Posts in Category: 舌癌

診察の結果とこれからのこと

昨日は人生二度目の舌癌の手術が終わってから初めての診察だった。年始ということで、いつもなら15分から30分ほど待てば呼ばれる診察も、中待合に入るまで1時間35分かかった。先生は「申し訳無いです」と仰っていたけれど、先生のせいでは無いし、特に何とも思わなかった。むしろ「ご苦労さまです」と言ったところだ。

癌には良性と悪性とがあって、それを見極めるためには時間がかかる。見極めている間にも癌は進行するので、最近ではそれを見極めること無く手術に踏み切るのが一般的だと思う。というか、僕の場合は二度ともそうだった。切除してから検査に出して、良性だったのか悪性だったのかが分かるのは手術の数週間後。昨日、その結果を伺った。結果としては予想通り悪性。さらに言うと、切除した舌は予想通りに浸潤は無かったので「深さ」については問題無いけれど、「横方向」については少し懸念があって、切除した部分のギリギリにまでザラザラな部分(と先生はよく口にする)があったので、もしかすると今回の手術で全ての癌を取り切れていない可能性もあると。なので今後も注視していきましょうとのことだった。
癌を取り切れていない可能性もあるということについて不安に思う人もいるだろうけど、僕の場合は特には何とも思わないというか、フツーなことだと思っている。切らないと分からないことはあるわけで、全ての検査を終えてから手術をするとなると、たとえばステージ1だったものがその間にステージ2や3になる可能性もあるわけで、ではどこを重視すべきかというと「すぐに切除すること」だと思える。また、手術の時点では舌のどこからどこまでを切除すべきかは分かりにくいのだから、そのあたりで予想と違う結果になることもあるだろう。素人考えとして、念のために大きく切るという方法もあるのだろうけれど、大きく切ることで患者に与えるマイナスもあるしな。一生喋りにくくなるとか、食べにくくなるとかさ、考えられるよね。であれば、なるべくでもそうならないようにしたいと思うのが通常だと思う。なので今回は結果として切除した部分のギリギリのところにもザラザラがあったってことであって、それはもう仕方の無いことだと思う。ザラザラがあったからといって必ず再発するわけでは無く、もしかすると全ての癌を取り切れている可能性だってあるのだから。むしろそっちの可能性の方が高いんじゃないかな。

ってことで、今後も通院して検査を受けて行くわけだけど、心配していてもしょうがないことなんだから、むしろ毎日を楽しく過ごしたいと思う。家族と、仲間と、思い出に残るような経験を重ねていきたい。

診察

今日はこれから病院。二度目の舌癌手術後初の診察。初の診察なので悪いところは見つからないと思う。
この時期に注意すべきはおそらくは転移だと思う。舌癌は首のリンパに転移しやすいから、首にしこりができていないかを日々チェックすることになる。他の癌のことは知らんけど、舌癌ってのは発症しないように注意できるようなものでは無く、早期発見に全力を注ぐくらいしか無い。早めに気づいて早めに切るしか無いんだろうなと。なので「気を付けてね」という有難いお言葉をいただいたとしても、未然に防ぐことができるようなものでは無いので、そういうところだけは真面目な僕からすると、何とも返事が難しい。でもそのお気持ちだけは受け取れるから「うん、ありがとう。」でいいんだろうな。お気持ちが有難いんだから、ありがとうだろう。

なんだか中途半端だけど、そろそろ出ないとイカンから、今日のところはこれくらいにしといてやる。

舌癌手術後の経過など

弊社は今日が仕事始め。なので今日から日記も再開する。

昨年末の12/18(火)に入院をし、12/27(木)に無理矢理退院してそのまま出社し、12/28(金)から1/6(日)まで年末年始休暇だった。12/27(木)に退院しなければ20連休になるところだったけど、出社できたので9連休と10連休に分断することができた。だから何だということでも無いけれど、そういう事実がありましたよということのみ書いておく。まぁ、9連休と10連休とはいえ実質的には術後の静養期間だったので、休みというものとも違うけれど。
術後の経過について書いておくと、前回(ステージ2)と比べて食べれるし喋れる。縫合した箇所が突っ張るので舌はまだまだ動かしづらいけども。食べるにも、縫合していない方の口に小さくした食べ物を入れて食べているので、遅いしあまり美味しく無い。食べ物って、口のなか全体を使って食べるから美味しく感じるみたい。口のなかを片方しか使わないと、美味しさって半減どころか1/5くらいになっていると思える。ただ量に関しては前回とは比較にならないほど多く食べることができているので、4kg減った体重が戻るのも時間の問題だと思う。あとはしばらく微熱が続いていたように思うけど(計って無い)、ここ2日くらいでようやく元に戻ったような気がする。

そういえば、今回も部屋は差額の料金を支払って個室を利用した。ただ、気になったのはその部屋の空気。もわんとしているというか、なんだか微妙に重みがあるように感じた。なので入院後すぐにでも綺麗にしたかったけれど、初日は先生方がどんどん部屋に入ってくるし、2日目は朝から手術だしでなかなかその機会に恵まれなかった。3日目だか4日目だかにようやく除霊をすることができたものの、なにせ舌を切ってるもんだからうまく真言を唱えられなくてね。これじゃ効かねぇんじゃないかとか、いやいやこういうものは思いが大切なんだから口が動かなくても大丈夫だとか思いつつ、結局は2度除霊をすることで綺麗になったんじゃないかなと。3日目だか4日目だかに1回と、6日目だか7日目だかに1回の計2回。入院生活の後半はもう自分の部屋みたいだったもんな。

入院10日目(退院)

今朝退院をして、既に事務所にて仕事をはじめている。仕事をしながら思うのは、身体に合った椅子はいいなということ。病院の個室に置いてあった椅子とベッドで腰をおかしくした。いつもの呼吸&ストレッチは病院でも続けていたけれど、これについてはそういう問題では無い。姿勢が変わると身体も痛めるよね。合う・合わないって大きい。

ステージ1の舌癌の手術ならびに10日間の入院生活を終え、今までも書いてきたけどもいちおうまとめて書くとだな、舌癌のステージ1と2とでは大違いだと知ったよ。1だと術後もさほど辛く無いし、会話もなかなか早い段階から可能だし、なので筆談器はいらないし、今日は朝ご飯にパンが出たし。「わ、絶対無理」と思うことが頭に浮かばない。どんなことでもなんとかなるんじゃなかろうかと思える。もちろん無理をすると縫合がとれて出血して大変なことになるのかもしれないけれど、食べ物は縫合していない側で食べて、歯磨きは舌に当たらないようにして、舌をぐるんぐるん動かしたりしなければ大丈夫。強いて言えば、術後に熱が出たことによるダルさと、何もすることが無いヒマさが辛かったくらいかな。

さて、弊社は今日で仕事納め。この日記も明日から1/6(日)までお休みをいただく。それまで皆さまお元気で。アディオス、セニョリータ。

入院9日目

昨晩からご飯が全粥きざみ(お粥+きざんだおかず)になり、今日の昼から全粥食一口大(お粥+一口大のおかず)になった。この全粥食一口大がいわば退院のための最終試験のようなもので、わたくしこれを難なくクリアできたので、めでたく明日退院することとなった。
っつーことで、明日のAMに退院し、前回同様そのまま仕事に向かう。弊社は明日が仕事納めなので、それまでには退院したいと思っていた。間に合ってよかった。明日の日記は事務所で書くことになるな。