Posts in Category: 舌癌

術後8カ月と2週間

特に書くことも無いから癌の話をしよう。

舌癌が首のリンパに転移をしたから手術をしてそれを取り除いたのが昨年の7月の頭。だからあれから8カ月と2週間くらい経ったはず。最近はどんな感じかっつーと、切って縫った首のあたりは相変わらず硬い。硬いし突っ張る。正確なことは知らんけど、これはもうこのまんまなのかなと思っている。で、触ると少し痺れる。我が子を抱っこするとそのあたりを触るのよ。回りとは色が違うからさ、気になるんだろうね。だから子供を抱っこするたびに首をじんじんさせている。術後何か月間かはお風呂に入っても首には暖かさを感じなかったけど、最近ようやく多少は感じるようになってきた。手を洗うとなぜか耳のあたりに冷たさを感じてたんだけど、それはもう無くなったな。時間をかけて神経が元に戻ってきてるってことなのだろうか。
舌の縁には相変わらず粘液嚢胞がある。でもこれまでと違うのは、縁は縁でもちょっと下の裏側付近にできてるもんで、口や舌を動かしてもさほど影響が無いの。言い変えると、動かしても痛みは無いの。だからできててもさほど問題は無いんだけど、でも可能であれば手術をして取っちゃいたいと思ってるから、次回の検診時にそう伝えてみるつもり。歯科の検診は4月だったかな。
厄介だなと思ってるのが肩。手術したのは首の左側なんだけど、その影響で左肩には抜けたような感覚がある。それは8カ月経った今でもずっと続いてる。手術でリンパとその周辺の肉とか神経を取っちゃったみたいだから、その影響なんだろうね。「もうそろそろ(負荷をかけても)大丈夫かな?」と思って軽く筋トレをしたりもするんだけど、そうすると数日後に痛みが出たり、肩がズレたような感覚が出てきたりする。ただでさえ歳を取ったお父さんだから、我が子が他の子たちとコミュニケーションが取れるようになった頃にお父さんのせいで恥ずかしい思いをしないように身体くらいは鍛えておきたいと思ってるんだけど、なかなか難しいね。プランクができなくなったのは痛い。もう左肩を使った運動は難しいのかな~。

っつー感じかな。
まぁ、日頃は癌だったことなんか全く思い出すことなく過ごしてますわ。

コロナウイルスと定期検診

我が子の保育園の入園式が無くなった。コロナウイルスのアレのおかげで、今年は入園式はやらないんだって。子供がらみの初めてのイベントごとだったから楽しみにしてたのに。ライカにしようかなーとか、いややっぱりそこは動画でしょうとかいろいろ考えてたのにな。仕方無いね。

で、昨日は月に一度の定期検診に行ってきた。このご時世なので、大学病院なんてところに行くのは嫌だったんだけど、これも仕方無いもんな。定期的な検診は必要だもの。なので上から下まで防菌のスプレーを振りまいて完全防備をしたうえで行ってきた。
耳の下あたりから鎖骨にかけての手術痕、つまりはリンパのあたりを触診しながら「痛いとかありますか?」と先生が言う。痛いというか、切ったあたりは常に軽く痺れているというかそんな感じなので「痛いと言えば痛くはあります」と答えたら、その場で超音波(エコー)の検査を受けることになった。首にヌルヌルを塗ってそこに機械を当てながら「う~ん」なんてことを言うもんだから「あぁ、また仕事休まないとならないのかな。今休んだら大変なことになるかもな。」なんてことを考えてたんだけど、「心配させてごめんなさい。全く問題ありませんでした。」と言われた。「(こうやって検査をしてもらえると)安心します。」と答えた。また手術なのかなと少し覚悟をしたけども、しないでいいみたい。
癌のことは一通り終えて、次回の検診の話になると「このご時世ですので、僕はなるべく病院には来ないでくださいとお伝えしているんです。僕はいつ感染してもおかしくない立場であって、僕を介してみなさんにウイルスをうつしてしまう可能性があるわけですから。」と。「でも安西さんは年齢も若いですし、もし感染しても大きな影響が出るとは考えにくいです。手術してからまだ時間も経っていませんし、安西さんの場合は月に一度の検診ができればと思うのですが、それで良いですか?」と。なので笑顔で「はい。」と答えた。なんつーか、改めて「信頼できる先生だな」と思えた。患者ファーストで物事を考えてくれる。この先生と出会えて本当に良かった。感謝だよ。

