ご飯の上にのせるもの

日頃から、焼くだけやら煮るだけといった所謂「男の料理」が得意な僕だけど、そんな男の料理にも満たないのが「ご飯の上に乗せるだけ」な食事だ。
子供の頃はふりかけが主流だった。「のりたま」が好きだったな。姉の友人の家に泊まりに行った際にそこのお父さんから「ご飯の上に崩した豆腐を乗せて醤油をかけて食べると美味い」と言われて真似をするようになったのが小学校高学年の頃。あとは味付け海苔を乗せたり、バターを乗せて醤油をかけたりもした。あとは枝豆を乗せて醤油をかけたり。大人になってからはシーチキンを乗せることが多くなったかな。おそらくはその上にマヨネーズをかけて七味あたりを少々かけることでもっと美味くなるような気はするけれど、やっぱりシーチキンオンリーが好みなんだよな、チープな感じで。手が込んで来ちゃうとなんか違うんだよな。料理になっちゃう。それよりも、なんつーか、雑な感じが好きなんだな。

Comments are Disabled