Posts By yusuke

テレワークは大変

ここのところ仕事が忙しくて日記の更新ができなかった。癌で入院中でも日記は更新してたのに、仕事が忙しくて更新できないだなんて僕の理想とする生き方とはちょっと違うぞと思っている。

というか、テレワークって大変。自宅のパソコンから事務所で付けっぱなしにしてあるパソコンにリモートデスクトップ接続をして事務所のパソコンで仕事をしてるんだけど、リモートでの会議に参加するときは事務所のパソコンでは無く自宅のパソコンから会議の場に繋ぐ必要がある。事務所のパソコンのカメラとマイクを使ってもそこには僕はいないから。だからそのたびにいちいち切り替えないとならない。で、共に仕事を進めているメンバーとやりとりをする際にもマイクを使うから自宅のパソコンを使ってやりとりの場へとアクセスする必要があるんだけど、でも仕事の資料は事務所のパソコンにあるからめんどくさいことになる。事務所と自宅のパソコンを行ったり来たりしないとならないわけ。そんなことを繰り返していると「あれ?あの作業はどっちのパソコンでやればいいんだっけ?」とか、「このメールはどっちのパソコンから出す必要があるんだっけ?」みたいなことになりこんがらがる。モニターも似たようなものでさ、自宅ではモニターをツインにしてるから、どっちの画面をメンバーに共有すればいいのかさ、数秒間迷うんだよね。モニターは事務所でマイクは自宅で…とかやってるから頭が疲れてな。今日はポスト(郵便物)の整理もあって事務所に来てるんだけど、やはり事務所だと仕事はやりやすいね。仕事に最適化された場所なんだから当たり前ではあるけども。

これから先、いつまでテレワークを強いられるのかは分からんけども、慣れなきゃなぁと思うと同時に、なんかこれ、予行演習なのかもしれないなとも思える部分もある。例えば妻が病気になった際には子育てと家事と仕事を僕ひとりでこなす必要があるんだろうし、災害も起きるかもしれないし。そう思うと、事前に経験できるだけ有難いという見方もできるよなとも思っている。

Apple Watchを買う

自宅でする仕事は、事務所でする仕事とは違い、いろいろと難しいところがある。イスが落ち着かないとかネットが遅いとかいろいろと。僕の仕事はWebサイトの運用作業なので、クライアントさんから依頼のメールが入ったら即行動をおこす必要があるの。迅速さってのが信頼へと繋がるひとつの要素だからね。なので事務所ではずっとパソコンの前に座ってその連絡を待ってるんだけど、自宅だとそれがなかなかね。難しい。iPhoneを持ち歩くってのもひとつの手なんだけど、iPhoneだといちいち手にとって画面を確認しないとならないでしょ。そのちょっとの作業がさ、自宅だと大きな手間だったりするのよね。ってことで思案を重ねた結果、Apple Watchを買うことにしたの。Apple Watchならメールの着信を振動で教えてくれるからね。
そもそも僕は腕時計が大嫌いで、記憶が確かなら、好んでつけていたのは小学生の頃が最後だと思う。Casioから発売されていた音楽が流れるデジタル時計が欲しくてさ、親に頼み込んで買ってもらったの。それは毎日付けてたわ。それが最初で最後だな。その後は自分で腕時計を買った記憶は無い。腕時計をつけることで身体の左右のバランスが微妙に崩れるのが嫌いなの。腕時計の重さなんて微々たるものなんだろうけど、その重さが耐えられない。大学受験の時みたいにさ、どうしても時計が必要だったときには懐中時計を買ったくらいだ。それくらい腕時計は嫌いなんだけど、今回は仕事のためだからね、仕方なく購入したの。
で、そのApple Watchが数時間前に届いたので設定をしてみた。メールについては受信後に「即」通知されるってことは無いけれど、パソコンとiPhoneしか持っていない状態に比べれば便利にはなった。LINEの通知も振動で教えてくれるし。自宅での作業が少し楽になったわ。
自宅で作業をおこなうにあたっては、このApple Watchの他にもWebカメラやマイクやスピーカーなんかも新規に購入することになった。仕事をするうえで必要なものだからもちろん経費での購入なんだけどさ、自宅で作業をするってことはだよ、通信費も経費にしてほしいところだよね。もっと言えば、部屋も仕事に使ってるんだから、家賃のうちの何パーセントかは経費で落としたいくらいだわ。そのあたりどうなんだろ。認められないってことは無いとは思うんだけども。

