高級霊と低級霊

こういうことを書くと「またあいつは頭のおかしなことを言っている。」とか「そもそもキモいよね。」みたいに思われそうで嫌だからあまり書かないようにしてるんだけど、ここ数日頭のなかから離れなくてウザい部分もあるので、思い切って書いてしまうことでその思考に成仏していただくことにする。なーむー。

先日ね、僕の好きな「ももち」こと嗣永桃子さんの映像をYouTubeで見てたのよ。たくさん。面白いなーとか、歌うまいなーとか、ダンスが上手なメンバーがいるBerryzだけど、そんななかでも自然とももちに視線が行っちゃうのはこれ如何に、なんてことを思いながら楽しく見てたんだけど、そんななか、何年か前にテレビで放送していた『おしかけほにゃらら』って番組が出てきてね、こういうスピリチュアルな番組はあまり好きでは無いからほとんど見ないんだけど、ちょっとね、見てみたの。
ももちが霊視されてね、それによるとももちは素では無くキャラだと言われていたり、自宅の部屋を覗かれてカーテンやら服やらの色を当てられていた。その様子を見ていて、これって低級霊の力によるものなんだろうなーと思えた。高級霊はこんなことに力貸さないだろうなーと思えたから。低級とか高級とか何やねんとお思いの方もいらっしゃると思うので簡単に説明すると、我々人間は霊界に移行してから休んだり反省したりしながら魂を浄化すると言われてるのよ。その浄化の度合いによって低級霊と高級霊とに分類されるのだ。個人的には低級と高級しか無いだなんて大ざっぱだなぁとは思うものの、逆に言えば分かりやすくはあるからまぁいいかと思っている。話を戻すと、低級霊とは言えども僕ら人間からすればすごいことができるわけで、「超能力ですか?」なんてこともできたりする。低級とは言えども僕ら人間にはとても及ばないほどの霊能力を発揮することができて、しかも人間との関わりを積極的に持ちたいと思っているものが多い気がする。平たくいうと、こういった所謂「当てもの」の際には低級霊が関わってくることが多い。全てが全てでは無いけれど、すぐに関わってくるのは高級霊よりは低級霊なので、やっぱり当てものってのはアレだよなぁと再認識した。ももちを見てこんな結論に至るとは。

書いてる最中に仕事が忙しくなってきたから後半が雑になった。でも忙しいからもうおわり。

Comments are Disabled