「日本が好き・嫌い」について

日本が好きとか嫌いとか、愛国心があるとかそんなものは右翼の思想だとか巷にはいろいろな意見があるけれど、ふと思ったのは、日本が好きとか嫌いとか言う際の「日本」って、一体何のことを指してるんだろうかということ。政府のことを指している人もいるだろうし、政治全般のことを指している人もいるだろうし、漠然と日本人全般のことを言っている人もいるだろうし、もしかすると柔道だとかアニメだとかの「日本の得意分野」のことを指している人もいるかもしれないし。今で言えばサッカー日本代表ってこともありえるかな。
「あなたは日本が好きなの?」と問われれば好きだと答える。僕は日本が好き。では僕の言う「日本」とは何を指すのかと言うと、その大半は子供の頃の思い出なんだよね。生活を送るなかで体験してきたもろもろのこと、僕を形作ってきたもろもろのことが、僕のなかの「日本」なの。祖父母との思い出やらご近所の方々との心のキャッチボールやら、運動会の思い出やら少年野球を通じての学びやら、「みんなのうた」で聴いた曲やらのど自慢やら、あの頃見聞きしたことと経験してきたもろもろが僕にとっての「日本」なんだよな。

近所を歩いていると「アベ政治を許さない!」と書かれた紙が目につく。許すとか許さないとかそのあたりのことは人それぞれだし、そこで言う「アベ政治」が現在の政府の方針のことを指しているのであればそれに賛同できる部分も僕にはあるけれど、だからと言って「日本が嫌い」とは思わない。恥ずべき部分があるとは思っても、それと「嫌い」とは結び付かない。
思うのは、僕の心のなかにある「日本」を守っていきたいなということ。それ以上でも以下でも無いんだよな。

Comments are Disabled