なぜ霊能者によって意見が違うのか

タイトルの件、僕も常々思っていたことなんだけど、現時点で「これでしょ」と思えるものをまとめてみようかと。複数の角度から考えるべきことなので分かりやすくまとめられるかは分からんけれど、自分の頭のなかを整理する意味でも、とにかくやってみようかと。

複数の霊能者が集まって、同時に同じものを霊視した場合、意見がバラバラになることがある。同時にオーラを見ても「金」だという人もいれば「青」だという人もいる。ある場所を霊視しても「笑顔の女の子がいる」という人もいれば「血だらけの女の子がいる」という人もいる。この状況をテレビで放送すれば、それを見ている視聴者が「霊能者ってインチキなのかな」と思うのも理解できる。霊能力を持たない(という言い方も間違いなんだけど)一般の視聴者からすれば霊能力を持っている人間は何でも見えるんだろうから、誰が見ても同じように見えないとおかしいと思えるんだろうなと。僕も初めはそうだった。意見が一致しないのは、そのなかにインチキが紛れてるからだろうなと。でも自分で霊界通信を受信するようになってからは、その大変さが分かったというか、こりゃ仕方無いと思えるようになった部分もある。
僕は霊界通信の受信に関しては自己流でやってきた。誰に教わったでもなく、経験を積み重ねることでやってきた。説明をすると、クライアントさんの顔の周囲を見ていると、僕の額から前頭葉の辺りというか、目と鼻の間というか、そのあたりから何らかの情報が入ってくる。単語で入ってきたり、映像で入ってきたりする。それら入ってきたものを僕のなかで解釈をして、日本語に翻訳してクライアントさんに伝える。ざっというとこんな感じ。なので複数の霊能者で意見が異なってしまうのは、その「翻訳」の際に間違えてしまうというか、間違えてはいないけど、使う日本語を間違えてしまうというか分かりにくく言ってしまうというか、そのあたりに原因があるのかなと思っていた。たとえば自分のことを言う場合、「僕」でもいいし「オレ」でもいいし「わし」でも「おいら」でも「ミー」でも何でもいいんだけど、印象って違うでしょ。そのあたりの少々のズレが積み重なることにより、最終的には大きくなってしまうのかなと。それともうひとつ、霊界通信の相手にもよるのかなとも思っていた。霊界通信の相手は所謂「霊魂」であり、言い方を変えると「僕らより先に死んだ人」なわけ。そのお相手は高級霊であることが望ましいけれど、そうでは無い場合、結局のところは「元人間」なので、間違えることもあるのかなと。肉体を失った霊魂は嘘はつかないというけれど、間違えることはあるみたいだし。
というね、そのふたつのことが原因で、霊能者同士の意見が違ってくるのかなと思っていた。でもね、1年ちょい前あたりからはじめた英国スピリチュアル協会周りやら密教周りやらの勉強を進めていくうちに、その原因は他にもあることが見えてきた。それはね、霊能者自身。その時点で霊能者が持ち合わせているものによって、見え方やら感じ方やらが違ってくるのかもしれないなと思えた。霊能者が持ち合わせているものって何かと言うと、霊能力関連のことがらだけでは無く、それまでに経験した全てのこと。考え方もそうだし、嗜好もそうだし、とにかくその霊能者が持ち合わせている全てのものごとによって、そのあたりに違いが出てくるんだなと。例を挙げると、もう10年以上前の話だけど、皆で一緒にオーラを見る機会があった。そのときに僕に見えたのはバイオレットのオーラだった。水色が見えると言っている人もいたけれど、僕にはバイオレットのオーラしか見えなかった。クライアントさんのオーラでよく見えるのは金とバイオレット。たまに緑も見えるかな。それ以外の色はその時点の僕には見えなかった。でもオーラには金とバイオレットと緑しか無いわけじゃなく、その他の色ももちろん存在する。ではなぜ僕にはそれしか見えなかったのかと言えば、おそらくは僕のなかにその3色しかストックされていなかったから。だから僕が持ち合わせている金とバイオレットと緑しか見えなかったんだろうなと。

霊能力を発揮している状況とは、言うなれば霊魂と人間(霊能者)とが共同作業をおこなっている場とも言えると思う。霊魂側から送られてきたものを人間というフィルターを通してクライアントさんに示すことになるけれど、どんな霊魂がどんなフィルターを通すのかによって、そこからアウトプットされる情報には差が出てしまう。目の細かいフィルターなのか荒いものなのか、透明なのか色が付いたものなのか。とても根本的な部分だけど、結局はそこなんだろうなと、現時点の僕は思う。霊能者と言えど人間だから。肉体をまとった人間なので、それまでの生き方がそこ(肉体+霊魂)からのアウトプットに交じってしまうんだろうなと。「良い・悪い」では無く。なので霊能者から出てくるものはそれぞれだろうし、霊能者の言うことは「絶対」では無く参考意見程度にすべきと思うし、複数の霊能者を比較するというのもアリだと思う。自分と意見が合致する霊能者に出会えるまで探し続けるべしということでは無く、複数の霊能者の言うことを客観的にとらえ、採用すべきものは採用すればいいし、イマイチだと思うものは却下すればいい。そのあたりの判断は、ご自分の胸に聞いてみるしか無いだろうな。

Comments are Disabled