ポルシェ

2週間くらい前だったかな、数か月ぶりに二子玉川に行ったらポルシェの中古車が大量に展示されていた。楽天があるところ、あそこ何て言うんだっけ?とにかくはあそこにポルシェがズラッと並んでいて「うおっ!」となった。フツーに生活してたらポルシェを見比べる機会なんて無いもんな。だからああやって屋外で誰にでも見れるようにしてくれてるってのは有難いよね。買う買わないは別としてさ。
で、僕もご多分に漏れず我が子を抱っこしたままズラッと並んだポルシェを端から見始めたんだけど、実際のところ、凄いなとは思うんだけど欲しいなとは思わなかった。そう思う一番の要因は「運転しづらそうだな」ってところ。広い道ならいいのかもしれないけど、角が丸くて車高が低い車だと死角が多そうに思えてさ。なので運転しながらいろんなところに気を遣わないとならなさそうで、おじさん疲れちゃいそう。
大学生の頃に「アメ見」と称して16号沿いやら環八沿いあたりにあるアメ車の販売店に車を見に行ってたことがあるんだけど、コルベットのスティングレイなんて運転席に座ると全然前見えないもんね。車の長さが分からんのよ。うちの近所の狭い道を走ろうもんならバンパーこすりまくると思うよ。僕にとっては憧れの車ではあるんだけど、まぁ、この近辺に住んでいる限りは乗ることは無いだろうなぁ。デトマソパンテーラやらロータスヨーロッパも憧れの車なんだけどね、前だけじゃなく後ろも見づらそうに思えるんだよね。バックするときはアレかね、カウンタックみたいにドア開けてそこから身を乗り出して後方を目視しながらバックするしか無いかね。知らんけど。
まぁとにかくアレだ、僕は運転が下手なので、そういう車は憧れとして胸にしまっておくのがベターだろうと思っている。運転するものでは無く愛でるもの。たぶんそれ正解。

Comments are Disabled