印鑑証明

法人の印鑑証明を取得する必要があった。弊社は月~金の朝から晩まで事務所で缶詰で働いている弱小企業なので、法務局まで証明書を取りに行くのは至難の業。そこで郵送で送っていただこうと思いネットで調べていたら、いまの時代はネット経由で証明書を請求することもできるんだぜとのことでやってみた。
説明を読み進めてみると、どうやら専用のソフトをダウンロードする必要があるとのことで一瞬「?」と思ったけれど、おそらくはセキュリティーを高める意味もあるのかなと勝手に解釈して、仰せの通りダウンロード。ダウンロードしたソフトを開いてみて、その使いにくさに辟易。画面のどこにあるどのボタンをクリックすればいいのかがまるでわからない。こういうものは直感的に使えるようにしないとだめなのに。なんとか頑張って請求に必要な情報は登録できたものの、その登録した情報を今度は送信する必要があるらしく、その方法を調べるのでまた四苦八苦。そのソフトとは別のホームページに操作方法の説明が書いてあるのを発見したんだけど、その説明も「詳しくはほにゃららという名のPDFの第何章のどこどこを見ろ」と書いてあるだけど、そのPDFがどこに置いてあるのかが分からない。ホームページなんだからリンクはってくれればいいのに。で、なんとか探しだして説明を読んでみたら、今度は他社が発行している電子キーが必要だと書いてあって、その電子キーは書類とデータ(だったかな?)を準備して、それを法務局に提出するところからはじめないとならないというところまで理解して、怒りでソフトを削除してやった。役所ってのは化石だな。
仕方がないのでネット経由での取り寄せは諦めたうえでいろいろと調べていたら、昨今では管轄の法務局だけでは無く全国どこの法務局ででも印鑑証明を取得することができ、さらにはその出張所でもOKだということがわかったので、仕事を抜け出していちばん近い出張所で印鑑証明をもらってきた。九段下まで行かないといけないのかと思ってた。ネットは化石だけど、リアルな部分は進化したんだね。最初から気づけよって?わかるわ~、それ。

Comments are Disabled