Posts in Category: 雑記

郵便

郵便局に行った。僕の前に並んでいた初老の男性が受付の男性に対して「これいつ着くの?」と聞いていた。自分の出した郵便物がいつ相手方に到着するのかを知りたかったらしい。僕はそれを気にすることも無く、順番が来たので「普通(郵便)でお願いします。」と言いながら郵便物を受付の台の上に置いた。ふと視線を斜め下にずらすと、さきほどの男性が出したであろう郵便物が置いてあった。英語で書かれた絵ハガキだった。いろいろなことが飲み込めて、なんだか温かい気持ちになった。1分でも1秒でも早く、相手方に届きますように。

山とか湖とか

海外の映画を見ていると、主人公の男性が人里離れた山奥で犬と一緒に暮らしていて、その彼の力を借りにどこからか誰かがやってくる的なストーリーが多い。その主人公は何らかのジャンルにおいて伝説の人物だったりするんだよな。で、そんな映画を見ながら思うのは、海外ってホントにこんな暮らし方が普及してるんだろうかということ。湖のほとりやら山奥やらにひとりで住むってそんなに珍しいことでも無いのかね。それともいくら海外とは言え「映画のなかの話」なんだろうか。
どうしてこんなことを思うのかというと、僕も子供の頃から、湖のほとりの平屋で暖炉の前に大型犬を寝そべらせてソファーに座りながら紅茶を飲んでいる自分の姿やら、山のふもとの小さな掘っ建て小屋でろくろを回している自分の姿が頭に浮かぶのよ。スーツを着た二人組が山の上まで僕の陶器を買いに来るの。なので海外の映画に出てくるような生活がさ、さほど珍しいものでは無いのであれば、なにげに僕もありうるのかな、なんてことを思うのさ。
日本でそれをやろうとすると不動産の取得の段階で難しそうだなとは思うけども、できるのであれば興味はあるんだよね。もうね、パソコンから離れたくて。文明から少しだけ距離をおいたくらいのところに暮らしやすさがあるように思えてね。

長袖と短パン

ここのところ暑くなってきたけれど、僕は半袖のTシャツの上に長袖の何らかを羽織り、下は短パンのことが多い。真っ当なお仕事をされている方々はさすがに短パンでの出社は厳しいだろうな。長いパンツに半袖だろうか。
上でも下でもいいけれど、どちらかで肌を露出しておけばある程度は涼しさを感じることができる。ただ思うのは、身体のことを考えるのであれば下半身を露出することが良いと思う。こう書くと変態みたいなので書きなおしてみるとだな、健康を考えた場合には、上は長袖、下は短パンがベストだと思っている。内臓は冷やさない方がいいからね。
涼しさだけを求めるのなら写真の子供のようなスタイルが良いだろうけど、大人がこれだと捕まるから。

Made in Japan

昨日は友人のショーコ画伯(ナカザワショーコ)の個展にお伺いし、その帰りには普段から愛用しているスニーカーの販売店に足を運んだ。

画伯の個展は大盛況で、特に海外の方が多いように思えた。片言の日本語でサインをお願いする姿は微笑ましくもあり、嬉しくもあり。
スニーカーのお店では、試着(と言うのか?)した「「NIPPON MADE」シリーズ」のスニーカーの履き心地の素晴らしさに驚愕し、予定外だったけれど、その「NIPPON MADE」をカスタムオーダーすることに。色や素材を自分で選んで(カスタムして)作ることができるのよ。到着が楽しみ。
そして深夜には我らがサッカー日本代表がワクワクする試合をしてくれたし、いろいろなところでMade in Japanの活躍を目にすることができた一日だったなと。

みんなありがとう。僕は日本を代表してはいないけれど、みんなのおかげでなんだか僕も頑張ろうと思えたよ。

ドキドキとワクワク

さて今日も日記を書こうかなと思っていたところで玄関に誰かが来た。僕では無く部下が対応したけど、そっちに気をとられたおかげで書こうと思っていたことを忘れたじゃないか。ちなみに玄関に来たのはヤマトさんで、部下がレンタルしたニコンのカメラを持ってきた。うちの部下は台湾が大好きで、少なくとも月に1度は遊びに行っている。金曜の夜か土曜の早朝の飛行機に乗り、月曜の早朝に事務所に戻ってくる。そんなことをおそらくもう7~8年は続けてるんじゃなかろうか。その旅に出かけるたびにニコンのカメラをレンタルしてんのよ。さっき初めて「それいくらで借りてんの?」と聞いてみたら、金~月の4日間で6,000円だそうだ。安いよね。
ここで日記に書こうと思っていたことを思いだしたので少しだけ書いてみると、今の自分の仕事や趣味とは全く関係の無いジャンルのことを仕事や趣味にしている人と話しをしたいと思って。話しをしたいというか、聞きたい。ハタから見れば僕はもう中年のオッサンだろうけど、まだまだ知らない世界と出会いたいのだよ。新しいことを学びたい。ドキドキとワクワクって意外なほど身近にあるような気がしてな。それってきっと、人の数だけあると思うんだよね。