Posts in Category: 食べ物

辛いもの

昨日の夕飯では豚キムチとゴーヤチャンプルーというね、言うなれば黄金のタッグが結成されたのよ。どちらも美味しくて、リンダ並みに困っちゃった。
うちの妻は辛いものがダメでね、「いや、さすがにこれは辛く無いんですけど」と思えるものでも辛くて食べられなかったりする。そんななかの豚キムチとはなんぞやと皆さんお思いでしょう。そうだよね。豚キムチは僕が作ったの。久しぶりに食べたくなったから作ったのよ。でも妻のことを考えて卵を4個も入れたところが僕の偉いところでね。4個も入れれば辛さも抑えられるだろうと思ったけどそうでも無かったみたい。そんなこともあろうかと口休めとして豚キムチの隣に豆腐におろした生姜と醤油をかけたもの、つまりは冷ややっこを置いておいたんだけど、意味無かったみたい。「かーらっ!」と言っていた。言っていたわりには食べ進めていたもんで「辛く無いの?」って聞いてみたら「辛いけどおいしい」と言っていた。僕も美味しいと思うから作ってよかったなと思ったよ。

僕も辛いものは得意では無いんだけど、若かりしころは辛いものが好きな後輩に誘われて激辛ラーメンなんかを食べたりもしていた。辛いだけであまりおいしいとは思えなかったんだけど、後輩は「こんなのあめぇよ(甘いよ)。」と言いながら食べていた。「ほれ、もっと辛いの持ってきてみろよ」的な言い方だった。いやさすがに甘くは無いだろうと思ってたんだけど、何年か前にとても辛いものを食べなければならない機会があってね、仕方無く我慢して全部食べたんだけど、食べ進めている途中から甘く感じ始めたのよ。そのときに後輩のことを思い出してね、「ああ、これなのか」と思った次第。辛いものって食べすぎると甘くなるんだね。おわり。

NANAとから揚げ

ついにから揚げをゲットした。昨日の日記に書いたように、今朝は電車を降りてから直で事務所へ行き、少し仕事をしてからお弁当屋さんに戻ったらあったのよ、から揚げが。ただ僕の予想と違ったのは、から揚げ弁当としてでは無く単品のから揚げとして売られていたの。3個で200円。ひとつがデカいからさ、それが3個で200円ってのは安いと思う。そもそも税込だしな。なので焼き魚のお弁当と、から揚げと、あとは卵焼きもおいしそうだったからそれも買ってきた。卵焼きは150円。買いすぎじゃねぇかと思うけれど、仕方無いよね、おいしそうだから。相変わらず舌は痛いけれど、食べるのが楽しみだわ。

で、『NANA』。数日前に「映画『NANA』にあの有名俳優が出ていたなんて!」的な記事がアップされていた。なので映画をね、ちょっと見直してみたんだけど、見直してみたらさ、やっぱりNANAって面白いなと思って。原作を読んでいる人からはあまり良い評判を聞いたことは無いんだけど、映画から入った僕からすると面白いのよ。中島美嘉はハマリ役だし、宮崎あおいはかわいいし、伊藤由奈はゴージャスだし。トラネスのコンサートのシーンでさ、『ENDRESS STORY』を聴きながらハチが泣くのよ。泣きながら隣にいるナナを見たらナナも泣いててさ、それをみたハチが眉間にしわを寄せながらさらに泣くというね、そのシーンがとても好きなの。
今は子育てと家事とでなかなか時間は無いけれど、スキを見て全巻読み返してやろうと目論んでおる。あ、もちろんマンガも全巻持ってますのよ。何年か前に大人買いしたの。面白いもんねぇ。

