Posts in Category: 食べ物

銀座ふくよし

先日、「美味しかったもの」というタイトルで日記を書いた。そこでは今までに食べたもののなかで美味しかったものを羅列したけれど、実は一店舗、完全に失念していたお店がある。それはだな、東銀座と赤坂に店を構える「銀座ふくよし」だよ。なぜ失念していたのかって?それは単なる「老い」だろうよ。

銀座ふくよしは鰹だしをベースとしたたこ焼きを出してくれるお店で、ソースもかつお節もかけずに塩だけで食べる「そのまんま」というたこ焼きが非常に美味しいし人気もあるんだけど、なんつーか、ふくよしのたこ焼きが美味しいのは僕のなかでは既に当たり前になっているので、その次に美味しいものは何なのかっつー話をするけれど、あのね、から揚げが美味しいのよ。ふくよしのから揚げ、初めて食べたときは驚いた。すげぇ柔らかくてな。思わず「これ、どうやって作ってるんですか?」って聞いたほど。それと焼きそばな。これもフツーの焼きそばとは違って辛いのよ。辛いから、一緒に出てくる生卵をそばつゆみたいにつけて食べるの。この辛さと生卵の加減が絶妙でさ。うまいったらありゃしない。で、最後にこいなり(小さいお稲荷さん)をお土産に買って帰って翌朝食べるというのがいつものパターン。
ただ残念なのは、このお店、人気が出すぎて予約無しでは入れないほどになっちゃった。美味しいことが知られてしまったのだよ。銀座と赤坂、どちらかと言えば赤坂の方が当日でも入りやすくはあると思うので、ご興味のある方はぜひとも。最初に「そのまんま」と「から揚げ」を頼んで、次に「焼きそば」な。「こいなり」は在庫が無いこともあるから、お店に入ったらすぐに確認をしておくといいのかも。

美味しかったもの

歳をとるとそれに比例して様々な経験もしているわけで、たとえば世の中的に「美味しい」と言われているものの多くは既に口にしているのではなかろうかとも思えてしまう。で、今までに食べたもののなかで美味しかったものって何かなーと考えてみて、すぐに頭に浮かぶものを羅列してみるとだな、鎌倉の常盤口付近にある「ちんや」の餃子、たまプラーザの川沿いにある「Version W」の担々麺、三崎にある「成龍丸」の金目鯛の冷しゃぶ、われらが「ブラザー」こと田町にある「焼鳥嘉とう」のレバーペースト、鎌倉の雪の下にある「Cafe Rietta」のプリン、秋田県能代にある「宝むらん」のカツレツ、横浜の市が尾にある「Bubble Over」のチキンパルメザンとメープルシフォンケーキ(Lucy’s Bakery)かな。ステーキやら鰻やら寿司やら焼肉なんかももちろん美味しいんだけど、高いお金を払って食べるものは美味しくて当然みたいなところがあるので割愛したわ。
仮に今、どれを食べたいかと問われれば、Version Wの担々麺と餃子かな~。

自然派ワイン

昨晩は安西家の全員の帰りが遅くなったので、家族揃って外食をすることに。
お目当てのお店に行ったら「今日は満席です」と冷たい態度であしらわれたので、商店街の先の方にある、普段は通らない道沿いにあるイタリアンのお店に入ってみた。初めてのお店なので、おそらくはそのお店の顔的メニューなんだろうなということで、コース料理を頼んでみた。味はまずまず。
前菜が二種類でてきたあたりで、普段はお酒を飲まない僕でさえ、ワインが飲みたいなと思えた。お酒とのマッチングを考慮したうえでの味付けなんだろうなと。壁には「自然派ワインを中心に取り揃えています」と書かれていた。何をもって「自然派」なのかなんてことはお酒に関する情報弱者である僕には知る由も無いけれど、自然派ワインと聞いて頭に浮かぶのは、過去に僕とのご縁があったYさんのこと。
Yさんは、僕と知りあう前はフランスにワインの修行に行っていたらしく、僕と知りあってからはイタリアへと旅立ち、ピエモンテのワイン農家(?)に弟子入りをした。今もそこでその自然派のワインを作っているはず。Yさんからは日本では発売されると同時に瞬殺されるほどのカルトワインだと聞いていたので、店員さんに「置いてありますか?」なんてことは聞かなかった。無駄なんだろうなと思えて。でも、彼女が作ったワイン、一度飲んでみたくてね。どこかで出会えないかなと思っている。

美味しいトンカツ屋の罠

我が家の近所にとても美味しいトンカツ屋さんがある。美味しいだけで無く、接客も気持ちいい。本来であれば毎週でも通いたいところだけど、実際には2カ月に1度ほどしか足を運んでいない。なぜか。そのお店ね、換気扇を回してくれないのよ。店に入るともう目が痛い。店を出ると尋常では無いほど油臭い自分がそこにいる。なのでそこのトンカツ屋さんに行くと、身体と服の丸洗いは当たり前として、カバンや帽子やヅラまでも全て洗濯しなければならなくなる。その部分でハードルが高いのだ。非常に美味しいトンカツを出してくれるだけにとても残念でなー。
ちなみに代々木のポパイ。そのトンカツ屋さんほどでは無いけれど、移転前は油の匂いがおまけで付いてくるようなお店だった。事務所に帰ってきてからのファブリーズは必須だった。移転してお店が新しくなった今ではカウンターに座っても全く油臭くならなくなった。なので今では気軽に行けるようになったのだ。ポパイ優秀。

食べ物

先日、多摩川河川敷の定例パトロールを終えたあと、このまま帰宅するのもアレだなぁという気分になり、パトロールに同行していた妻隊員に確認をしたところ「自分も同意見であります隊長」と言うので、であれば駅近辺でお茶でも飲んで帰ろうじゃないかということになった。
我が家の最寄駅周辺には数軒の喫茶店があるものの、喫茶店と言うだけあって少なからず喫煙者もいらっしゃる。受動喫煙はなるべく避けたいところなので、となるとケーキ屋さんのイートインスペースに足を向けることになるわけだ。ってことでケーキと紅茶をいただいてから帰ったわけだけど、帰宅途中に一気に体調が悪くなったのよ。具体的に言うと、とても身体が重くなった。妻隊員が話しかけてくることすら面倒に感じる。過去にも同じようなことがあったので何となく察したのは「砂糖のせいだろこれ」ということ。帰宅後すぐに横になり、多少回復してからGoogle先生に質問をしてみたら、やはりまぁ思った通りのことが書いてあった。その状況に陥ると何をするのも面倒になるので細かなことは覚えていないけど、いきなり甘いもの食べちゃだめだとか、糖尿病だとか、そんなことが書いてあったと記憶している。なにせ痛風持ちなので普段から食事には気を付けているつもりだけど、歳も歳だしもっときちんとしないとイカンのだろうかと思い、朝昼晩のなかで最も食が乱れやすいであろう昼ごはんを改善できないだろうかと。痛風持ちだけど人嫌いでもあるので昼食は野菜を中心としたお弁当をスーパーやナチュラルローソンで買って事務所で食べることがほとんどだったけど、最近ではきちんと作っていそうなお店、つまりはチェーン店では無く「おふくろの味」的なお店で食べるようにしはじめた。本当は蒸し野菜に小さい魚を添えた料理とかそんなものを食べたいんだけど、実際、なかなか難しいよね。みんなはどうしてんだろ?