Posts in Category: 仕事

10年以上前の話

「オレはこんなにひどいことをされた!」とかそれに類することを言いたいわけでは無く、単に思い出したから日記のネタとして書く。もう10年以上前の話だから時効でもあるだろうし。

30歳前後の頃から5年間くらいかな、新宿にあったスクールにてWebデザインの講師をさせていただいていた。年によっても変わってたんだけど、問題が起きたその年は年間契約というものを結んでいて、分かるとは思うけども念のために説明をすると、「年に●●時間分の授業をお願いします。それに対して●●万円の報酬をお支払いします。講義の枠は責任を持って私たちがご用意します。」というものだった。
年度が終わるまであと数か月になった頃だったと思うけど、僕が担当する授業が減ってきていたことに気づいていた。なので気になって最新のスケジュール(クールごとにスクールから渡されるもの)を確認してそれまでに終えた授業とこれからおこなう予定の授業の時間を合算してみたら、契約した時間数に1~2時間足りないことが分かった。でもタイムカードに打刻された時間を合算すると契約時間を優に超えていることも分かっていた。契約書を確認してみるも、授業にかかる時間とタイムカードに打刻された時間のどちらを正とするのかの記載が無かったので、Webの責任者に確認をしようと思って電話をしたら責任者が不在とのことで、Webのナンバーツーの男性に確認をすることになった。するとその男性は「タイムカード(を正とするという考え方)で大丈夫ですよ!」と明るく言った。なので僕は既に契約時間をクリアしているものだと思っていた。
で、クールの終わりまであと1か月ほどになった頃だったかな、いまいち覚えてはいないけれど、Webの責任者に呼ばれたのでスクールへ行った。すると開口一番「時間数が足りていないので講義をお願いしたいのですが。」と言われた。しかもその講義の内容から考えろと。僕からすると「ほれ見たことか」なんだけど、まぁ1~2時間足りない程度であればさほど大変でも無いし契約だしで「単発の講義でも考えるかなぁ」と思った。でも事前に気づいて確認の連絡を入れて「クリアしている」とのお返事もいただいていたわけだからその部分が引っかかって「いや、でもタイムカードではクリアしてるんですけど。そもそも契約書に授業時間とタイムカードのどちらを正とするかは書いて無いですよね?」と言うと、それを聞いていたスクールの責任者が凄い勢いで「安西先生、それは無いんじゃないですか?」と割って入ってきた。なんだか一方的に僕が悪者で性格もよろしく無いみたいな言い方をされたので、僕は事前にあなたの部下に電話で確認をしていたこと、契約書に不備があるように思えること、講義の枠は御社が責任を持って用意するって話だったけどできなかったよね?ということ、そうなるとタイムカードって何の意味があるんですかね?ということ、御社内の横の繋がり(連絡)ができていればこんな事態にはなっていないと思うんだけどそれって誰の責任なんですかね?と伝えると、「じゃあ追加の授業はやらなくていい」と言われた。その責任者に。で、いつもなら次クールについて打診がある時期になっても僕には何の連絡も無く、続けてほしいのかほしくないのかの連絡も誰からも来なかったので、頭に来て事務の女性に「シュレッダー使ってもいいですか?」と了承を得て、そのスクールに預けていた過去5年間分の僕の授業のレジュメ等を全て抹消した。すげぇ時間がかかった。授業で役立ちそうな本も何冊か寄付していたけれど、それはさすがにそのままにしておいた。で、なぜ連絡が来たのかは覚えていないけれど、僕をこのスクールに引っ張ってくれてその時には既に新宿校から離れていた社員の方から連絡が来て、「あいつ(新宿校の責任者)も悪い奴じゃ無いんですけどね…。」と言うので「悪い奴じゃ無いって、もうそれ以外にフォローできることも無いような人間に対して使う言葉ですよね。」と言うと黙ってしまった。その社員の方には本当にお世話になっていたし大好きだったから申し訳無いことを言ってしまったなと今でも思っている。
それから2年間くらいかな、その社員の方が責任者として働くスクールで講義をさせていただいた後に講師を辞めた。そのスクールが無くなっちゃったからね。スクールが無くなると同時に講師業も廃業させていただいたということ。
だから合計すると7年間くらいかな、そのスクールには講師として経験を積ませていただいてとても感謝をしている。「教える」という仕事は今後も決して無くならない分野だと思うから経験しておきたいと思っていた。あの事件さえなければ良い思い出ばかりだったんだけど、僕を筆頭にみんな若かったんだし、まぁしゃーないわな。しゃーない。ご迷惑をおかけしました。

