Posts in Category: アイドル

オッサンの習性

週末は友人の結婚式というか結婚パーティーというかそんなものに参加をさせていただいたのだけれど、会場につくと、また別の友人である若き女性カメラマンが写真を撮りまくっていたので「おっ」と思った。
数年前から彼女がプロカメラマンとして活躍しはじめていたことは知っていたけれど、彼女のことをそこまで深く知っていたわけでも無く、なんとなく頭の隅の隅にあった程度だった。数か月前、彼女がハワイの砂浜で新郎新婦を撮影している様子を写した写真をたまたまネットで発見し、決して大きく無い身体に望遠レンズをつけたデカいカメラを2つぶら下げて笑顔で撮影をしている姿に感銘を受けた。そのとき初めて「あ、本気なんだな」と思えた。久しぶりに会えたので、そのことを伝えてみた。「感動したよ」と。「頑張ってるんだね」と。
式の最中、友人たちと歓談をしつつも、走り回って撮りまくっている彼女を目で追った。それを見ていたら、なんつーか、大切なのは「覚悟」だよなと思えた。初めから「できる」人なんていない。まっすぐに向き合う覚悟を持てるか否かだよなと。改めてそれを教えられた気がした。そして「うちに使って無いキャノンのカメラとレンズがあるから全部持ってっていいよ!」と、ここ(喉)まで出てきたのをなんとか理性でおさえこんだのだった。

あれから数日経つけれど、あのとき「持ってっていいよ!」と思えたのは、もしかすると僕がアイドル好きなことと関係があるのかもしれないなと思えた。応援したくなっちゃうんだよね。初めて好きになったアイドルはももクロだった。僕が持つ「アイドルとは何ぞや」というイメージから完全に逸脱するほどに身体をはっている彼女らを見て、応援したくなった。いや、これは応援しなければならないと思えた。で、オッサンになると応援の仕方というものも若かりし頃のそれとは異なるもので、平たく言えば、モノと金を渡したくなる。財力で解決しようとしてしまう。「カメラ持ってけ!」というのはモノを渡すことで応援の気持ちをあらわそうとしていることに他ならず、冷静に考えると非常になんというか、よろしく無い。というか恥ずかしい。裏を返せば財力以外に強みをもっていないということでもあるもんな。わー、こんな大人になりたくなかったわー。こんな大人に誰がした。オレがした。

ってことで、友人の今後のご活躍をお祈りしつつ、僕は僕で羽ばたこうと決意した次第。腹回りの肉を落とせばまだ羽ばたけると思う。どんどん飛んでっちゃうんだからな。アンジュルム風に言うならば「カクゴして!」と言ったところだ。

モー娘。

先に昨日の検査結果のことを言っておくと、癌の転移は無し。
舌癌の手術をしてから1年、初めて鼻からカメラを入れて舌の奥の方まで検査をしたけれど、転移は見当たらないとのことだった。術後半年~1年の間に転移が見られなければ多少安心して良いとのことで、月に1度通っていた検査も今後は2カ月に1度行けば良いことになった。仕事を抜けて通っていたので、回数が減るのは有難い。先生、神様、ご先祖様、ありがとう。

で、本題に入るけれど、最近ハロプロのことが気になって仕方無い。どのあたりがどう気になるのかを書き出してしまうととんでも無い量になってしまうので、直近で気になっている「モーニング娘。」のことだけを書いてみよう。
数年前に「今のモー娘。はすごい!」「鞘師すごい!」「今年のモー娘。が紅白に出られないなんて!」なんてことを耳にしていたけれど、昔のモー娘。のイメージしか無かったので全く興味が湧かなかった。が、自分に義務付けている「今日のYoutubeパトロール」の最中に道重さんの動画を発見し、「なんと!あの道重がいま(数年前の映像)ではこんなに大人になってんのか!」と衝撃を受けてしまった。歌を歌っている道重、踊っている道重、マトモなことを言っている道重、先輩に感謝の言葉を述べている道重。そんな道重知らなかった。そこからモーニング娘。の映像を見るようになり、そのなかで、過去に騒がれていた「モー娘。のフォーメーションダンス」の凄さを目の当たりにし、こりゃヤベえぞと。ヤっベぇぞと。ハロプロマジだなと。鞘師すげぇなと。コレについて行けている道重すげぇなと。数年遅れでその素晴らしさを体感しているところ。真正面に置いた定点カメラでフォーメーションダンスを撮っている動画があるんだけど、それを毎日のように見ては感動している。そこのヒマな貴方、「愛の軍団」で検索してくれたまえよ。そのなかに定点カメラで撮影している動画があると思うから。この感動を誰かと分かちあいたいのにまだ誰とも分かち合えていないのだよ。あまりに感動したので、その動画の元となっているDVD(ブルーレイ)があるはずだろってことで検索しまくり、ようやく発見するに至ったのが一昨日のこと。そしてAmazonで注文したのも一昨日のこと。今からその到着が楽しみで仕方がない。妻からは「自分のお金で買うんならいいんじゃない?」と、つれない返事をされましてね。
っつーことで、早く来い来いブルーレイ。おじさんここで待ってるから。どこにも行かないから。

