おっぱい出ろ

昨晩、我が子が号泣をしはじめて、何をしても泣き止まなくなった。数週間前のワンオペの時も同じ状況で、あのときは抱っこしたりげっぷさせたりオムツ換えたり布団の角度を変えたり場所を変えたりベランダに出てみたりと2時間ほどの格闘のあとに4度目くらいのミルクをようやく飲んでくれたことでことは収まったんだけど、昨晩はミルクもダメだった。ずっと泣き続けられるとどこか体調が悪いんじゃないかとも頭をよぎる。熱も無いけれど、病院に電話した方がいいのかなとか。で、妻とともに散々悩んだあげく、母乳をあげたら収まった。いやいや、それさっき飲んだじゃん。こんな時間にまたおっぱいかよと。
母乳をあげたら落ち着いたってことがこれまでにも何度かあった。今回は母乳をあげてからさほど時間が経ってなかったから盲点だったんだけど、母乳の偉大さを改めて知るいい機会になった。数週間前のワンオペのときにも思ったんだけど、母親が不在時の長時間の号泣を収めるためには、僕が母乳を出すしか無いんじゃなかろうかと。ミルクと母乳だと食いつきが全然違うからさ、号泣されてるときにミルクじゃダメなのよ。役不足なの。だからこうなったらもう僕のおっぱいから母乳を出すしか無い。それで皆が幸せになれる。頑張る。

Comments are Disabled