「教える」って作業は好きだから、またいつかどこかで何かを教えることに携わってみたいなとは思っている。そのときにはもうキレない自分でありますように。

Webディレクター

Web業界に身を置いて20年くらいなのかな。この業界が最も輝いていたのが今から15~20年くらい前なのかな。その時期はWebの黎明期とも重なっていたわけで、「これからガンガンくる業界」みたいな見方をされていたような気もする。「IT業界」なんていう風にひとくくりにされて、そのあたりのことなら何でも知ってると思われて「パソコン買おうと思うんだけどどれがいいの?」なんてことを聞かれたりもして迷惑を被っていたな、なんてことも思いだされる。ハードのことなんか知らんよ。
で、現在のWeb業界なんだけど、その黎明期の頃となんら変わらんような気がする。いや、むしろあの頃の方がみんな頑張っていたような気がするな。ブラウザによる見え方の違いにどう立ち向かうかみたいなことを夜を徹して考えたり、新しい見せ方を突き詰めたりさ、頑張ってたよ。いい時代だった。で、その頃は黎明期なのをいいことに、あと何年かしたらみんなの理解も能力もアップするからそれに伴って今のような苦労をしなくても…みたいな期待もしていたけれど、実際には世のWebディレクターのポンコツぶりに毎日のように辟易している。能力なんてアップしてないよ全然。あのころ頑張ってたみんなに声を大にして伝えたい。「この業界、素人でもできると思われてるのか何なのか、今でも話が通じない人間で溢れてるぞー!」とね。
そもそもな、Web制作会社の求人が悪いんだよ。Webディレクターなんてポジションに未経験者歓迎してんじゃねぇよと。進行管理なら素人でもできると思われているところが大間違い。Webを学んでから来いっつーの。デザインなりコーディング(マークアップ)なりで実際に手を動かしてた人間じゃないとマトモな進行はできないよ。言葉が通じないんだから。稀に未経験でも進行できているように見えることもあるけれど、それってディレクターの実力じゃなくて、その周りの人間がフォローしまくってるから進んでるんだからね。言い方変えると、迷惑かけまくってんの。やらなくていい仕事を周りの人間にさせてんのよ。フォローしてくれてる人間に金払えっつーの。

世の中は無駄で成り立っているところがあることは認める。弊社の仕事もそんなところはあるからな。でもね、やるべきことはやってほしいよな。お金もらってるんだろうから、そのぶんは働かないとダメでしょ。周りの人間は教育係じゃ無いんだからさ、この業界に入るなら学んでから来いっつーの。もしくは会社が責任を持って育ててから外に出せ。他社をも巻きこんだ最前線に出るんだろうからさ、迷惑かけないくらいの知識、会話が通じるくらいの知識は最低限欲しいよね。

保育園

今日は午前中にお休みをいただいて保育園の見学に行った。一歩踏み入れて思ったのは、僕がここで働きたいわということ。その保育園だけに感じられることなのか、それとも幼稚園やらその他の幼児向けの施設も含めたそれら全体に対して思うことなのかは知らんけども、とにかく気持ちがいい。自然と笑顔でいられるのよ。昨日の安西ヒーリングの日記に書いたパワースポットの5千倍いい。我が子のための保育施設を見学に行ってアレだけども、僕がここに身を置きたいと思えたわ。
どこかに働き口は無いだろうか。今から保母(保父さん?)さんを目指すのは難しいっつーかいかがなものかと思うけど、何らかの形で関われたらいいなーと思えた。

