チャレンジしてた

昨年末に我が家のNASがふっ飛んで、過去の撮影データが全て消えてしまったことは何度かここにも書いた。その後業者さんにお願いをして何割かは復旧していただいたんだけど、ファイル名もログ(日時)も全て数字の羅列に置き変えられてしまったので、一目ではどれがどのファイルなのかの見分けがつかなくなった。ダブルクリックして開けば分かるんだけど、なにせ何万枚ものファイルがあるものでね、全てをダブルクリックするのも手間なわけ。でもね、過去にこの日記にアップした写真だけは別で、それらのJPGデータであれば全てサーバーにアップされているので、閲覧することはできる状況。今日アップした写真もそれで、2015年の秋に鵠沼海岸で撮影したものだねこれは。存在すら忘れていたものだけど、じっくり見ることで、当時の僕が作品づくりに精を出していたことがひしひしと思いだされる。そりゃ「仕事なんてしてるヒマねぇな。」と思ったわけだなと。詳しくは書かないけど、これね、けっこう手が込んでる写真なのよ。実験的に作ったものなので甘さは否めないけれど、この考え方をもとにモチーフを変えて作品にまで昇華させるのも面白いだろうなと。気が向いたころにまたチャレンジしてみよう。

そういえば、直近の作品づくりのために必要だなーと思っていたLeicaのCCDを中古にて入手した。言い方を変えると、中古のM9を入手した。中古とはいえ安価なものでは無いので迷っていたけれど、防湿庫のなかに全く使っていないCanonのレンズが眠っていることを思い出し、それを売却することで資金を捻出した。
昨日久しぶりに使ってみたけれど、そういや液晶のモニターが見づらかったんだよなーとか、シャッター音うるせえなぁとか、忘れていたマイナス点がいろいろと思い出された。なにせ2009年に発売されたカメラだからね。でも撮影したデータをパソコンで開いてみたら、そんなもろもろもふっとぶくらいに綺麗な写真が撮れていたので、これなら行けるかなと。やっぱり好きだなー、このCCD。いろいろ撮ってみて、早いとこ、今の作品づくりに最適な組み合わせ&設定を見つけないとな。

Comments are Disabled