「美味しかった?」

金曜日、火曜日と、2営業日連続で例のお弁当屋さんでお弁当を買っている。事務所の最寄駅で電車を降りてその足で買いに行ってるもんだから、ちょっと時間が早すぎるんだろうね。広いテーブルにお弁当は3種類しか置いてないの。なので今日はいつもより30分も遅く家を出て電車に乗ったのに、いつもより5~10分しか遅く到着できなかった。なんだよ電車、どうなってんだよ、はえぇじゃねぇか。でもまぁ着いちゃったもんはしゃーないってことで、今日も元気にお弁当屋さんに行ったんだけど、注文したお弁当を渡してもらうときにさ、おじさんが「昨日は美味しかった?」と声をかけてくれた。嬉しかったね~。僕は背が高くて目は一重(奥二重)で口角下がった仏頂面なので、他人から声をかけられることなんてまず無いのよ。だから喜び2倍。高見山が言ってたのは2枚だっけ?アレ2倍って言ってるのかな?まぁいいや。2年くらい前に事務所の近くの細い道で若い女子に声をかけられたんだけど、それも何かの罠だと思ったくらい、知らん人から声なんてかけられない。ま、そのヤングなガールからは道を聞かれたんだけどね。で、話を戻すと、おじさんが話しかけてくれたもんで笑顔で返事をしたんだけど、「美味しかったです」としか言えなかった自分が残念でな。もっとこう、なんつーの?気の利いたことが言えればよかったのにと思ってさ。気の利いたことが何なのかは分からんけども、たとえば「もちろんですとも!」かもしれないし、「目が飛び出ました」かもしれないし、「美味しすぎて顎落ちました」かもしれないね。ほれ見たことか、気の利いたこと言えなくて良かったろ。結果オーライだわな。無難な返事で良かったってことだ。

っつーことで、僕の当面の目標は、あるはずのから揚げ弁当をゲットすること。あるに決まってるんだよ、から揚げ弁当。もっと遅い時間になればテーブルの上に並ぶと思うの。だから次回は電車を降りてそのまま向かうのでは無く、一旦事務所に行って仕事をしてから昼前あたりに仕事を抜け出して買いに行こうと思う。その頃には行列になってなきゃいいなと思いつつ、既に気持ちは明日に向かっている。

から揚げ弁当と日帰り手術

10日前の日記に書いた老夫婦のお店、今朝見たら開いていたのでさっそく寄ってみた。
から揚げ弁当は無かったけれど、お弁当が3種類置いてあった。手作りなのよ。どのお弁当も数が少なかったので、もしかすると開店直後だったのかもしれないね。熟考した結果、イワシなのかな、なんか小さい魚と煮物が乗ったお弁当をお願いした。そういや値札が出て無かったけど500円だって。税込で。で、応対してくれた女性が腕にギプスをしていたので、ああ、これかなと思った。腕を骨折したからしばらくお休みだったのかなと。でも意外だったのは、このお店は老夫婦で営んでいると思ってたんだけど、他にもう少しだけ若めの女性がおりましてな、ギプスをしていたのはその若い方の女性だったのよ。年配の女性はお元気そうにお店の中で調理してた。うん、ここまで読み返してみたけど文章下手だな。まぁいいや。何はともあれ、次回はから揚げを食べてみたいな。

さて、今日は午後から病院に行って日帰り手術を受けてくる。舌の縁にある嚢胞を手術で取って縫うんだって。10~30分くらいで終わる簡単なものらしく、僕としてはどんな手術になるのか分からんからちょっと不安もあるんだけど、手術をしてくださる歯科の先生も、ずっとお世話になっている耳鼻科の先生も「簡単」を強調するのでまぁ大丈夫なんだろうなと思うようにしている。切ったあと喋れんのかな?ご飯はどうなんだろう。まぁ、やってみれば分かるわな。

から揚げ弁当

事務所至近の駅を降りて細い路地を入ったところで老夫婦がお弁当を売っている。いや、正確に言うと、お弁当らしきものを売っている。なぜ断言できないのかというと、遠目でしか見ていないから。その路地の方向に歩を進めてしまうとだな、他には何ら目標物が無いためにだな、そのお弁当らしきものを買いに来たと断定されてしまいそうなのだよ。分かるかなこれ。その路地を曲がった瞬間に「へい、いらっしゃい!」みたいな。興味はあるんだけど、0か100かしか無い状況につき、なかなかそちらへ進めないの。
で、2週間くらい前だったかな。ちょっとしたアレがあって、そこではから揚げを売っていることまでは掴んだ。なので僕としてはそこではおそらくから揚げ弁当を売っているんじゃなかろうかというところまで想像が進んでね、よし、そしたら明日は勇気を出して行ってみようと思えたの。でもやっぱりちょっと内気な僕が顔をのぞかせてね、その売り場の状況というか雰囲気というかそんなものを少しでも先に知っておきたいぞと思えたので事務所からの帰り道にその路地を進んでみたんだけど、そしたらさ、降ろされたシャッターに「しばらくお休みさせていただきます」との張り紙が貼ってあってさ、「うわぁ」と思った次第。
それからは毎日のようにその路地の方向を確認しながら事務所に向かってるんだけど、シャッターは閉じたままなの。だからもう毎朝もやもやしている。自分の決断力の無さと、「大丈夫かな?」ってことで。