Posts in Category: こども

自転車を買う

自転車を注文した。まだどうなるかは分からないけれど、いま申し込んでいる保育園に受かるとなると、来年の春からは我が子を保育園まで送り届けるミッションが発生する。帰りは妻が迎えに行ってくれることになる。その送り迎えのために自転車が必要になるの。そのまま職場へも行けたら最高だなと。もう歳だから電動アシスト付の自転車を買うことは決めていて、問題はそれを夫婦兼用で使うのか否かということ。いろいろと考えたので結論に至るまでのもろもろは割愛するけれど、別々に買うことにした。高くつくけど仕方が無い。
で、これまたずいぶん時間をかけて考えていたんだけど、ひとつひとつ問題をクリアにしていくとだな、僕の自転車は電動アシスト付のビーチクルーザーが最も適していると結論付けられたの。1台だけ見つけたの、電動アシスト付のビーチクルーザーを。1歳そこそこの子供を乗せるには自転車の後ろでは無く常に視界に入る前に乗せた方が安全だし、となると自転車をこぐ際にチャイルドシートと僕の脚との干渉が心配になるわけで、それを考慮するとビーチクルーザーのようにハンドルと身体との間にスペースが空いているものがよかろうもんと思うわけ。ビーチクルーザーは重心も低いしタイヤも太いので安定感もある。それに電動アシストが付いているとなれば、適しているとしか言いようが無いでしょ。ってことですぐにでも見にいきたいところだったけど、その電動アシスト付のビーチクルーザーはまだまだ玉数が少なくて、しかも特殊な自転車なのでどこにでも置いてあるわけでは無くて。置いてあってもウチから遠いとかさ。そこまで見に行ってもいいんだけど、そうなるとそこで買わないとならなくなっちゃいそうだから、購入後のメンテなんかを考えるとちょっとなぁと思えてな。
ってことで、まずはそもそもビーチクルーザーのフロント部分にチャイルドシートを取りつけることができるのかを調べてみた。そしたら海外ではけっこうあるのよね、そういう事例が。日本だとどうかというと、まぁあるにはあるんだけどまだ数は少ない。そしてどの自転車屋さんでもやってくれるわけでは無さそう。そもそも日本には子供を乗せるための自転車には何らかの基準っつーか規格があるんじゃなかったっけと思って調べたら、子供を2人乗せる際の規格はあるみたいなんだけど、1人乗せる際のものは見つからなかった。チャイルドシートそのものの規格はあるんだけどね。このあたりのことは子供の安全に関わることなのでおそろかにしちゃイカンぞってことで、自宅からさほど遠くないところにあるいくつかの自転車屋さんに問い合わせてみた。ネットを経由して問い合わせたところはどこも「子供乗せ専用の自転車を買ってください」的な返事をしてきたけれど、実際に店舗を訪れて聞いてみた自転車屋さんでは、「すごくお勧めということでは無いけれど、できなくは無い。」みたいな感じだった。っつーか、なんかこうどこの自転車屋さんもうわの空というか他人事みたいな受け答えなんだよね。買うか買わないかわからんような客にはそんな感じなのかな。買うのに。で、その後も自力でいろいろと調べていたところ、自宅からさほど遠くないところにある自転車屋さんで僕が欲しい自転車の試乗会が開催されるという情報をキャッチして、雨が降って寒いなか行ってきた。
店舗の入口にその自転車は鎮座していて、スタッフと思わしき男性2名が寒そうに立っていた。「これに試乗したいんですけど…雨ですけどできますかね?」と聞くと、「もちろんできますけど雨ですからね…」と言われた。そりゃそうだ。なので屋根のあるところを延々と往復する形で試乗をさせていただいた。そしたらさ、すごいのよ、乗りやすいったらありゃしない。すごいね、電動アシストって。姿勢も楽。ビーチクルーザーって前傾姿勢にならないからさ、腰にも来ないし楽でなー。思った通りに身体の前に広いスペースがあるからここにチャイルドシート付けられそうだなと。もうね、自転車としては最高。あとは肝心の、これに子供を乗せられるのかということと、その作業をやってくれるのかということ。ドキドキしながら用途を伝えてみたところ、そうやって使っている事例はあるから大丈夫ですとのこと。他にも買い物の際にはカゴが必要になるからカゴを付けたいとか、チャイルドシートはフロントがいいんだけど子供が大きくなってきたら後ろに付けかえたいだとか、チャイルドシートをつけるとなると2本脚のセンタースタンドがいいと思うんだけど付けられるのかとか、そもそも安全面はどうなのかとか法的に問題は無いのかとか気になることを全部聞いた。2名の男性が僕の相手をしてくれたんだけど、ひとりはご自身も2人のお子さんを持つ男性で、この人はお店の方。もうおひとりはこの自転車の販売元の方だっつーんで、自転車のことは販売元の方、その他取り付けやらもろもろのことはお店の方にお伺いできて有難かった。寒くて雨降ってるから僕しか客がいなくてね、ラッキーだった。お店の方はマウンテンバイクだか何だかにチャイルドシートを付けているようで、なので自転車こそ違えど僕がやりたいことと同じことをしている方なので、お話がとても参考になった。「前に乗せると会話もできるし触れられるし楽しいです。お勧めです。」だって。法的な部分とか安全面なんかを心配してたんだけど、その言葉でその不安も無くなった。なのでその勢いで注文したよ、電動アシスト付のビーチクルーザーを。子供を乗せるのはまだ半年も先なので、チャイルドシートはまたその頃に子供の成長の様子を見てから取り付けていただくことにして、買い物用のデカいカゴと、それをつけるためのキャリアと、センタースタンドのみを取りつけていただくことにした。鍵はサービスでくれるってことだったけど、なんかちょっとヤワそうな鍵だったから、もっときちんとしたものを別途購入するつもり。防犯大事。あとは盗難保険にも入りたいから、引き取りに行った際に色々と聞いてみようと思う。

