Posts By yusuke

親友の定義

中学生みたいなことを言うようだけど、僕はいまだに親友の定義がわからない。俗に「何でも言い合える仲」なんてことを言うけれど、何でも言い合えるからといって、それだけでその相手を親友と呼んでよいかというと、微妙だなとも思える。何かが足りない気がする。実はひとりだけ、彼は僕の親友だろうと思える人物はいるのだけど、当人に「おい、親友よ」なんて声をかけたことは無いし、ましてや向こうはどう思っているかもわからない。「何でも言い合える仲か?」と問われれば、「会ってもあまり話しません」としか言えない。そう、会ってもあまり話さない二人だけれど、僕は彼を親友ではなかろうかと思っている。

で、先日、久しぶりに会った友人(先に述べた「親友ではなかろうかと思っている彼」では無く、別の友人)に「親友っている?」と聞いてみた。すると彼女は「それ、私も考えてたんだけど、分かったの。」と言った。考えた結果、彼女の親友とは彼女のお子さんだと気づいたんだって。それを聞いた瞬間、なんだか胸がスッとした。心が晴れやかになった。彼女のお子さんが彼女の親友だという説明はとてもしっくり来たし、であれば僕の親友は僕の妻じゃんかと思えた。もちろん、先に述べた彼も僕の親友だろうと思うけど、僕の妻が僕の親友であることは、今では疑いようが無い。気づかせてもらえて良かった。

元カノにLINE

昨晩、あるバラエティー番組を見た。VTRに出ていた若いカップルは先日喧嘩をしたばかりだとのことで、そこを突っ込まれていた。喧嘩の理由は男性が元カノにLINEで連絡を取ったことだそうだ。それにより彼は彼女から殴られたとのこと。それを見て、僕はどうかなと。僕は元カノに連絡を取ることはあるだろうかと考えた。何かしら用事があれば連絡は取るだろうけど、可能性としては限りなくゼロに近いと思う。僕と元カノが同窓会の幹事になってしまうだとか、たまたま路上で元カノが運転する車にぶつけられたとか、そんなことが無い限りは無いだろうなぁ。っつーかそれはいいとして、LINEで元カノに連絡を取っただけで殴られるだなんて凄いことだなと。ヨリを戻そうってことでも無いのに。ま、全ては信用の有無によるところなんだろうな。

お祭り

先週末は我が家の氏神神社のお祭りだった。お祭りとは不思議なもので、なんつーかこう、血がたぎる。子供の頃から太鼓連中として関わっていたからかもしれないけれど、地元を離れた今でもその感覚は変わらない。
太鼓や御神輿もいいんだけど、僕が一番好きなのは夜宮(宵宮)。何が好きって、夜宮では地元の一芸を持った方々が舞台にあがるわけで、それを見るのも楽しいし、酔っぱらってヤジを飛ばしてる地元のオッサンたちを見るのも楽しい。「おい祐輔!こっちこい!飲め!」とかさ。素人のカラオケなんて全然うまく無いのにさ、なんであんなに楽しいんだろうね。今は地元を離れているから夜宮を見ても知らん人しか出ていないし誰からも声をかけられないけれど、それでもやっぱり楽しいもんな。舞台の上と客とのやり取りがとても自然でとても良い。素人のオッサンの小噺とか全然面白く無いんだけど、そこがまた面白くて。
ってことで、早く来年のお祭りがやって来ないかなと思いつつ、地元だけでは無く、他の町内の夜宮に勝手に参加しても楽しそうだなと思えた。アイラブ夜宮、ベリーマッチ。

銀座ふくよし

先日、「美味しかったもの」というタイトルで日記を書いた。そこでは今までに食べたもののなかで美味しかったものを羅列したけれど、実は一店舗、完全に失念していたお店がある。それはだな、東銀座と赤坂に店を構える「銀座ふくよし」だよ。なぜ失念していたのかって?それは単なる「老い」だろうよ。

銀座ふくよしは鰹だしをベースとしたたこ焼きを出してくれるお店で、ソースもかつお節もかけずに塩だけで食べる「そのまんま」というたこ焼きが非常に美味しいし人気もあるんだけど、なんつーか、ふくよしのたこ焼きが美味しいのは僕のなかでは既に当たり前になっているので、その次に美味しいものは何なのかっつー話をするけれど、あのね、から揚げが美味しいのよ。ふくよしのから揚げ、初めて食べたときは驚いた。すげぇ柔らかくてな。思わず「これ、どうやって作ってるんですか?」って聞いたほど。それと焼きそばな。これもフツーの焼きそばとは違って辛いのよ。辛いから、一緒に出てくる生卵をそばつゆみたいにつけて食べるの。この辛さと生卵の加減が絶妙でさ。うまいったらありゃしない。で、最後にこいなり(小さいお稲荷さん)をお土産に買って帰って翌朝食べるというのがいつものパターン。
ただ残念なのは、このお店、人気が出すぎて予約無しでは入れないほどになっちゃった。美味しいことが知られてしまったのだよ。銀座と赤坂、どちらかと言えば赤坂の方が当日でも入りやすくはあると思うので、ご興味のある方はぜひとも。最初に「そのまんま」と「から揚げ」を頼んで、次に「焼きそば」な。「こいなり」は在庫が無いこともあるから、お店に入ったらすぐに確認をしておくといいのかも。

美味しかったもの

歳をとるとそれに比例して様々な経験もしているわけで、たとえば世の中的に「美味しい」と言われているものの多くは既に口にしているのではなかろうかとも思えてしまう。で、今までに食べたもののなかで美味しかったものって何かなーと考えてみて、すぐに頭に浮かぶものを羅列してみるとだな、鎌倉の常盤口付近にある「ちんや」の餃子、たまプラーザの川沿いにある「Version W」の担々麺、三崎にある「成龍丸」の金目鯛の冷しゃぶ、われらが「ブラザー」こと田町にある「焼鳥嘉とう」のレバーペースト、鎌倉の雪の下にある「Cafe Rietta」のプリン、秋田県能代にある「宝むらん」のカツレツ、横浜の市が尾にある「Bubble Over」のチキンパルメザンとメープルシフォンケーキ(Lucy’s Bakery)かな。ステーキやら鰻やら寿司やら焼肉なんかももちろん美味しいんだけど、高いお金を払って食べるものは美味しくて当然みたいなところがあるので割愛したわ。
仮に今、どれを食べたいかと問われれば、Version Wの担々麺と餃子かな~。