Posts in Category: スポーツ

そこに愛はあるのか

サッカー日本代表の次期監督に関する噂話がチラホラと出てきている。海外のビッグネームを軸として選考は進むのかなと思うけど、サッカーど素人の僕に言わせれば、監督は日本人のなかから選んでいただきたいなと。
特に野球の世界はそうだけど、アメリカではシーズンが終わるたびに「え、これってどこのチーム?」と思えるほどに選手が入れ替わる。プロスポーツとして自分を高く評価してくれるチームへ移籍することは当然のこととして受け止められている。サッカーも同じで、たとえまだ契約が残っていようが評価してくれるチームへ移籍することは不思議なことでは無いし、その代わり、ダメならすぐに首を切られる。選手については野球ほど入れ替わりが激しいとは思わないけど、監督についてはサッカーほど入れ替わりが激しいスポーツは無いと思う。昨今の日本の大企業も似たようなもので、親会社の役員が突然自社の社長として降りてきたり、他の会社の社長だった人物が自社の社長になることもある。社長も監督も、もはやひとつの特殊技能であり、次から次へと渡り歩くものなんだろうね。

何事も「ビジネス」として捉えた場合、それが正解なんだと思う。「監督業」や「社長業」に長けた人物を採用することで、ある程度の未来は保障されるのかもしれない。ただなんつーか、そこで気にかかるのは国民性なんだよな。日本人ってそこまでシビアな人種だったかな?というところ。「そうですよ、あなたが古い人間なだけですよ。」とのことであれば申し訳ございませんでしたと言うしか無いんだけど、社長であれば社を知っている叩きあげの人物が長になった方が社員の士気も上がるというか安心につながるように思えるし、監督として世界と戦うのであれば、日本人のことも、これまでの歴史も、喜びも悔しさも分かち合える人物にお願いしたいと思えて。まだまだ未熟な日本代表だけど、世界に追いつけというのは物理的(体格)な面でも厳しいところもあるので、既に持っているもの、つまりは日本人特有のものを伸ばす方向で考えられる人物がいい気がして。会社も日本代表も「チーム(家族)」である必要があるからさ、そこで大事になってくるのって愛だと思うんだよね。「和」の精神というか、心の部分というか、まずはそこなんじゃないかって。「ダメなら首を切れ」は、日本人には合わないような気がしてさ。日本ももうサッカー後進国じゃ無いんだし、なんでもかんでも世界に追従すればいいってもんじゃ無いと思える。

ありがとう

西野ジャパンのワールドカップが終わった。僕のワールドカップが終わった。僕は専門家では無いので難しいことは言えないけれど、これだけは言いたい。みんなありがとうと。おつかれさまでしたと。
西野ジャパン、とてもいいチームだったと思う。だからどこが相手でも勝てる気がしていた。点を入れられても入れかえせると思えた。攻め込まれても守り切れると思えた。そんな気持ちでサッカーの試合を見ることができたのは初めてだった。
西野ジャパンのサッカーは、欧州のそれとも違うし南米のそれとも違う、何か独特なもののように思えた。国立競技場でマイヤーがゴールを決めたあの日から、長かったような短かったような。ようやく日本ならではの形ができたのかなと、素人ながらに感じられた。あれから25年か~。
とにかくさ、僕は感動したのよ。だからありがとう、西野ジャパン。サッカーを知らん僕が言うのもアレだけど、誇れるチームでした。

