ナメてんの?

仕事の話。
弊社が身を置くWeb関連の業界では、何か事が起きた際にクライアントさんが悪いと言い出す人が多くて辟易している。弊社はWebサイトの運用作業を生業としているので、商流としては末端に位置している。その場所から上を眺め続けること20年、何かが起きたとき、さすがにどの箇所がアレなのかはよく見える。弊社から見る限り、クライアントさんが悪いなんてことはほとんど無い。指示に誤りがあるとか、高圧的だとかそんなケースも散見されるけど、指示のミスなんてものは指示内容を見れば未然に防げるものが多いのに、それができないのは指示される側の経験と技量と当事者意識の不足から来るもので、それを「クライアントさんが悪い」なんて言ってしまうことが驚き。恥ずかしいわ。こっちはプロなんだからプロの仕事をすればいいだけなのに。自分たちがプロだって意識も無いのかな。なんか素人みたいなことを言う人が多くてね、本当に辟易している。クライアントさんは素人だからプロにお願いをしてきているわけで、クライアントさんに教えてあげることもしないくせに(できないの?)、クライアントさんがミスをすると自分たちのミスと同列に扱おうとする。で、自分たちがミスをするとクライアントさんが悪いと言い出す。これさ、本当にずーーーーっとこうなのよ。Webをはじめて20年。ずーーーーーーーーっとこう。どの現場を見ても似たり寄ったり。自分たちの能力が低いんだから、勉強して、経験積んで、依頼や制作のフローを変更して、クライアントさんの要求に応えることができる体制を作りゃいいのに。あ、自分たちの能力の低さに気づいていない人が多いのか。なるほど、今気が付いた。ってことは、末端にいる弊社から怒られて謝罪している上流に位置する方々は、怒られることで能力の低さに気づくことができたってことかな。こっちもいちいち怒るのも嫌でさ、心がすさみ続けてるんだけど、もしそれがきっかけで能力の低下に歯止めがかかるのならちょっと救われるかも。今はどこの会社も怒らない(叱らない)らしいからね。怒らないというか、怒れないのかな。なんか、あれだね、運動会で全員で手を繋いでゴールするのと似てる気がするよ。なんだろうね、こういうの。大丈夫なのかな?

Comments are Disabled