパーに長蛇の列ができていて、店員さんがその整理に当たっていた。スーパーの周囲にいる数人がトイレットペーパーを持っていたのでそれ目当ての列かと思ってたんだけど、事務所についてから知ったのは、既に都内では買い占めが起きているということ。昨晩の都知事の発言を受けてのことだとは思うけど、そもそもみんな何を買いに行ってるのかな。自宅近所のスーパーではレジ待ちで45分かかるほどだそう。そんなに急いで買わないとならないものって何なんだろう。少なくとも、現時点の僕にはよく分からん。SNSに目をやればマイナスなことばかり書きこんでいる人もいるし。「言霊」って知らないのかな。ただまぁなんつーか、いつの頃からか、僕は他人の言動もあたかも自分の一部であるような変な感覚があって、だから例えば変なことを言っている人のことも自分自身のことのように思えたりして、もう一段階高いレベルに到達しないとならないとなと反省したりする。だからね、買い占めをしている人たちを見ても、SNSにマイナスなことばかり書きこんでいる人を見ても、それは僕の考えとは一致しないことではあるけれど、それでもなんだか自分のことのように反省をして次のステップへ向かわないとなという気分になっている。あれ?二度言ったかな?まぁいいか。とにかくはまぁ、まずは深呼吸からかな。

手縫いをする

保育園に持っていかねばならないもののひとつにお昼寝用のシーツがある。そのシーツには大きく名前を書いた布を張り付ける必要があるの。シーツに直接書いちゃってもいいのかもしれないけど、見せていただいた見本には布が縫い付けられてたからさ、その通りに作ろうと思って。その作業をさ、やろうやろうとは思いつつも、家にいると家事に追われるのとリラックスしちゃうのとでなかなか重い腰が上がらない。なので思い切って事務所でやることにした。仕事の空き時間にやろっかなと。
布に名前を書く作業は妻にお願いした。というか、妻は字が上手なのでなかば必然として妻が書くことになった。その布とシーツと針と糸とまち針を持って事務所へ行き、2~3分ほど思案をした結果、当初そこでやろうと思っていたミーティング用の机では無く、自分の作業用の机に座ってやることにした。パソコンの前でやった方が仕事のメールが届いたらすぐに対応できるからそっちの方がもろもろ効率的かなと思って。
針仕事なんて何年ぶりだろう。もしかすると小学生の頃の家庭科の授業以来じゃなかろうかとも思ったけど、お気に入りの布のバッグが破れてさ、その破れたところにアップリケをした時にやったんだったわ。だから数年ぶりだね。でもアレだ、今回はシーツにA4サイズの布を縫い付けないとならんから、アップリケとは比較にならんくらいの作業量なのよ。しかもシーツは3枚な。だから3回もやらないとならないの。
実際ね、大変だったわ。久しぶりだから感覚がつかめなくて、最初の1枚は2時間くらいかかった。まち針もあまり使わなかったから微妙に斜めに縫っちゃってたり。2枚目からは一気にスピードが上がって1時間で完了。まち針も1辺あたり3つは使ったから綺麗にできた。3枚目は疲れが出て1時間15分くらいかかったのかな。まぁとにかくは疲れたよ。
細かい作業は疲れるね。でもなんつーか、「針仕事をする」というニッチっつーか今後またやることがあるんだか分からんような作業だったけど、やった分だけ人間的なスペックは上がったと思えばいい経験だったと言える。
我が子が保育園に通い出すことで、もっともっとスペックは上がって行くんだろうなと思える。今後も待ってると思うんだよね、未知の体験が。子供と共に成長できちゃうね。

ワクワク

人生においてワクワクすることは大切というか、むしろそれが人生を左右するのではなかろうかと思っている。ワクワクって大事。なので今からワクワクすることを妄想することにする。