薔薇色の人生

「ももち」こと嗣永桃子さんが芸能界を引退してから約1カ月が過ぎた。15年間の芸能生活だった。彼女の大ファンだったわけでは無いけれど、そのトーク力と負けん気の強さが印象的で、ここ最近はその動向をチェックするようになっていた。
6/30に行われた引退コンサートをネットで見ていたのだけれど、そこで心に響く出来事が起こり、それが原因で軽くトラウマになっていた。最近になってようやく薄れつつある。薄れつつあるのでそろそろ書けるかなと。誰からも頼まれていないし望まれてもいないけどようやく書けるぞということで、今日はそのことを書いてみる。平たく言えば、アイドルの引退コンサートを見て心揺り動かされたうえで妄想をするに至ったオッサンの話だ。

引退コンサートの前半は、過去に彼女が所属していたBerryz工房、Buono!、ZYXの楽曲をソロで披露し、後半はプレイングマネジャーとして所属しているカントリー・ガールズの面々とともに歌と踊りとトークを披露した。それはいい。それはいいのだけれど、コンサートもそろそろ終わりだろうというダブルアンコールの場でコトは起きたのよ。
その頃の会場はももちとのお別れを悲しむオッサンたちでいっぱいで、僕はモニターのこちら側で少しうるうる来ていた。ももちのことを「ももち先輩」と呼び(正確には「呼ばされ」。ももちとメンバーとの年齢差は最大で10歳だった。)、アイドルの何たるかの手本としていた彼女たちと歌う最後の曲が『VIVA!!薔薇色の人生』だったのだ。それがね、僕のトラウマへと繋がったのだ。「だったのだ」と言われても98%の方々が「は?」と思うだろうから説明をするけれど、それはアップテンポのとても明るい曲でね、その歌詞を簡単にまとめると、「若い私には明るい未来が待っている。むしろ明るい未来しか無くてごめんね。幸せの幕開けだ。世の中世知辛そうだけど、私なら大丈夫。みんなも最高。薔薇色の人生。」というもの。とても前向きなのよ。書いてて涙が浮かんできたわ。疲れてるのかな?それはいいとして、要は「アイドルとは人前で涙を見せないもの」とももち先輩から教わってきた彼女たちが、目に涙をいっぱい浮かべながら、その『VIVA!!薔薇色の人生』を歌うわけだよ。彼女たちにとっては慕ってきたももち先輩がグループを抜けてしまうだけで無く、実はカントリー・ガールズというグループもこのコンサートを機に、解散はしないけれど、しばらくの間は離れ離れで活動することが決まっていたので、その意味でも涙に繋がるものだったと思う。でも涙を見せたらももち先輩の教えに反してしまう。涙は流せない。という状況のなか「困難 荒波 大歓迎」「私なら大丈夫です 薔薇色の人生」と歌う彼女たちがね、なんかもう健気でね。それ以来、『VIVA!!薔薇色の人生』を聴くとうるっと来るようになってしまっていたのだけれど、最近になって多少は大丈夫になってきたというね、そんな話。

ってことで、これからもカントリー・ガールズを応援し続けるぞと。彼女たちの未来が薔薇色であることを願いながら。