Posts in Category: 雑記

後輩に会う

大学時代の後輩に会った。僕が通っていたのはお茶の水にある大学なんだけど、大学入学と同時に高校の頃の先輩から誘われて、その先輩が通う金沢八景にある大学のサークルに参加をさせていただいていた。先輩はバレーボールとバスケットボールのサークルに参加をしていたので、僕もその両方に顔を出していた。その後輩とはバスケットボールのサークルで出会い、なぜだか僕のことを慕ってくれていて、あれから30年が経とうかという今でもこうして関係が続いている。どうもこう、僕はその頃に出会った方々からはあまり好かれていなかったようなので、あの頃に出会った人物にも関わらず、ここまで慕ってくれているのは稀有なことだと認識している。素直に感謝している。
特にこれといってたいした話をするわけでは無く、子供の育て方について聞いたり、病気について聞かれたり、彼女が作っているグラノーラについての話をしたり、これからどうしたいとか、どうすればいいのかなとか、そんな感じ。グラノーラは本当に美味しいと思う。これまでに食べたことがあるグラノーラは、なんつーか、いかにも「健康に気を遣っています」みたいな味だなと思えてたんだけど、彼女が作るグラノーラは普通に美味しい。それでいてグルテンフリー(だっけ?)だったりする。自分の子供の補食として作ったのが最初なんだって。だから本当に身体に悪いものは入っていないし、それでいて美味しく食べられるようにできているし。今は彼女の知り合いのヨガのスクールからお願いをされて販売をしている程度で、今後は大きく売りだしてみたいなという気持ちもあるみたいだけど、ちょっと怖さもあるみたいでな。病気については僕の癌の話もそうなんだけど、どちらかと言えば無呼吸症候群の話の方が多かったかな。無呼吸なら今から10年前に重度と診断されてるからね、聞かれれば答えられることはあるのよね。病院だとシーバップとかマウスピースを薦められるんだけど、僕の持論としてはまずは痩せることで、太っていないのに無呼吸になる人は、骨格の調整と言うのかな、とにかくは鼻やら喉やらの位置がズレているのかもしれないってことを疑うといいと思っている。長年生きているとズレるからね、骨って。それって医者だと気づかないのよ。みたいなことをお話したり。

まぁ何はともあれ、大事なことなので言うのは二度目になるけども、こんな僕を慕ってくれているだなんて有難い限り。もし僕が死んだとしても彼女は葬式には来てくれるであろうと思っている。彼女の耳に届けばの話だけどな。

ルール

どこかの大学のラグビー部員が大麻を所持していて逮捕されたとかで、それについて女優だか元女優だか知らないけれど所謂著名な方が「日本での大麻に関する法規制は人権侵害の何物でもない。」と述べたとか書きこんだとか。それを言うなら「人権侵害以外の何物でもない」が正しいんじゃなかろうかと思いつつも、まぁなんつーか、ルールを守ることができない人が何を言っても説得力は無いわなとしか思えない。「日本も大麻を合法化しよう!」ってのは別にいいのよ。それを論じるのはいいの。でもルールを犯しておきながら「そのルールはおかしい!」と訴えるのは違うよね。順番が違う。
医療用大麻なるものが癌を抑制してくれるって話があるじゃない。それが日本でも合法になればいいのにみたいなさ。それさ、癌になったことがある人なら大なり小なり期待しちゃうところだと思うんだけど、そういう話もこういう人のおかげで進展しないのかもしれないなと思えるの。だからもうちょっと考えてほしいんだよね。迷惑とかさ、そのあたりのことをさ。

驚いた

今日の驚いたこと。ZOZOTOWNで「お気に入り」に入れておいたダブルのライダースが96%OFFの4,345円で売られていたこと。定価108,900円よ。急いでクリックしたけど売り切れだった。買う買わないに関わらず、こういうのはマメにチェックしておかないとダメだな~。

歳とった

ここ数日で自分が歳を取ったことを実感している。いやさ、忙しいのよ。忙しいのは有難いことなんだけど、いくつも仕事を抱えて進めていると、どこかに「抜け」が出てくるの。間違えちゃうとか、忘れちゃうとか。んで、提出物を完成させてその見直し作業をしていても、なんかこう集中できないんだよね。頭が働かないの。これって歳ってことだよなぁと。一般的な企業ってのが何かってことは分からんけども、例えとしてさ、一般的な企業では僕くらいの年齢になると中間管理職になることが多いと思うんだよね。それってさ、理に適ってるなと思って。職種にもよるだろうけどさ、この歳で最前線に出るって難しいだろうと思うのよ。なので脳みその回転が遅くなってきた人間を中間管理職に据えるってのは正しいことなんだろうなと。適材適所って大切よねぇ。

ってことで、仕事に戻る。大変は大変なんだけど、忙しいってのは楽しくもあるのよね。

年末年始休暇は

年末年始休暇は何をしていたのかというと、基本的には何もしていない。いつからか、おそらくは子供の頃からだと思うけど、休暇とはすなわち休むためのものであって、どこかへでかけてしまっては休めないからどこへも行かないというのがデフォルトとなった。連休のたびに旅行へでかける人がいるけれどというか、そういう人が大半で僕みたいなのは少数派なんだと思うけど、連休に旅行に行くだなんて元気だしお金持ちだなぁと思う。「年に1度は海外に行くよ!」という人もいるけれど、お金持ってんなぁと思うもの。素直に尊敬する。
で、何もしていない年末年始ではあったものの、本当に何もしていないなんてことは無いわけで、友人が遊びに来てくれたり、自転車屋さんに頼んでおいたパーツが届いたので取り付けに行ったり、お年賀を買いに行ったり、お互いの実家に行ったりした。「乳児用の手袋を売ってないかな~」ってことで二子玉川にも行ったんだけど、寒かったから我が子にニットの帽子をかぶせたらさ、「あなたどこの子?」ってくらいに人相が変わって面白かった。「うちのかわいこちゃん」だったのに、単なる饅頭になった。そんな饅頭を抱えて向かった二子玉川では歌舞伎のメイク体験なんてものをやっててさ、猛烈に体験したかったんだけどもう時間が遅かったから諦めた。歌舞伎のメイクができるだなんてなかなかそんな機会無いでしょう。とてもやりたかった。また来年やってくれればいいな。という、そんな年末年始だったよ。