銀座ふくよし

先日、「美味しかったもの」というタイトルで日記を書いた。そこでは今までに食べたもののなかで美味しかったものを羅列したけれど、実は一店舗、完全に失念していたお店がある。それはだな、東銀座と赤坂に店を構える「銀座ふくよし」だよ。なぜ失念していたのかって?それは単なる「老い」だろうよ。

銀座ふくよしは鰹だしをベースとしたたこ焼きを出してくれるお店で、ソースもかつお節もかけずに塩だけで食べる「そのまんま」というたこ焼きが非常に美味しいし人気もあるんだけど、なんつーか、ふくよしのたこ焼きが美味しいのは僕のなかでは既に当たり前になっているので、その次に美味しいものは何なのかっつー話をするけれど、あのね、から揚げが美味しいのよ。ふくよしのから揚げ、初めて食べたときは驚いた。すげぇ柔らかくてな。思わず「これ、どうやって作ってるんですか?」って聞いたほど。それと焼きそばな。これもフツーの焼きそばとは違って辛いのよ。辛いから、一緒に出てくる生卵をそばつゆみたいにつけて食べるの。この辛さと生卵の加減が絶妙でさ。うまいったらありゃしない。で、最後にこいなり(小さいお稲荷さん)をお土産に買って帰って翌朝食べるというのがいつものパターン。
ただ残念なのは、このお店、人気が出すぎて予約無しでは入れないほどになっちゃった。美味しいことが知られてしまったのだよ。銀座と赤坂、どちらかと言えば赤坂の方が当日でも入りやすくはあると思うので、ご興味のある方はぜひとも。最初に「そのまんま」と「から揚げ」を頼んで、次に「焼きそば」な。「こいなり」は在庫が無いこともあるから、お店に入ったらすぐに確認をしておくといいのかも。

Comments are Disabled