痩せた

20代後半くらいからだったかな。この20年間、僕の体重は82~86kgの間を行ったり来たりしていた。身長は187~188cmだからさほど重いわけでは無いとは思ってたけど、でもなんつーか、見た目はちょっとアレだよなとは思っていた。それがさ、最近は76kg台まで減ってるの。たまに75kg台になったりもするんだけど、もう1か月くらいかな、76kg台前半をキープしている。
痩せようと努力してこうなったわけでは無いのよ。おそらく始まりはコロナによるものだとは思うの。コロナによって外食が減ったってことね。それが始まりで、それに輪をかけたんだろうなと思えるのが、ご飯の時間をゆっくり取ることが無くなったことだと思っている。ご飯もお風呂も洗濯も、家事の全てを我が子のスケジュールを中心として動いてるとさ、ご飯をゆっくり食べる余裕がなくなるのだ。その結果どうなるかというと、自分のご飯はパッと簡単に食べてしまうとか、我が子が残したご飯を食べるとか、そんな感じになってくるの。そんな生活をしていたら自然と胃袋が小さくなったみたいで、量を欲しなくなってきた。そんなにたくさんいらない。以前はご飯はおかわりして当然だったんだけど、今は一杯食べれば十分、みたいな。たまには食べ過ぎることもあるんだけど、食べ過ぎたことで「夕飯いらないや」みたいなことになる。だから食事の量が絶対的に減ってるってことだな。
ただこう、この痩せ方が「健康的か?」と言われると疑問符が付くのも否めないんだよね。手術の影響で左肩が抜ける感じがあるからもうずいぶん長いこと筋トレらしい筋トレはしていない。でもやっぱりなんかやらなきゃダメだよなーと思っている。左肩を言い訳にしていてはイカン。

これはなんだ?

最近の我が子はつかまり立ちをしてから1~2歩ほど歩いたんだか歩いて無いんだかができるようになったくらいかな。数か月前に公園で出会った1歳1か月の女の子は「つかまり立ちをするようになったと思ったらもう歩いてた。」とお母さんが言っていたのでうちの子もすぐに歩けるようになるのかなと思ってたんだけど、そうはうまくはいかないみたい。まぁこのあたりは人それぞれなので気にしていない。自分のペースで生きてくれ。

で、我が子。たいていは僕がお風呂に入れてるのよ。僕がお風呂の椅子に座り、僕のふとももの上に我が子を仰向けに寝かせて身体を洗ってるんだけどさ、最近さ、寝かせるとすぐに上半身を起こして自分のおへその中に指を入れるのさ。「うをー」とか「うー」とか言いながら。で、そのあと起こしてる上半身をもっと起こして僕のおへそに指を入れるの。それを真顔で何度か繰り返す。たぶんアレだ、おへその存在に気づいて「これはなんだろう?」と思ってるんじゃないかなと。以前は痩せてたからおへそも目立たなかったんだけど、最近は所謂幼児体型になってきてお腹が出てきたの。そしたらおへそもでべそっぽくなってさ、これまでよりも目立つようになったんだよね。だから気になるようになってきたのかなーと。その様子がかわいくてな。たぶんこのくらいの時期が一番かわいいんじゃなかろうかと思える。知らんけど。

おともだち

子供の話。ここのところ暑い日が続いているので、日中のお散歩を控えて早朝にお散歩をするようになった。
3~40分くらいかな、近所をぐるっと回ってからマンションの目の前にある神社に参拝しようってことで鳥居をくぐり、境内に入ったところで先客と遭遇した。うちの子よりも半年~1年くらい年上なのかな?そのくらいの年齢であろう女の子とそのお父さん。彼女らが参拝を済ませたあとに僕らが参拝をし、よし家に帰るぞと振り返ると、僕のすぐ後ろにまだその女の子が立っていた。「おっ」と思った。どうやら我が子のことが気になるみたい。僕は我が子を抱っこ紐で前向きに抱っこしてたんだけど、ずっと見つめてるのよ、我が子のことを。なので女の子の目線に合わせるようにしゃがんであげて「おはようって。」と我が子に話しかけた。女の子も何を言うでも無く我が子を見つめ続ける。子供って子供のことが気になるんだね。お父さんが言うにはご近所にお住まいのようで。所謂「地元」の方とお見受けした。
で、昨日。昨日も似たような時刻に家を出て、近所を散歩して戻ってきたら、神社の前にお父さんと女の子の姿が見えた。神社までまだ100mくらいあったので昨日会った親子かどうかは分からなかったけど、そこからうちのマンションに向かって歩いていくように見えたので違うんだなと。マンションの住人だったのかと。なので僕らはそのまま神社に寄って参拝してマンションの入口に向かって歩き出したら、まだその親子がいた。僕らの姿を見つけて「あっ!」という感じで女の子が走ってきた。やっぱり昨日の親子だったみたい。満面の笑みで両腕を挙げてチョコチョコと走って来たんだけど、そこはマンションの入口だからさ、ガラスがあるわけよ。ガラスの扉がさ。案の定そのままガラスに突っ込んでおでこあたりを強打して倒れちゃったよ。泣きそうな顔をしながらも我慢してた。子供って「痛い」というよりは「驚いた」ってことで泣くものだと勝手に思ってるから、僕も「痛かったね~」なんてことは口にしなかった。「おはよう!」って言った。女の子、最後まで泣かなかったよ。偉い。うちのマンションの入口をうろうろしてたってことは、おそらくは我が子と会いたかったんじゃないのかなと。あれだけ嬉しそうに走ってくるからさ、こっちもなんだか嬉しくなっちゃって。だからその感動の再会を盛りあげてもらいたかったんだけど、うちの子、ベビーカーに座ったまま無表情だったわ(笑)。

保育園に通い始めるまでの間、しばらくは同じような時間に散歩に出ることになると思う。また会えるのかな?楽しみが増えたなと。