Posts in Category: 仕事

ナメてんの?

仕事の話。
弊社が身を置くWeb関連の業界では、何か事が起きた際にクライアントさんが悪いと言い出す人が多くて辟易している。弊社はWebサイトの運用作業を生業としているので、商流としては末端に位置している。その場所から上を眺め続けること20年、何かが起きたとき、さすがにどの箇所がアレなのかはよく見える。弊社から見る限り、クライアントさんが悪いなんてことはほとんど無い。指示に誤りがあるとか、高圧的だとかそんなケースも散見されるけど、指示のミスなんてものは指示内容を見れば未然に防げるものが多いのに、それができないのは指示される側の経験と技量と当事者意識の不足から来るもので、それを「クライアントさんが悪い」なんて言ってしまうことが驚き。恥ずかしいわ。こっちはプロなんだからプロの仕事をすればいいだけなのに。自分たちがプロだって意識も無いのかな。なんか素人みたいなことを言う人が多くてね、本当に辟易している。クライアントさんは素人だからプロにお願いをしてきているわけで、クライアントさんに教えてあげることもしないくせに(できないの?)、クライアントさんがミスをすると自分たちのミスと同列に扱おうとする。で、自分たちがミスをするとクライアントさんが悪いと言い出す。これさ、本当にずーーーーっとこうなのよ。Webをはじめて20年。ずーーーーーーーーっとこう。どの現場を見ても似たり寄ったり。自分たちの能力が低いんだから、勉強して、経験積んで、依頼や制作のフローを変更して、クライアントさんの要求に応えることができる体制を作りゃいいのに。あ、自分たちの能力の低さに気づいていない人が多いのか。なるほど、今気が付いた。ってことは、末端にいる弊社から怒られて謝罪している上流に位置する方々は、怒られることで能力の低さに気づくことができたってことかな。こっちもいちいち怒るのも嫌でさ、心がすさみ続けてるんだけど、もしそれがきっかけで能力の低下に歯止めがかかるのならちょっと救われるかも。今はどこの会社も怒らない(叱らない)らしいからね。怒らないというか、怒れないのかな。なんか、あれだね、運動会で全員で手を繋いでゴールするのと似てる気がするよ。なんだろうね、こういうの。大丈夫なのかな?

社会貢献

今お手伝いをさせていただいている案件を受注してから7年が経過した。あの頃は毎日のように終電に乗って帰宅していたけれど、僕もバカじゃ無いので、クライアントさんや他の協力会社さんご協力のもと、整理できる部分は整理して、整頓できる部分は整頓した。平たく言えば、無駄を省いた。それにより時間を有効に使えるようになったし、何よりもある程度の人間らしさを取り戻すに至ったと思う。
この仕事をはじめるにあたり、それまでやっていたスピリチュアル関連の副業を全てストップさせた。この仕事をすることで自分の心がすさんでいくのが体感できていたので、並行させていくには難しいと思ったから。すさんだ心を持ったカウンセラーだなんて、クライアントさんにご迷惑をおかけするに決まってるから。
で、先に述べたように、ここのところはあの頃と比べると精妙な心を保てるようになりつつあるので、来たるべきその日に向けて、ホームページを作り始めている。ドメインはもう何か月も前に取得してあって、実際に手を動かし始めたのは先週のこと。特に締め切りがあるわけでは無いので、少しづつ、コツコツと進めている。

適職とか天職とか言うけれど、弊社が得意としている「Webサイトの運用作業」は僕らにとっての適職だと思う。その点において、弊社はありがたくも社会貢献ができていると思う。ではそのWebサイトの運用作業が僕個人にとってはどのようなものなのかと言えば、それは僕がプロフェッショナルとして社会に提供できる技術であり知識であると胸をはって言えるものの、一生をかけてやりたいことかと言えば、そこには疑問符がつく。もう何年も前から気づいていたけれど、僕が本当にやりたいのは、あの世とこの世とを繋ぐこと。繋ぐと言うと偉そうなので言いなおすと、そのための受信機であり発信機であり、要はパイプ役になれたらいいなと思っている。おそらくは、この世の中って分担制なんだと思うんだよね。みんながみんなプロ野球選手でも困るし、だからこそ、そのための資質を全員が持って生まれて来るわけでは無いわけで。
自分が持つ資質を最大限に生かすこと。これ以上の社会貢献は無いと思っている。ずいぶん遠回りしたけども。

オーナー

自分で手を動かさないと気が済まないし、把握できていないことがあると不安になる性格なんだけど、最近は歳のせいなのか何なのか、お金を出すからあとはお願いします的なことに興味が出始めている。平たく言うとオーナーだろうか。お金を出すとは言いつつも大金を持っているわけでは無いんだけど、なんかこう、僕の苦手分野である「お任せする」ということへのチャレンジも含め、そういう生き方もいいのかもなと思いつつある。共同出資とか。
誰かの生活を豊かにし、自分の心の器も大きくなるのなら、そんな素敵なことは無いよなーと思えるんだよね。

