ニュース News

トップ > ニュース > 個展「宿る」開催のお知らせ
個展「宿る」開催のお知らせ
自身2度目となる個展「宿る」を開催いたします。
ライフワークとしている夜明け前の鵠沼海岸をモチーフとした作品とは異なる色彩豊かな作品からは、安西祐輔の新たな一面を垣間見ることができるものと思います。
お誘いあわせのうえ、お気軽に足をお運びいただければ幸いです。

宿る

この作品は、日本人が古来より自然崇拝の対象としてきた海、川、森をモチーフとして、精霊、霊魂、神々等の目に見えぬ存在を視覚的に表現することを試みることで、現代では希薄になりつつある日本人としての共通意識、すなわち目に見えぬ存在に対する祈りと感謝の想いを呼び起こすことを目的としたものである。日本人は、古来より精霊、霊魂、神々が自然の中に宿るという自然崇拝の思想を有しており、この世に存在する一切のものを八百万の神として神格化の対象としてきた民族である。

私の家族は三世代が同居する大所帯であったため、幼いころから神々への祈りと先祖への感謝の気持ちを持つことの大切さを、祖父母の世代の大人たちから教えられて育った。しかし現在では核家族や共働きで子供を持たない夫婦が増え、世代を超えた家族の繋がりは以前と比べて弱くなった。そして多くの家庭では、土地の神々を祀るための神棚や、先祖を敬うための仏壇を見かけなくなった。それにより、我々の生活の中から祈りや感謝の機会が減少した。時代の流れとともに、我々は大切なものを失いかけているのかもしれない。

この国には八百万の神が住んでいる。この国はそれら八百万の神と、我々の心に宿る祈りと感謝の想いにより成り立っていると思う。これからも私は写真を通してその大切さを伝えて行きたい。

安西祐輔

デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿
GALLERY WEST 1-B
東京都渋谷区神宮前3-20-18
03-3479-1443
http://www.designfestagallery.com/about/access
2016年5月24日(火)~29日(日)
11:00~20:00(最終日は17:00まで)
入場無料

お問い合わせ