『警察24時』に思う

ここのところ、弊社至近にある和食居酒屋のお母さんが「あたしあの番組大っ好きなの!今日も録画予約してるから帰ったら見なきゃ!」というほどの人気番組である『警察24時』の放送が増えてきた。厳密に言えば「『警察24時』的な番組」か。言って見れば、和食居酒屋のお母さんだけでは無く僕も好きでよく見てるんだけど、アレを見ているといつも思うことがある。それはね、警察24時と同じ規模で同じ時間帯に『海上保安庁24時』を放映してほしいということ。警察官の皆さまが大変なことは分かっているんだけど(叔父と従妹たちが警察官なもので)、海上保安官もそれに負けずとも劣らずに大変で危険にも関わらず、あまりその仕事の内容は知られていないんじゃなかろうかと思えて。なのでキー局のゴールデンタイムにそれを流していただけたらなと思っている。
それと、常々思っているのは、天気予報と同じくらいあたりまえに『今日のスクランブル』を伝えてほしいということ。スクランブルについてご存知無い方のために軽くお伝えするとだな、スクランブルとは要は緊急発進のことで、日本領空に接近した軍用機などに対して空自の戦闘機が緊急発進することを言うの。厳密にいえばその限りでは無いんだけど、平たく言うとそういうこと。その回数、年間で何回だと思う?防衛省の発表だと、29年度は904回、その前の28年度はなんと1168回だよ。発表されてるから書くけども、そのうちの851回が中国軍機に対するスクランブルな。僕らはほとんど知らされていないけど、守られてるのよ、僕らって。脅威はすぐそこにあるのに知らないの、僕ら。そういうことをね、きちんと国民に対して伝えてほしいと思うんだよね。「本日は何時何分にどこどこからやってきたほにゃららに対して、オラオラ基地所属の戦闘機がスクランブル発進いたしました。何時何分まで追跡の結果、ほにゃららは何時何分にどこどこ方面へと離脱しました。」みたいな。そのとき撮影した「ほにゃらら」の写真も公開してくれれば、みんな多少は危機感持つんじゃないかなと。
ってことで、「今日のスクランブル」を放送してほしいんだよ、公共放送局で。

Comments are Disabled