まずは家を建てようと思う。平屋が好きなので平屋で。そのぶん土地は広くないといけないね。庭には花を植えるの。南側の庭は一面の花畑にしようかな。花は見ているだけで気持ちが楽になるからね。でも花を育てるための知識は持ち合わせていないから、育てるのは園芸の専門家に任せようかな。東側は玄関だけど、玄関へと続く小道の両脇は芝生にしたいな。そこで子供たちは遊ぶのだ。で、玄関は引き戸がいいかな。両面開きって言うのかな?両方開くやつ。で、玄関を入るとホールがあるの。そこは4~6帖ほどのスペースで、木製のベンチを置こう。シューズインクローゼット完備ね。天井高めで。リビングは20帖くらいでいいかな。あまりにだだっ広いのは好きじゃ無いから、広くとも20帖でいい。そこはフローリングでいいかな。大人が横になって寝られるくらいのサイズのソファーと、あとはロッキングチェアがあるといいかも。暖炉は必須ね。ハンモックも吊るしたい。キッチンはちょっと悩みどころだけど、土間がいいかなと思ってる。だから料理をする際にはいちいちサンダルに履き変えて土間におりないとならない。ちょっと手間だけどね。で、本当なら鶏を飼って、野菜の切れ端なんかはまな板から土間に落とせば鶏が食べてくれるみたいなのが理想。でも鶏うるさいからな。近所迷惑を考えるとあまり現実的では無いのかなと思っている。で、台所の壁はタイルにしたい。小さいタイル。緑か青がいいかなーと思ってる。もちろん窓もつけるよ。客間もほしいね。客間には10人くらい座れる机をおきたいんだけど、それは掘りごたつにしたいかな。それとは別に畳の部屋もほしい。20帖くらいだな。子供がそこで遊ぶの。兜とかひな人形なんかはそこに飾るつもり。子供の部屋はね、天井に青空の壁紙を貼るの。天井からブランコを吊り下げたいな。で、この家の最大の特徴になるんだけど、平屋の一角だけ2階建てにしてさ、一番北側の部屋なんだけど、そこには天体観測用のドームを設置するのだ。そのドームには家の中からはもちろん、外からも直接アクセスできるようにして、近所の子供たちにも開放するの。みんなで50cmくらいの直径の望遠鏡を覗くのだ。もちろんその望遠鏡はパソコンとつないでいてパソコンの画面を見ながら天体の撮影も可能。楽しみだね。駐車場は3台は置けるようにしたい。バイクも置きたい。もちろん屋根付きで、家から直でアクセスできるようにする。駐車場のシャッターは木製にしたいんだよな。
っつー感じかな。まだまだ妄想できるけど、果たしてこれを読んで誰が喜ぶのよと思ったら、もうこのへんでいいかなと。みんなも妄想するといいよ。楽しいから。

美味しいパン屋さん

半年ほど前だったか、それとももっと前だったかはアラフィフだから覚えて無いけれど、駅の近くに美味しいパン屋さんができた。普段はさほどパンを食べる方では無いけれど、そのパン屋さんのパンは本当に美味しくて、最近では週末のたびに買いに行っている。
で、昨日。テレビを見ていたらそのパン屋さんの社長さんなのかな?誰なのかは知らんけどそのパン屋さんがテレビに出ていた。あの、あれよ、その道の有名な方々が何人が出てきて合格とか不合格とかの札を挙げるあの番組よ。その札を挙げる役割の人として番組に出ていた。ああいう番組から声がかかるということは、やはりそれなりの知名度はある方なんだろうなーと。
いやさ、惣菜パンがおかしいくらいに美味しいのよ。惣菜パンってあまり食べないから最初のうちは食パンしか買ってなかったんだけど、妻が惣菜パンを買ってさ、美味しいって言ってたの。そのうち僕にも買ってきてくれるようになってさ、食べてみたら本当に美味しくて。何かやべぇものでも入ってるんじゃなかろうかと思えるくらいに美味しい。
お店を開くくらいに調理が上手なんだろうからさ、具を美味しく作れることは分かる。パンを美味しく作れることも分かる。では他のパン屋さんとは何が違うのかと言うと、おそらくは、それらのマッチングがとても上手なんだと思う。パンのことはよく知らんから適当に言ってるけど、作る方の知識は無くとも食べる方は50年弱も続けてるくらいに慣れてるからその経験をもとに言うとだな、その美味しさの秘密はマッチングだと思う。やべぇものが入ってるわけじゃないと思う。というね、なんか同じことを何度も書いたような気がしないでも無いけれど、とにかく何が言いたいのかと言うと、近所にうまいパン屋があるぞということだ。幸せ。
なお、パン屋さんの名前は知らない。気にしてないから。おわり。