不平を述べる

今から少々仕事に関する不平を述べるので、あまり得意では無い方はスルーしていただければ是幸い。せっかくの日記なので皆が明るくなるようなことを書きたいと思っているけれど、今日はそろそろ堪忍袋の緒が切れそうなので、切れる前にちょっと開放するね。

Web業界に身をおいて20年。2000年前後の頃はまだ制作側もクライアント側も知識不足から来るバタバタが日常茶飯事で、そのことについては「Webは黎明期だから今はまだ仕方が無い」が通説だった。つまりは時が経てばもっとスムーズになるはずだと。あれから20年経つけれど、状況は全く変わっていない。問題を抱えている箇所はいくつもあるけれど、要は「人」。一番の原因は能が無いディレクターだと思っている。
制作を経験していない人間がディレクターとしてクライアントと制作との間に立つことが少なく無いけれど、何歩か譲って素人がディレクターになってもいいけどさ、勉強しろっつー話。どうして他社のディレクターのためにこっちが教えてやんなきゃなんねーんだっつーことだよ。おまえんとこ(会社)で教育しろよな。間違えを指摘しても謝らないとか、人間的にもどうなんだよと。あとは昭和の男なので個人的に気になっているだけかもしれないけど、メールを送ってくる際に自分の所属、つまりは社名を書かないってのはイラッと来るね。なんでこっちがメールアドレス見てどこの会社なのか判断しないとなんねぇんだよ。他にもゴマンとあるけれど、忙しいからこのへんにしとくわ。
とにかくまぁ、仕事なんだから、法人同士のやりとりなんだから、きちんとやれってことだ。

あ、あとひとつだけ。制作側の人間で「クライアントがわるい」というやつがいるけれど、どんな勘違いしてんだよと。クライアントは素人だからプロに頼んできてんだろ。だから理解していない部分はこっちからおしえてあげないとダメなの。何を期待してんだよ。おまえプロだろと。そんな感じ。

振り返る

これが今年最後の日記になる予定なので、簡単に今年を振り返りながら書くことにする。

今年という年は、これといって印象に残る出来事も無く、平和と言えば平和な一年だったように思う。去年は舌癌があったからさ、それとの比較となるとこうなるよね。
先月奥入瀬に行ったことが印象に残ってるかな。大雪のなかの運転(八甲田越え)は恐怖でしか無かったわ。でもおかげで雪道を走ることに興味が持てるようになった。つまりは良い経験ができた。
写真活動は全くしなかったな。日記用の写真は撮ってはいたけれど、作品づくりは全くしなかった。「来年はするか?」と問われるとちょっと分からなくて、まずは自分自身を整理することが大切と思っている。それからだなと。撮るだけ撮って後付けでステートメントを考えて発表ってのは好きじゃ無いので、とにかくは、まずは自分の整理。これに尽きる。
友人からは2度しかご飯に誘われなかった。さきほど部下に「今年は1回しか誘われなかった。あと1回はこれから。オレ不人気。」と伝えると、部下たちは誰からも誘われていなかったことが判明。大人ってそんなもんなのかもしれないね。なので正しくは「2度も誘われた!」なのだろう。誘ってくれてありがとう。アイラービュー。
「絶対にやる」と言っていた事務所の引っ越しはやめた。いままで数えきれないほどの引っ越しをしてきたけれど、ここまで物件が見つからないことは無かった。つまりは「タイミングじゃねぇよ」ということなのだと解釈して今回は見送ることにした。素敵物件が出てきたときには速攻で引っ越すことにする。これは来年に持ち越し。すげぇいいトコに引っ越して快適な環境で仕事すんだから。
ちなみに今年は「個人的に頼まれたことは断らずに「Yes!」と言う」を心がけるようにしていたけれど、そもそも何らかを頼まれることが無かった。せっかくなので来年も続けようと思う。断らん人間、それはつまり僕のこと。
他にも振り返ろうと思えばいろいろあるけれど、長くなるのでもうやめる。

少しだけ来年の話をすると、来年はもうちょい稼ごうと思う。稼ごうと思って稼げるわけでは無いけれど、世のためになることと自分のやりたいこととのバランスを考えつつ、新たなことに挑戦できればいいなと。会社概要しか載せていなかった自社サイトも簡単にリニューアルしたことだし(デザイナーがやってくれないので自分でやった)、少しずつ、動いていければいいかなと思っている。

ということで皆さま、本年も拙い日記にお付き合いいただき誠にありがとうございました。来る年が、皆さまにとって幸多き一年でありますように。