なぜ保育園に入れたのか

区から保育園の内定通知をいただいたわけだけど、実は落ちると思っていた。
僕が住む区は点数制で、フルタイムの共働きだと100点、勤続年数が1年以上だとプラス何点というように加点と減点をしていって、多くの家庭は109点になると思うの。その109点ってのが実質的にはボーダーラインで、それよりも点数が少ない家庭はなかなか厳しく、それよりも多い家庭は希望の光に満ち溢れるという感じ。で、我が家も109点だったはずで、しかも僕の年齢が高いからさ、自ずと20~30代のご家庭と比べれば世帯年収も高くなる可能性が高くてさ、ってことは「落ちるでしょ」と思うのが普通だと思うんだけど、なぜか第一希望の保育園の内定をいただくに至ったのよ。なぜか。確かなことは調べようが無いから知らんけども、推測するには僕が癌を患って通院してたからだと思う。提出する書類にはそのあたりのことを書く欄があってさ、そこには提出時の状況を書くことになってたから、正直にありのままを書いたの。「舌癌 月3回通院」って。おそらくは、そのあたりのことが加点の対象になったんじゃなかろうかと。それ以外考えられないんだよね。公共放送局で流れていたドラマの中で「保育園に受かりたいならご主人を殺しなさい」みたいなセリフがあって驚いたんだけど、それ、ホントだと思う。もちろん冗談で言ってたんだけど、今回の件を受けて、そのあたりのことって点数に繋がるんだろうなと思えた。保育園に入れるために離婚をして点数を稼ぐご家庭もあるくらいだし。

ってことで、癌になってよかったこと。生きる目的が分かったことと、我が子が保育園の内定通知をいただけたこと。ひとつ増えた。

ルール

どこかの大学のラグビー部員が大麻を所持していて逮捕されたとかで、それについて女優だか元女優だか知らないけれど所謂著名な方が「日本での大麻に関する法規制は人権侵害の何物でもない。」と述べたとか書きこんだとか。それを言うなら「人権侵害以外の何物でもない」が正しいんじゃなかろうかと思いつつも、まぁなんつーか、ルールを守ることができない人が何を言っても説得力は無いわなとしか思えない。「日本も大麻を合法化しよう!」ってのは別にいいのよ。それを論じるのはいいの。でもルールを犯しておきながら「そのルールはおかしい!」と訴えるのは違うよね。順番が違う。
医療用大麻なるものが癌を抑制してくれるって話があるじゃない。それが日本でも合法になればいいのにみたいなさ。それさ、癌になったことがある人なら大なり小なり期待しちゃうところだと思うんだけど、そういう話もこういう人のおかげで進展しないのかもしれないなと思えるの。だからもうちょっと考えてほしいんだよね。迷惑とかさ、そのあたりのことをさ。

検査結果と我が子の抱っこ

昨日の検査の結果は「全て問題無し」だった。舌も首のリンパも肺への転移も全て大丈夫。それを聞いて笑顔になってしまった。笑顔になったということは心のどこかで心配してたってことなんだろうな。そんなつもりは微塵も無いんだけども。何はともあれいいことだ。毎日飲んでるゴーヤのサプリが効いたのか何なのか。で、今日もこれから病院へ行ってくる。今日は同じ大学病院内の歯科。粘液嚢胞の方の診察な。昨日のCTで大丈夫だったんだからすぐ終わるでしょ。

で、今朝さ、我が子を抱っこしたら「このぬくもり、なんだか久しぶり」って感じた。思い返してみると、昨晩は事務所を出てからスーパーに寄って、帰宅後すぐに我が子をお風呂に入れて、洗濯をして、茄子とピーマンと豚肉の味噌炒めを作って、食べて、食器を洗って、そしたら23時だったから寝たんだったかな。いや、寝る前に仕事のメールの整理をしたんだった。こうやって思い返してみると普段となんら変わらないんだけど、なんだろう、たぶん大量のピーマンを切るのに時間がかかったってことと、時間がかかったことで心理的にも余裕が無かったんだろうな。明日は休みだから今夜は時間を気にする必要は無い。だからいっぱい抱っこできるはず。なんならフジコ・ヘミングのDVDに癒されてから寝ちゃうんだからな。