っつーことで、早ければ今週末くらいなのかな、まぁ遅くとも来週末あたりには取りに行けそうかな。冬で寒くてやってられんと思うかもしれないけれど、楽しみではある。子供と一緒に乗れたらもっと楽しいだろうな。

親バカとは

週休3日になればいい。もしくは明日から年末年始休暇に入って、それが明けたら立て続けにゴールデンウィークになればいい。

ところで先日、家で我が子を抱っこしながら「かわいいでちゅね~」と言っていたら、妻から「親バカだ」と言われた。なんだ、かわいいものにかわいいと言って何が親バカか。と言うか、そもそも親バカとは何なのかと思って検索してみたら、平たく言えば「うちの子はかわいい」ということを周りの面々に対して過剰に言いまわることのようだな。その様子を見た周りの面々が「親バカか否か」を第三者の視点から判断することだと。であればオッケー。僕は家のなかでしか「かわいいでちゅね~」と言っていないから。他人に向かって「うちの子はかわいいでちょ~」とは言っていない。なので僕を形容するならば親バカでは無く親だ。単なる親に他ならない。子供を愛する普通の親だろう。

それで思い出したんだけど、過去にお付き合いをさせていただいていた女性から「あなたはマザコンだ」と言われたことがある。特に過剰に母親に対して愛を注いでいたとか、何をするにも「ねぇ、お母さん、これどうすればいい?」やら「ちょっとお母さんに聞いてみる」なんてことも言った覚えは無い。むしろ家では無口だし、もっと言えば冷たく接しているように見えるくらいだと思う。他人からどう見られるのかは他人次第だから知らんけど、自分としてはマザコンだとは思わない。逆にうちの母親からすれば、その女性とお付き合いしていた頃の僕は「アッシーくん(母親談)」として映っていたらしい。それも単に車で迎えに行ってただけなんだけど。

