Posts By yusuke

父の想い

先日、妻との会話のなかで、「祐輔の家族はみんな運動神経がいいもんね。」のようなことを言われた。姉はソフトボールで関東大会に出ていたようなうっすらとした記憶があり、母はこれまたソフトボールで全国大会準優勝(補欠)を果たしており、さらには中学生の頃にハードルで県の記録を持っていた。なので「父ちゃん以外は…」と答えたけれど、その言葉を発している最中に、小学生の頃に見た光景が頭の中に蘇った。

晴れた日の週末だったかな。僕は少年野球をやっていたので週末はいつも練習やら試合やらにでかけていたけれど、その日はなぜか家にいた。母親が僕に「小学校でお父さんの試合やってるから見てきたら?」と話しかけてきた。あまり気乗りはしなかったけれど、やることも無いので歩いて一人で見に行った。
父は町内のソフトボールのチームに所属していた。所属はしているものの、週末はいつも家にいた。家でゴロゴロしているイメージしか無かった。朝起きれば既に会社に向かっていて、夜は寝る前に会った記憶はほとんど無い。仕事が忙しかったんだと思う。「お父さんは4番だから」と言っていたけれど、いつも寝てばかりで試合に出てないのになと思っていた。

小学校のグラウンドでは試合の真っ最中だった。近所のおじさんたちがたくさんいて、「おお、祐輔~。」と声をかけてくれた。僕はバックネットから少し離れたところに立って試合を見ていた。
父に打席がまわってきた。ひざ元に来たボールをすくい上げるようにスイングすると、ボールは左中間に高々と舞い上がり、レフト後方にあるプレハブ小屋の屋根に当たって跳ね返ってきた。ベンチは大盛り上がりで父を出迎えた。僕は最後まで試合を見ることなく家に帰った。

その日の夜だったかもっと後のことだったかは覚えていないけれど、その日のことを「祐輔の前でホームランが打てて良かった」と言っていたと母から聞かされた。それを聞いて、お父さんは僕のことを好きでいてくれてるんだなと思った。父は口数が多い人では無いし、ましてや感情を言葉に乗せることも無い(記憶に無い)。なので母親から聞いたその言葉がやけに印象に残っている。もちろんそれだけでは無いけれど、それは本当に、心に残っている。

ありゃダメだ

今年のはじめごろ、年金の状況が知りたかったので、ねんきんネットへの登録を試みた。アクセスキーの期限が切れていたのでアクセスキーをお持ちでない方用のボタンをクリックして申し込みをした。5日後にハガキが送られてくるというので待つこと1か月。さすがに1か月音沙汰が無いのはおかしいので、登録時の受付番号をメモしつつ電話をかけた。オペレーターから基礎年金番号を聞かれた。受付番号は控えていたものの、基礎年金番号は控えていなかった。「そんなの必要だってどこかに書いてあったっけ…?」と思いつつも分からないと答えると、オペレーターは上司にかけあってくださったものの、やはり基礎年金番号が分からないと照会できないと言われた。微妙に釈然としない気持ちを持ちつつも、オペレーターの女性が親切丁寧に対応してくださったので、まぁ受付番号しか控えていなかった僕も常識的に悪かったのかもしれないなとのことで電話を切った。
今朝、基礎年金番号を控えたうえで2度目の電話。前回とは異なるオペレーターによる対応。かくかくしかじかで状況を知りたい旨を伝える。アクセスキーを持っている状態で申し込みをすればすぐに返信メールが届くと言われる。は?誰がアクセスキー持ってるって言ったよ?僕はそんな説明求めてないし、そもそも基礎年金番号も聞かれないんだなと思いつつ、アクセスキーは3か月しか使えないから(既にその期間を経過しているから)アクセスキー無しの方に申し込んだ旨を伝えると、アクセスキー無しの場合は申し込みの住所宛に自動的に郵送されると言う。いや、だからそれが届かないから連絡をしているのだけれど。それ以上は調べようが無いようなことを言うので、今回電話したのは2度目で、前回のオペレーターの方からは基礎年金番号があれば調べていただけると聞いたけど?と言うと、調べられるけどいついつ発送したということしかわからないから調べてもどうにもならないというような雰囲気を醸し出す。とにかく、申し込みをした際の情報を元に自動的に発送処理をしているので、こちらでは調べようが無いと。じゃあ申し込みをした際にオレが住所を打ち間違えたとでも言うのかよとか、申し込み直後に表示される受付番号は何なんだよと思いつつ、ネット以外で登録できないのかと聞くと、直接年金事務所へ行けと言う。このオペレーターはまともに向き合う気すら無いのだなと思い、カチンと来て電話を切った。
あたったオペレーターがハズレだったのだろうとのことで、それから数分後に再度電話。さきほどとは違うオペレーターが出る。状況を説明すると、すぐに基礎年金番号を聞かれた。そして本人確認のために複数の質問をされ、結果、僕が知りたい情報を得ることができた。非常にスムーズ。最後に「他にご質問は?」と問われたので、質問では無いけれど、実は電話をするのは3回目で、前回電話した際にはこんなことを言われたんだけど、それ(その内容)って間違ってるよね?と聞くと、確かに間違いだとのことで謝罪をされた。いやいや、あなたはとてもよくしてくださったからとても感謝しているんですよと言いたかったんだけど、話の流れ的にそれは言えず、「ありがとうございました」程度で電話を切った。