保育園入園延期

区から「コロナウイルスのアレがあるから、4月入園予定だった子供のうち希望がある者は5月入園に延期してもいいよ。で、親は5月いっぱいまでに復職すればいいから。5月に復職したとしても4月分の保育料はもらうけどね。」との通達が届いた。それを受けて、我が家は我が子の入園を5月に延期。妻の復職も5月に延期することにした。なので妻はあと1カ月は我が子とイチャイチャすることになった。
僕は僕で、やっぱりコロナのアレがあるので自宅で作業をしている。もともとテレワークには強い業種なんだけど、それでもやっぱり事務所へ行かねばならぬことはあるわけで、おそらくは今後も週に1~2度程度は事務所へ行くことになる。事務所に届いている郵便物もさ、本当なら自宅へと転送してもらいたいと思ってるんだけど、ネットで調べる限りは郵送物の転送は転居時のものらしいので、コロナが理由だと受け付けてくれないのかもしれないな、なんてことを考えて依頼していない。そもそもポストにチラシも溜まるだろうからさ、それを捨てるためにも事務所へは行かないとならんのだ。もし今後、国や都から外出禁止やそれに近い指示が出るのであれば、同時にポストへのチラシの投函も禁止してほしいわ。気になってしゃーない。あとは車での通勤も認めてほしいね。電車で通勤しないとならないなんて危なっかしくてな。

15年目

気が付いてしまったんだけど、今日で弊社を設立してから14年が経ったみたい。つまりは今日からは15年目がスタートってこと。
15年目っつってもさ、会社を作りたくて作ったわけでは無く、必要に迫られて法人化しただけだからさ、さほど熱い思いがこみ上げてくるものでも無い。野望を持って法人化したわけでは無いので、どちらかと言えば会社を大きくすることで面倒なことが起きませんようにと、なるべく小規模なままやっていけますようにと思っていたんだけど、それがいいのか悪いのかは置いておいて、それについては実現できていると思う。いつまで経っても小さいままだよ。
ただまぁ今年はコロナの影響もあるし、それによって弊社だけでは無く世の中全体に動きがあるんだろうから、うまいこと変わっていかないとイカンなとは思っている。個人で動いていたときも含めれば、もう20年くらいずっとWebサイトの更新業務を請け負っているけれど、もしかしたら来年の今頃は全く違うことをしているかもしれないなと。まぁ分からんけれど、とにかくは柔軟に動いて行くべき時期なんだろうなと思っている。

お父さんなのに

先日、我が子を抱っこ紐で抱っこして歩いていたら、徐々にぐずりだしてきた。眠くなったのかと思い、進行方向に向けていた我が子を反転させて僕の身体がわに向けて抱っこしなおしてみたけどダメで、麦茶を飲ませてみてもダメだった。一旦抱っこひもを外してフツーに抱っこしながら歩いてみたけどそれもダメ。仕方が無いのでわっしょいわっしょい言いながら高い高いをしたら喜んだ。でもそれを止めるとまたぐずり出す。もう打つ手が無くなったのでお母さんにバトンタッチしたらぐずりが止んだ。お母さんは抱っこ紐をせずに直接抱っこしていたのでそのまま歩くにも限界がある。重いからね。なので少し歩いてまた僕にバトンタッチしたらぐずりだしやがった。なんだこのやろう。お父さんだぞ。っつーか、よく考えてみれば我が子が僕と一緒にいて嬉しそうにしてるのって、本を読んであげているときと、麦茶を飲ませてるときと、高い高いをしているときと、僕のパーカーのフードから出ている紐を噛み噛みしてるときくらいだっつーことに気が付いた。残念だ。気が付かなきゃよかった。