っつーかまぁどうでもいいんだけど、とにかくは、我が子は僕にとってはかわいいし、もっといっぱい休みたいぞということだ。いろいろ思い出作るんだから。

我が子と車

昨日見た天気予報では今日は暖かくなると言っていたのに、今朝の出がけに見た公共放送局の天気予報では「うまいこと南風が吹けば暖かくなる。南風が吹くかは知らん。」と注釈を入れやがった。なんだよそのギャンブル。もう暖かいの前提で服着ちゃったっつーの。面倒なのでそのまま出てきたら寒くてな。今仕事しながら寒くてたまらん。たまらんのでモコモコしたブーツ型のスリッパっつーか室内履きを出してきて履いている。そして窓際に設置するヒーターを注文してやった。何事も大切なのは快適な環境だからな。

で、我が子の話。
我が子は車に乗ると泣く。と言うか、車が走り出すと静かになり、停まると泣く。なんだろう、揺れを求めてるのかね。停まると泣くから都内だとなかなかな頻度で泣くことになる。高速道路に乗ると静かになる。昨日は思い切って初の遠出をしてみたんだけど、大半が高速道路だったのでまずまず静かに過ごすことができた。でもなんだろね、ほぼ毎回そうなんだけど、帰り道、家が近づいてくると泣き出すのよ。乗ってるのが疲れたのか、時刻的なルーティーン的なものがあるのか何なのか。駐車場について抱っこすると泣き止むからおそらくはそれを求めてるんだろうとは思うけども。でもホントのところは分からんな。テレパシーで教えてくれればいいのに。

癒しと左肩

この週末は自分としてはなかなかヘビーな部類に入る体験をしてきた。なんかこうもうヤバい感じがしてたんだけど、家に帰って我が子を抱っこして癒された。家族は癒しだわ。ラヴ注入だな。癌もそうなんだけど、癌もさ、家族がいなかったらどうなってたかなと思う。なんかこう、未来に目が向くのよ、家族がいると。自分だけだったら「もういいかな」なんてことも頭をよぎるかもしれんのだけど、家族がいると「僕が」と思えるからいま僕に家族がいてくれて有難いと思えた。弱いのかもしれないけど、一人じゃ生きていけんのだなー。支えになるだけじゃ無く癒しにもなるんだから家族最高だわ。今日も家に帰ってから抱っこして癒されよう。

で、左肩。7月の手術で左首のリンパと脂肪と神経少々をごっそり切り取ったんだけど、その影響なのかね、昨日ね、あまりの疲れに両肩に低周波治療器を使ってみたんだけど、右肩はズンズン来るのよ。でも左肩は無反応なの。機械がおかしいのかと思って使ってるパットを交換してみたんだけど同じなの。無反応なの。なのでパットの位置を左肩から背中のあたりに張り替えたらズンズンくるわけよ。マジかよと。これって手術した箇所っつーか、手術の影響で動かしづらくなってる左肩近辺は何も感じてないってことだよね。妻に見てもらったら、低周波治療器の電源を入れると右肩はビクビク動くんだけど左肩は動かないんだって。なにこれ、低周波治療器って何に反応してんの?っつーかそれはいいんだけど、大丈夫なの?僕の左肩は。と思えた。これも家族に癒してもらうしか無いな。おわり。

頭の上

久々に「おかしな話」を。

我が子の笑顔は何ものにも代えがたいもので、それを見るだけでこちらも幸せな気持ちになるし、いつまでも守り続けたいとも思う。
で、その笑顔、もちろん僕の顔を見ながら笑ってくれることもあるんだけど、なかなかな頻度で僕の頭の上を見て笑顔になるのよね。顔では無くて、完全に顔の上を見て笑う。僕以外の誰かが我が子に笑いかけたり話しかけてくれているのかもしれないね。で、そんなとき、僕は自分のオーラを大きくして(いるつもり)サービスしてあげる。心の中で「愛してるよ」なんてことを思って、色も変えてあげている(つもり)。せっかくなら動きがあった方がより楽しいだろうなと思ってな。つい数か月前までは高級霊だったんだろうからそれくらいのものは普通に見えているだろうし。なんならアチラの世界に意識を向けているところを見せてみようかな。どんな反応するんだろ。子供にとっては案外当たり前すぎて無反応だったりして。