写真教室

そういえば、今年から写真教室をお休みしている。通い始めたのが2003年だか2004年で、途中で6~7年ほどお休みをして、6~7年ほど前に復活をしたんだと思うけど、その写真教室を昨年末をもってお休みをいただくことにした。写真が嫌いになったとか、通うのがめんどくさくなったとか、クラスメイトが気に食わないとか、オレ様には教室なんてものは必要無いとかそういうことでは無い。同じような目標に向かって刺激しあい切磋琢磨しあえる仲間がいるのは有難いことで、誰の目も届かないところでは手を抜くことが常習である僕からすると、そんな仲間たちと同じ時を過ごせないのは怖いこと。マイナスでしか無い。なのでまた、然るべき時期に復活をさせていただくつもりでいる。それまでに作品のひとつやふたつ、見せられるようにしておかないと。

日の丸

年末年始休暇中、ヤボ用があって数時間だけ弊社事務所に立ち寄った。駅を降り、事務所へと向かう坂道を歩いていると、道の両側にいくつもの日の丸がたなびいていることに気が付いた。普段は人も車も多い道だけど、さすがは年始だけあって、そこには僕しかいなかった。だれもいない道にたなびく無数の紅白を見て美しいと思った。元日に訪れた妻の実家付近の家々の玄関にも日の丸がたなびいていた。
かつては我が家(実家)も祝祭日には玄関に日の丸を掲揚していた。祖父母が他界してからなのかその前からなのかは知らないけれど、ここのところ我が家で日の丸を見かけることは無い。なぜ掲揚しなくなったのか、その理由を聞いたことは無いけれど、おそらくは「面倒だから」とかその程度の理由だと思う。そこに深い意味は無いのだろうと。僕も僕で、日の丸を美しいとは思うものの、自宅に掲揚しているかというとそんなことは無く、そもそも日の丸すら持っていないという体たらく。心のなかを覗くと、そこには「面倒なことに巻きこまれたく無い」という思いが見え隠れしている。
この国では、政治の話をしたり、それに近いことをすると煙たがれる風潮にあると思う。日の丸の掲揚もそのひとつで、単に国民の祝日を祝うための国旗の掲揚にも関わらず、右翼だとか軍国主義なんていうキーワードを持ちだされることがある。突き詰めて考えると、それはこの国が戦争に負けたからなんだろうなと思えるけれど、それを言うとまた面倒なことに巻きこまれがちなので言わないようにしている(書いてるけど)。ほんとは大手を振って日の丸を掲揚したいところなんだけどね。

舌癌手術後の経過など

弊社は今日が仕事始め。なので今日から日記も再開する。

昨年末の12/18(火)に入院をし、12/27(木)に無理矢理退院してそのまま出社し、12/28(金)から1/6(日)まで年末年始休暇だった。12/27(木)に退院しなければ20連休になるところだったけど、出社できたので9連休と10連休に分断することができた。だから何だということでも無いけれど、そういう事実がありましたよということのみ書いておく。まぁ、9連休と10連休とはいえ実質的には術後の静養期間だったので、休みというものとも違うけれど。
術後の経過について書いておくと、前回(ステージ2)と比べて食べれるし喋れる。縫合した箇所が突っ張るので舌はまだまだ動かしづらいけども。食べるにも、縫合していない方の口に小さくした食べ物を入れて食べているので、遅いしあまり美味しく無い。食べ物って、口のなか全体を使って食べるから美味しく感じるみたい。口のなかを片方しか使わないと、美味しさって半減どころか1/5くらいになっていると思える。ただ量に関しては前回とは比較にならないほど多く食べることができているので、4kg減った体重が戻るのも時間の問題だと思う。あとはしばらく微熱が続いていたように思うけど(計って無い)、ここ2日くらいでようやく元に戻ったような気がする。

そういえば、今回も部屋は差額の料金を支払って個室を利用した。ただ、気になったのはその部屋の空気。もわんとしているというか、なんだか微妙に重みがあるように感じた。なので入院後すぐにでも綺麗にしたかったけれど、初日は先生方がどんどん部屋に入ってくるし、2日目は朝から手術だしでなかなかその機会に恵まれなかった。3日目だか4日目だかにようやく除霊をすることができたものの、なにせ舌を切ってるもんだからうまく真言を唱えられなくてね。これじゃ効かねぇんじゃないかとか、いやいやこういうものは思いが大切なんだから口が動かなくても大丈夫だとか思いつつ、結局は2度除霊をすることで綺麗になったんじゃないかなと。3日目だか4日目だかに1回と、6日目だか7日目だかに1回の計2回。入院生活の後半はもう自分の部屋みたいだったもんな。

入院10日目(退院)

今朝退院をして、既に事務所にて仕事をはじめている。仕事をしながら思うのは、身体に合った椅子はいいなということ。病院の個室に置いてあった椅子とベッドで腰をおかしくした。いつもの呼吸&ストレッチは病院でも続けていたけれど、これについてはそういう問題では無い。姿勢が変わると身体も痛めるよね。合う・合わないって大きい。

ステージ1の舌癌の手術ならびに10日間の入院生活を終え、今までも書いてきたけどもいちおうまとめて書くとだな、舌癌のステージ1と2とでは大違いだと知ったよ。1だと術後もさほど辛く無いし、会話もなかなか早い段階から可能だし、なので筆談器はいらないし、今日は朝ご飯にパンが出たし。「わ、絶対無理」と思うことが頭に浮かばない。どんなことでもなんとかなるんじゃなかろうかと思える。もちろん無理をすると縫合がとれて出血して大変なことになるのかもしれないけれど、食べ物は縫合していない側で食べて、歯磨きは舌に当たらないようにして、舌をぐるんぐるん動かしたりしなければ大丈夫。強いて言えば、術後に熱が出たことによるダルさと、何もすることが無いヒマさが辛かったくらいかな。

さて、弊社は今日で仕事納め。この日記も明日から1/6(日)までお休みをいただく。それまで皆さまお元気で。アディオス、セニョリータ。

入院9日目

昨晩からご飯が全粥きざみ(お粥+きざんだおかず)になり、今日の昼から全粥食一口大(お粥+一口大のおかず)になった。この全粥食一口大がいわば退院のための最終試験のようなもので、わたくしこれを難なくクリアできたので、めでたく明日退院することとなった。
っつーことで、明日のAMに退院し、前回同様そのまま仕事に向かう。弊社は明日が仕事納めなので、それまでには退院したいと思っていた。間に合ってよかった。明日の日記は事務所で書くことになるな。