親友の定義

中学生みたいなことを言うようだけど、僕はいまだに親友の定義がわからない。俗に「何でも言い合える仲」なんてことを言うけれど、何でも言い合えるからといって、それだけでその相手を親友と呼んでよいかというと、微妙だなとも思える。何かが足りない気がする。実はひとりだけ、彼は僕の親友だろうと思える人物はいるのだけど、当人に「おい、親友よ」なんて声をかけたことは無いし、ましてや向こうはどう思っているかもわからない。「何でも言い合える仲か?」と問われれば、「会ってもあまり話しません」としか言えない。そう、会ってもあまり話さない二人だけれど、僕は彼を親友ではなかろうかと思っている。

で、先日、久しぶりに会った友人(先に述べた「親友ではなかろうかと思っている彼」では無く、別の友人)に「親友っている?」と聞いてみた。すると彼女は「それ、私も考えてたんだけど、分かったの。」と言った。考えた結果、彼女の親友とは彼女のお子さんだと気づいたんだって。それを聞いた瞬間、なんだか胸がスッとした。心が晴れやかになった。彼女のお子さんが彼女の親友だという説明はとてもしっくり来たし、であれば僕の親友は僕の妻じゃんかと思えた。もちろん、先に述べた彼も僕の親友だろうと思うけど、僕の妻が僕の親友であることは、今では疑いようが無い。気づかせてもらえて良かった。

Comments are Disabled