Posts in Category: 雑記

御眷属拝借

崇敬神社の御眷属を拝借した。って分かりにくいと思うので分かりやすく言い変えると、僕が崇敬している神社があるんだけど、その神社では御眷属をお札のかたちで1年間レンタルしていただけるので、お借りしたということ。本当は今月末に宿坊にお籠りをさせていただく手筈を整えていて、その際にご祈祷&御眷属拝借をお願いするつもりでいたんだけど、事情により参拝できなくなったの。なので今回は初めて郵送にてお送りいただいたというわけ。3年ぶりに参拝できるはずだったんだけど、こればかりは仕方が無いからね。
ってことを書くと、ネットで検索をして、僕も私もということで御眷属を拝借をしたいと思う方もいらっしゃると思うけども…もろもろ自己責任でお願いしますね。脅しているわけでは無く、なんつーか、心構えの部分で。

整理整頓

「断捨離」なんて言葉が世に出てきたのはいつ頃だっただろうか。僕も断捨離をしたいとおもって着手はするんだけど、これはまだ使えるからとか、まだ買ってから間もないしとか、いつか使うときが来るだろうとか、いただきものだしなとか、そんな理由で結局は捨てられずにいるもので溢れている。以前、部屋の整理を生業のひとつにしている友人が、「荷物を押入れにしまうことが整理では無い。それは隠しただけだ。」と言っていたけど、今の我が家はまさにそんな感じなんだろうなと。本当は不要にも関わらず捨てられないものたちが押入れを占領している。
ここはひとつ踏ん切りをつけて、現時点で使っていないものは否応なしに捨てまくるしか無いかなと思ってるんだけど、ハサミって燃えないゴミでいいんだっけとか、パソコンはメーカーに頼まないとダメなんだよなとか、箱に入ったままのものは箱から出してから燃えるゴミやら紙やらに分類しないとならないんだろうなとか、平たく言えばめんどくさいことだらけだ。捨てるにもたいへん。世の中ってたいへん。事業ゴミのシールを貼れば分別しなくてもいいんだっけ?なんかもう、そこからなんだよな。頑張らなきゃ。

で、今日は父親の誕生日。おめでとう、お父さん。いくつになったのかはイマイチわからん。

秋とオッサン

ここのところ肌寒さを感じる機会が増えてきた。名実ともに秋が来てくれたらしい。コーンスープが美味しい季節がやってきたとも言える。
気温が低くなることで、既に人生の午後を迎えているオッサンとしては気を付けねばならないことがふたつ出てくる。ひとつは腰痛、もうひとつは痛風だ。前者は分かるだろうけど、身体が冷えると身体を痛めやすくなるってこと。なので暖かい時期よりも入念にストレッチをして身体を柔らかく保つ必要がある。後者はアレですよ、寒い時期は暑い時期と比べて水分の摂取量がガタッと下がるので、血中の尿酸濃度が上がりやすくなるということ。尿酸濃度の上昇は痛風に繋がるので、寒い時期は通常よりも意識して水分を摂る必要があるのだよ。
世のオッサンたち、上記二点について、意識した生活を送ろうじゃあーりませんか。人生の午後とはいえ、まだまだいけるんだよ、ぼくたちは。

モチベーション

プロ野球を見なくなって久しいけれど、シーズン中はパッとしなかった読売ジャイアンツがクライマックスシリーズを勝ち進んでいることは知っている。高橋監督が今季限りでの退任を発表したことで選手たちが奮闘しているとのこと。正直、なんだかなぁと。「できるなら最初からやれ」との声がチラホラ聞こえてくるけれど、優しい見方をすれば、まぁ、モチベーションってのは大切なんだろうなぁとも思え。
高校生の頃、近所の高校の文化祭に僕らバレー部が招待された。その高校のバレー部の文化祭の出しものとしてバレーの試合がしたいと。その相手をしてくれとのことだった。それまでその高校には負けたことが無かったけれど、その日は強くてな。勝つには勝ったけれど、初めて1セット落としたわ。なにせ体育館にいる全員がそちらの味方なので、その声援に後押しされる形で強いったらありゃしなかった。最後には自力で勝る僕らが勝ったけど、あれもモチベーションだよね。

っつーか後者はいいとして、前者はやはりどうかと思う。プロとしてどうなのかと。プロフェッショナルを名乗る以上は責任を持って職務にあたっていただきたく。平たく言えば、モチベーションうんぬん言ってないで(言ってないだろうけど)毎試合全力を出しやがれと思うのでござるよ。ファンは全力を望んでいるのだよ。夢を託してるの、あなたたちに。夢を見ているの。

親友の定義

中学生みたいなことを言うようだけど、僕はいまだに親友の定義がわからない。俗に「何でも言い合える仲」なんてことを言うけれど、何でも言い合えるからといって、それだけでその相手を親友と呼んでよいかというと、微妙だなとも思える。何かが足りない気がする。実はひとりだけ、彼は僕の親友だろうと思える人物はいるのだけど、当人に「おい、親友よ」なんて声をかけたことは無いし、ましてや向こうはどう思っているかもわからない。「何でも言い合える仲か?」と問われれば、「会ってもあまり話しません」としか言えない。そう、会ってもあまり話さない二人だけれど、僕は彼を親友ではなかろうかと思っている。

で、先日、久しぶりに会った友人(先に述べた「親友ではなかろうかと思っている彼」では無く、別の友人)に「親友っている?」と聞いてみた。すると彼女は「それ、私も考えてたんだけど、分かったの。」と言った。考えた結果、彼女の親友とは彼女のお子さんだと気づいたんだって。それを聞いた瞬間、なんだか胸がスッとした。心が晴れやかになった。彼女のお子さんが彼女の親友だという説明はとてもしっくり来たし、であれば僕の親友は僕の妻じゃんかと思えた。もちろん、先に述べた彼も僕の親友だろうと思うけど、僕の妻が僕の親友であることは、今では疑いようが無い。気づかせてもらえて良かった。