Posts in Category: スポーツ

夏のスポーツ

20160728

関東甲信地方は梅雨明けをしたとのこと。ジメジメは嫌いなものの暑いのもご遠慮願いたいので早く秋が来ればいいと思っている。秋になれば日が昇るのも遅くなるので、ライフワークである夜明け前の波打ち際の撮影も再開できるというもの。さすがに朝3時起きは人生の午後に差し掛かった四十半ばの男には辛いものがある。
テレビをつけると高校野球真っ盛りだということが分かる。選手の皆さんはもちろん、応援している皆さまもお暑いなかご苦労さまです。吹奏楽部もチアリーダーもそんなに頑張らなくてもいいから。くれぐれもご無理の無いようにしていただければと。
自分も小学生の頃は少年野球チームに所属していた。自分の思いに反してなかなかきちんとしたチームだったため、毎週末は否応なしに練習に試合に引っ張り出された。当時は運動中に水分を摂取することは厳禁だったため、炎天下でノックを受けながら「ボールから水が出ればいいのに」なんてことを考えたりもした。今思えばよく誰も倒れなかったなと。一人だけ鬼のようなコーチ、つまり鬼コーチがいて、そのコーチに対しては父兄からも様々な意見が出されていたりもしたのだけれど、そのコーチがおそらく独断で「夏休みの間、バッテリー(ピッチャーとキャッチャー)は毎日グラウンドに集まってこのまわりの道を10周走れ。1周700mだから10周で7kmだ。」なんてことを決めてしまい、2番手のピッチャーだった自分も巻き込まれた。後にも先にもあんなに走ったのはあの時だけだ。「ストライクが100球入るまで帰るな。」と言われたこともあったな。
いや、こんなことを言いたかったのでは無いので元に戻すと、僕らが子供の頃と比べて気候は変わっているように思う。夏が暑くなったと感じる。あの頃はなぜかは分からないけれど耐えられた。しかし昨今は暑すぎるので、この時期のスポーツには本当に気を付けてほしいと思う。とにかく水分の摂取をこまめに。無理はしないで。とても無責任な思い付きだけで言ってしまうと、なんなら夏の甲子園は秋にスライドしていただければと。引退の時期が延びることになるので受験勉強への支障も懸念されるが、命には代えられない。体育館にはエアコンを入れても良いと思う。この時期のバドミントンは地獄ではなかろうか?暗幕も扉も閉める必要があるのなら、エアコンは必須と思う。蒸されてしまう。つまり関東風のうなぎになってしまう。うなぎになっては困るので、体育館へのエアコンの設置を義務付けよう。都知事候補者の皆さま、体育館へのエアコンの設置を義務付けると宣言してみてください。少なくとも僕からの一票は確保されるはず。終わり。

納得

20140623

週末、僕の所有するスーパーカー(最高(限界)時速110km、リッター5km、ワイパーのビビリ有)にて都内を爆走していたところ、歩道にあふれる坊主頭&制服の大集団を目撃しました。そのあまりの多さに仏教学部の遠足の帰り道か何かなのかと思っていたのですが、ちょうどスーパーカーが信号で止まったところでその集団の噴出元であろう建物を見ることができました。納得です。講道館じゃーないですか。なるほど、講道館ってのは武道場のような外観をしているのではなくてビルの中にあるのですね。知りませんでした。
いまどき高校野球でも珍しくなりつつある坊主頭に清々しさを感じました。それと同時に彼ら彼女らの未来は明るいし、そうしなければイカンのじゃと思いながら、ガソリンを捨てながら走るような車で目的地へと向かうのでした。

今日の写真はまさに日記用として撮影をした鵠沼海岸です。海水浴客を迎える準備がどんどん進んでいます。

10.9と言えば…

20131009

今日は10月9日。果たして今日は何の日かと言うと、眼鏡の日の前日だということが言いたいのでは無く、歴史に名を残す、あの東京ドーム大会が開催された日でございますよ、奥さん。どの東京ドーム大会なのか分からない方が大半と思いますが気にせず続けるとですね、長州の圧倒的な強さを目の当たりにし、武藤の天才ぶりに狂喜乱舞した、あの東京ドーム大会であります。「キレてないですよ」の原型が生まれたのが10.9、足四の字固めが流行るきっかけが10.9、武藤の入場曲が一気にダサくなったのが10.9東京ドーム大会なのです。Uの象徴とも言える高田延彦が、もはや古典とも言えるプロレス技である足四の字固めで敗れるというね、それをUの崩壊と言わずしてなんと言おうかと。

10.9と言えば東京ドーム。開催から18年が経過した今でさえ、それ以外の選択肢は浮かばなくなってしまっているほど、あの大会のインパクトはデカかったのであります。熱かったよなぁ。

プロフェッショナル

20130415

週末はVプレミアリーグのファイナルラウンドを観戦に行きました。最前列での観戦でしたので、僕らの前にはプレスが陣取っているわけです。僕も写真を撮るじゃないですか。ですのでプロのカメラマンさんがどのように撮影をしているのかが気になるわけで、試合を見ながらカメラマンも見るという、ダブル観戦に挑んで参った次第。

ISOは1600で固定、撮れた写真を後ろからチラ見する限り、絞りは解放気味にしているみたい。サーブを撮るときにはインパクトの瞬間は狙わずにインパクトの直前でシャッターを切るみたい、などなど、勉強になりました。カメラマンさんによって切り取り方が全く違っていたのも面白かったです。カメラマンさんの個性なのか、それとも求められている写真がカメラマンそれぞれで異なっているのか。どうなんだろ。

どんな世界にも「プロ」ってのがいるわけだけれど、やっぱりすげぇなぁと思うわけです。どうしてすげぇなぁと思うのかについては、気が向けばまたの機会に書くことと致しますぜ。