オペレーターも人間だからそれぞれだろうけど、2度目の電話に出たあの女性、ありゃダメだと思う。一言一句覚えているわけでは無いからもしかすると僕の理解に誤りもあるのかもしれないけれど、印象として、こちらに向き合ってもらえたとはまるで思わない。むしろ嘘を教えられたとさえ思っている。ああいうのはダメだと思うよ、日本年金機構さん。

おまじないカード

今から10年ほど前、本業をしながらも空いた時間でスピリチュアルな生業をさせていただいていた頃、「五芒星のおまじないカード」なるものを開発し、ご希望の方に安価でお譲りしていた。もともとはその道の師から五芒星を利用したほにゃららを教えていただいたことから生まれたアイデアなんだけど、そもそも物質には念を入れることができるわけで、であれば念を入れた物質を五芒星で閉じてあげれば、各人の目的に応じたお守りができるんじゃなかろうかと。ってことを閃いたので、モニターを30人募集し、それぞれの目的に応じたおまじないカードを作り、お譲りした。1か月後にその目的は達成したか否かをご回答いただいたわけだけど、6割の方から事は良い方向へ進んだとの回答を得ることができた。当時は「6割?少ねぇな。」と思ったけれど、その後勉強を重ねることにより、所謂霊的現象によって得られたものの正解率は高くとも6割であるとの説を知り、「ってことは、あのカードは優秀だったってことかもしれないな。」と思うに至った。いまここ。
今は本業が忙しくなったから霊的な生業はお休みをさせていただいているけれど、おまじないカードの制作であれば空いた時間にできるので、復活させることもできなくは無いかなーと思っている。ま、全てはもろもろの環境を整えてからだけども。

蘭丸

本日もご多分に漏れず、どうでもいい話を書く。

僕の小・中学校の頃の友人がJR戸塚駅に直結しているビルの1階でおしゃれな花屋さんをやっているけれど、あのビルは以前は丸井だった。その丸井の4階だか5階あたりにEDWINだったかな、とにかく何らかのジーンズ屋さんが入っていて、20歳の頃にそこで派手な長袖のシャツを買った。そのお店のお姉さんに「これいかがですか?」と勧められたシャツは少々派手だった。なので僕はその上をいくシャツを手に取り「こっちの方が好きです。」と答えると、お姉さんはとても嬉しそうな顔をしたことを覚えている。山本寛斎の、青い花柄のシャツだった。
そのお姉さんは少々目をひく髪型をしていた。どう表現すれば良いのかが分からないけれど、茶髪をいい感じに360度逆立てていた。「蘭丸(The Street Sliders)ですか?」と聞くと、「分かりますか!?そうなんです、蘭丸大好きなんです!」と、 僕が派手なシャツを手にしたときよりもはるかに嬉しそうな顔をした。いつもは「かまやつひろし」としか言われないらしい。
そこからお姉さんとThe Street Slidersの話で盛り上がった。蘭丸のギターは聴けば分かるやら、先月出たアレは聴いたかだとか。で、「おいくつですか?」と聞かれたので20歳の大学生だと答えると、お姉さんは残念そうな顔をした。25歳くらいで働いている方かと思ったと。もし僕が25歳で働いていたらどうなったのだろうと思いつつ、店を後にした。
あのお姉さん、今はどこで何をしてるんだろう。

月輪観

今朝、あとから起きてきた妻が、部屋の真ん中にある可動式の壁を見ながら「なんじゃこりゃ。」と言った。そうだった、昨日の朝、壁に月輪観(がちりんかん)用の本尊(月に見立てた円を描いた紙)を貼ったんだった。「昨日から月輪観の瞑想を始めたから、そのための。」と言うと、「がちりんかん?中央林間なら知ってる。」と言った。 僕はこの人と結婚して良かったなと思った。