夢の記録と幽体離脱

ここのところ夢を記録していることは先日の日記に書いた。今日もいくつかの夢を見た。夢を見て、起きて、ノートに記録してからまた寝たんだけど、朝起きてからノートを見てみたら何も書いていない。どうやらノートに記録する前にまた寝てしまい、記録したという記憶そのものが夢の中の話だったということらしい。よくある話だな。なので今日の夢は「記録無し」となった。
夢を記録するようになってからこんな感じになったよという話をするとだな、おそらくは「夢を覚えているようにしよう」と意識してから寝るようになったからだと思うけど、夜中に起きたときに、意識は起きているにも関わらず身体だけが寝ているような感覚になることが多くなった。言ってみれば「布団の中に沈んでいく感覚」だろうか。身体の感覚が無くなって行くんだよね。2日に1回はこうなる。10代だか20代だかは忘れたけど、若い頃にもこんな感覚になることは稀にあって、僕はそれを「幽体離脱の前段階」だと勝手に思っていた。つまりはこのまま行けば(意識を保ったまま身体だけが沈んで行けば)幽体離脱するんじゃなかろうかと。結局は幽体離脱することは無くそのまま寝ちゃってたけどな。ここ最近のそれも同じで、「このまま行けるかな?」とは思うものの、いつまで経っても幽体離脱することは無い。僕の心のなかの恐怖心のせいかな?なんてことも思うけど、それも確実とは言えないし。
で、昨晩、幽体離脱のための残りのピースの参考とするために、寝る前に「幽体離脱 方法」で検索をしてみた。そこで見つけたページには、僕が小学校3年生だか4年生だかの頃に毎晩のようになっていた金縛りと全く同じことが書いてあった。その人曰く、幽体離脱の前には耳鳴りがすると。耳鳴りのあとに身体が震え出し、金縛りになると。金縛りになったら身体を左右にローリングさせると幽体離脱できるとのことだった。耳鳴りから身体をローリングまでは僕も子供の頃に毎晩やっていた。でもそれは幽体離脱するためでは無く、金縛りから早く解けたいとの思いでやっていたことだった。と言うか、金縛りになって身体が動かないんだから、実際にはローリングなんてできるわけが無い。僕がやっていたローリングは、心の中だけでやっていたことだ。もがいてただけなの。というか、ここで僕が言いたいのは「そんなことしても幽体離脱なんてできねぇよ」ということでは無く、身体が寝ているのに意識だけは起きているという状況は、やはり幽体離脱の一歩手前の現象と見て間違いないんだろうなということ。金縛りってのは、科学的に見ると、意識は起きているけど身体がまだ寝ている状態のことを言うからね。

「幽体離脱なんかしてどうすんのよ?」と思われるかもしれないけど、なんつーか、見てみたいんだよね、その先を。たまたまその一歩手前にいるみたいだから、せっかくだからさ、残りの一歩を踏みだしてみたいと思うのよ。男の子だもの。

Comments are Disabled