やる気スイッチ

今朝は5時に起きたんだけど、起きた瞬間にやる気スイッチが入った感覚があった。7月の手術&入院以降、物理的に身体が動かないのでできないことが多々あったんだけど、それらのうちまぁ大丈夫かなと思えるもの、つまりは呼吸とストレッチなんだけど、それを今朝からやり始めてみた。やってみるとなんかこう、気分が良くなるものだね。手術前までは毎日続けてたんだもんな。ただまぁ左肩は相変わらず可動域が狭くて、無理に動かそうとするとビリッと来るからほどほどにしているけども。重いものも持てないからさ、左腕は簡単なことにしか使って無いんだよね。
で、もう何年も思い続けていることだけど、仕事をね、そろそろ本当に変えたいなと思って。とはいえ現在の案件を担当させていただいているおかげで生活を成り立たせている外注さんもいるわけで、もちろん我が家もそうなんだけど、その方々のことを思うと、この案件は可能な限り続けさせていただいて、僕だけがそこから一歩引いたところに下がることがベストだなと思っている。なので贅沢を言わせていただくと、現在お手伝いをさせていただいている案件はそのままに、僕だけは違ったことをやりたいなと。ずっとお休みをさせていただいているヒーリングの復活はもちろんのこと、現在の案件に代わる何か、もっと言うとWeb以外の何かをやれればと思っている。ひとつでもいいし、3つでもいいし、細かい仕事を10個並行させてもいいし。この20年、Web関連の仕事ばかりに携わってきているので、そのままWeb関連の仕事を続けることが楽だしスムーズなんだろうけど、これまでに三度の癌の手術を経験してね、なんつーか、思うところもあるわけで。生きているうちにさ、少しでも多く誰かのお役にたてたらいいなと思えて。自分も周りも笑顔になれるような、そんななかに身を置くことができたら最高だなと思っている。何があるかな、僕でもできること。

時間の使い方

手術の影響から、毎朝続けていたストレッチはお休みしていて、代わりに病院で教えていただいた患部を伸ばすためのストレッチをおこなっている。患部っつーのは、縫合した首と、手術の後遺症で上げづらくなっている左肩のことね。でもね、その影響なのか何なのか、おそらくは10日以上もベッドの上で生活してたからだと思うんだけど、そろそろ腰から下半身にかけて硬くなってきているように思えるの。このままだとある日突然腰がぎっくりする可能性があるわけよ。平たく言うとぎっくり腰な。なのでいつものストレッチも早いとこ再開させたいと思っている。ストレッチと同じく毎朝の日課だった瞑想は、かける時間を短くしてなるべく継続させるようにしている。なるべくってことはやらない日もあるってことで、それはなぜかと言うとね、誰も興味無いだろうけど言うとね、身体に痛みがあるもんだから、瞑想中にそっちに気が行っちゃって、なかなか集中できないのよ。深い瞑想にならない。単におじさんが朝から目を瞑ってるだけになっちゃうの。個人的には瞑想ってのは主に肉体側にある意識を霊体側に持って行く行為だと思ってるんだけど、現状だとそこまで至らないんだよね。なのであまりいい瞑想ができてないの。はい、瞑想の話は終わり。でね、今日の日記のタイトルにある「時間の使い方」の話をしたいんだけど、僕ね、思うのよ。今の僕にとって大切であろうものをピックアップしていくと、ストレッチ、瞑想、ウォーキングじゃーなかろうかと。つまりは心身の健康維持を目的とした作業をすることが大切だと思うの。でもさ、今でさえ朝の5時台に起きてそれらの作業(瞑想とストレッチ)をやってるわけでさ、それにウォーキングを加えるとなると果たして何時に起きりゃいいんだよっつーことでね、じゃあ夜にやるのかとか妻と我が子が家に戻ってきたらどうなるんだとかもろもろ含めて考えるとだな、一番無駄なのは仕事の時間だというところに考えが至る。分かる。仕事しないと生活できないのは分かる。でも僕の心身の健康を第一に考えると、無駄なのは仕事の時間だっつーことになる。だから今は変化の時なのかも。なんつーか、粘土をこねくり回すみたいにさ、自分にとって、家族にとって必要な要素をもろもろ集めてこねくり回してさ、うまい形に成型できればいいなと思ってる。そしてそれができると思ってる。