痩せた

20代後半くらいからだったかな。この20年間、僕の体重は82~86kgの間を行ったり来たりしていた。身長は187~188cmだからさほど重いわけでは無いとは思ってたけど、でもなんつーか、見た目はちょっとアレだよなとは思っていた。それがさ、最近は76kg台まで減ってるの。たまに75kg台になったりもするんだけど、もう1か月くらいかな、76kg台前半をキープしている。
痩せようと努力してこうなったわけでは無いのよ。おそらく始まりはコロナによるものだとは思うの。コロナによって外食が減ったってことね。それが始まりで、それに輪をかけたんだろうなと思えるのが、ご飯の時間をゆっくり取ることが無くなったことだと思っている。ご飯もお風呂も洗濯も、家事の全てを我が子のスケジュールを中心として動いてるとさ、ご飯をゆっくり食べる余裕がなくなるのだ。その結果どうなるかというと、自分のご飯はパッと簡単に食べてしまうとか、我が子が残したご飯を食べるとか、そんな感じになってくるの。そんな生活をしていたら自然と胃袋が小さくなったみたいで、量を欲しなくなってきた。そんなにたくさんいらない。以前はご飯はおかわりして当然だったんだけど、今は一杯食べれば十分、みたいな。たまには食べ過ぎることもあるんだけど、食べ過ぎたことで「夕飯いらないや」みたいなことになる。だから食事の量が絶対的に減ってるってことだな。
ただこう、この痩せ方が「健康的か?」と言われると疑問符が付くのも否めないんだよね。手術の影響で左肩が抜ける感じがあるからもうずいぶん長いこと筋トレらしい筋トレはしていない。でもやっぱりなんかやらなきゃダメだよなーと思っている。左肩を言い訳にしていてはイカン。

しこりが消えた

首のリンパにあったしこりがいつの間にか消えていた。左右二か所あったけど、それが両方とも消えていた。なんだろう、なんで消えたんだろう。いいことなんだけど、なんで消えたのか知りたくて。っつーか消えるものなんだね、しこりって。
いろいろと検査していただいた結果「悪いものでは無い」との結論が出ていたけど、こうやって首から跡形もなく無くなったことで本当に心配がなくなった。やっぱりさ、大丈夫だとは言われていても首を触ればそこにあるもんだから、それなりに心配ではあったのよ。っつーか来る日も来る日も心配していたわけでは無いんだけど、無くなって初めて「オレやっぱり心配してたんだな。」と思えたわ。よかったよかった。

次の診察は今週の木曜日。先週受けてきたCTの結果を聞きに行く。月に何度も病院に通うのはめんどくさいけど、安心につながるものだからしゃーないっつーか感謝しないとイカンわな。

受け取りたいもの

昔はね、そんなこと考えていなかったの。でもいつからなのかな、服を買うなり髪を切るなり、どこかのお店を訪れる際の基準が「そのお店で働く人に会いに行く」になっていたように思う。気づくの遅いって?いや、ホント、そう思う。普段から余計なことは気にしないし見ないようにしているから遅くなったんだろうな。
モノを買ったりサービスを受けたりしてるんだからそれらへの対価としてお金を払ってるんだけど、なんつーか、大人になってからはさ、心を通わせに行っているような気がして。形としてはお金を払ってるんだけど、お金とは違う、目に見えないものも一緒に受け取ってるんだなと思えて。そしてそれを受け取りたいがために定期的に同じ場所へと足を運んでるんだと思うんだな。
用事の有無なんて関係無いの。会いに行くことが目的だから。そんな場所があること、そんな相手がいてくれること、感謝でしか無い。