もっかい手術

最近は舌癌に関する話を書いていなかったけれど、実はそこまで順調では無い。と書くとまた再発したかのように思われるかもしれないから正しく書くと、もうどれくらい経つだろう、4~5か月くらい経つのかな、手術した側の舌の縁に水膨れやら血豆やらができてるの。定期健診では「様子見をしましょう」とか「まだ手術した部分がくっついていないのかも」と言われていて、文字通りに様子見をしていたんだけど、4月に担当医が変わってね、その先生が言うには「歯が当たっているのが気になるので、前回の手術(2016年)のときと同様に、歯科に診てもらいましょう。」ってことでね、同じ大学病院内の歯科を紹介していただいた。1カ月半前に受診をして少し歯を削り、結果を診たいからまた予約してくださいとのことで、昨日診ていただいた。
水膨れが消えずにそのままなのを確認した先生は、「この水膨れは歯のこすれによるものです。いずれにしても(水膨れを)切りましょう。」と言った。水膨れは前回の手術の際にもできたけれど、放置しておいたらそのうち無くなった。なので今回も放置しておけばいいものだと思っていたので「切る」と言われて少し驚いた。切んのかと。さらに驚いたのは「こっち(歯科)で切りたいんですけど、箇所が箇所だけ(癌のあった場所なので)に、一度耳鼻科の先生と相談したうえでどちらで切るかは決めますね。細胞診の結果にもよりますが、何でもないものであればこちらで日帰りで切ってしまいたいです。10分で切れます。でなければ(細胞診の結果が悪く、耳鼻科で切るのなら)1週間(の入院)でしょうか。」と言われたこと。癌が再発する可能性は聞いていたのでそれは驚きでは無いんだけど、歯科でも舌切んのかい!ってところに驚いた。切れるんだね、歯科でも。
ちょうど来週CTと耳鼻科の予約を入れてあるので、すべてはその場でわかるのかもしれない。まー、どちらにせよ切るみたいだけど。どうなんのかな。

Comments are Disabled