南米といえば

以前、日本代表がコロンビアに4-1くらいのスコアで負けたのは前回のワールドカップだっただろうか。そのあたりはうろ覚えなんだけど、はっきりくっきり覚えているのは、コロンビアの女性はみんな綺麗なんだなということ。「なぜ南米には美女が多いのか」という疑問に対するひとつの説を読んだことがあって、その説はおそらくは都市伝説の類だろうとは思うものの、でもあり得なくは無いよねとも思えるもので、現時点の僕はそれを通説として採用している。というかなんだこれ、自分で書いててなんだこれと思えたので少し話を変えてだな、たとえば南米。南米と聞いて良い子のみんなが真っ先に思い浮かべるのはインカ帝国とか地上絵とか黄金ジェットとか川口浩で間違いないと思うんだけど、良い子のなかでも超がつく良い子だけがピンとくるのは火星人だよね。南米イコール火星人。かなり話を端折るけど、火星にいた生命が滅亡しそうになったとき、そこから救出された火星人たちが地球に移住させられたと。火星人は地球人と似ているけれど若干耳が尖っているのが特徴で、それを見られたらバレる可能性があると。なのでバレづらくさせるために、南米はサンタフェ山のふもとに一部族として居住させられてるって話ね。良い子のみんなは知ってて当然の話なのでこんなところに書いてしまうのもアレなんだけど、やっぱり南米と言えば火星人だよねということで、話を戻すと、次戦のセネガル戦では武藤と宇佐美が見たいぞと、そんなことを思うのであります。
『ムー』と『Newton』を愛読していた僕がお送りしました。みなさま良い一日を。

オッサンの挨拶

昨日の夕方、部下がテレビをつけたので何かと思ったら、オリンピックを終えて帰国した選手団の会見を見たかったらしい。僕も一緒になって見ていたら、最初に知らんオッサン3人が挨拶すんのよね。オッサン3人の挨拶のあとに選手たちの声を聞けたんだけど、最後に質疑応答をしていたマリリンの声が放送時間に収まり切れずに途中で切れちゃってさ。なんだよおいと。みんなが聞きたいのは知らんオッサンの挨拶では無く、選手の声だろと。そこんとこ、もうちょい考えてもらえなかったもんかなぁと思えた。
まだ僕が紅顔の美少年だったころ、少年野球の公式戦のたびに試合前に知らんオッサンたちの挨拶を聞かされていた。何人出てくんだよってくらい出てくんだよな。夏なんかひどくてさ、炎天下にそれをやられるもんだから、何人かの選手は倒れて運ばれてたりもしたもんな。試合するまえに暑さにやられて倒れるってなんだかなと。でもオッサンのなかにも空気が読める人がいたもんで、「暑いですね!みんな大変でしょう。なので一言。頑張ってください!!」で挨拶を終えた人がいて、選手一同拍手喝采だったのを覚えている。4年間の少年野球歴のなかで一人だけだけどな。
夏のオリンピックまでには空気読める人が増えますように。

オリンピックに思う

先月の下旬あたりは「あ、オリンピックって今年なんだね。え、来月なの?」程度にしか思っていなかったけれど、ここ数日はテレビから流れてくる彼等の勇姿に心動かされている。オリンピックにおいては、競技はもちろんだけど、その開会式につい涙してしまう。手を振りながら入場してくる彼等を目にすると、その笑顔の裏には並大抵では無い努力があったんだろうなと思えてね。彼等だけでは無い、彼等を支える存在、つまりは監督、コーチ、チームメイト、そしてご家族も共に努力されたのだろうなと。希望なんだよね、彼等は。

弊社事務所では、オリンピックのような大きなイベントごとがあるときにはテレビを付けっぱなしにしているけれど、男子ハーフパイプの予選を見ながら「こんなことができているのは、この国が大国だからなんだろうな。」ってことが頭に浮かんだ。オリンピックに出たくても出られない国、もっというと、オリンピックどころでは無く、毎日が生きるか死ぬかの瀬戸際だという方々もいらっしゃると思う。そう考えると、いまや「オリンピックに出場できてあたりまえ」である我々は、この国を築いてくれた先人たちに感謝しないといけないなと思えた。そのことを忘れちゃいけないなと。そして我々もまた、個人の主張ばかりを唱えるのでは無く、後人たちのために励んでいかないといけないなと思えた。