食べ物

先日、多摩川河川敷の定例パトロールを終えたあと、このまま帰宅するのもアレだなぁという気分になり、パトロールに同行していた妻隊員に確認をしたところ「自分も同意見であります隊長」と言うので、であれば駅近辺でお茶でも飲んで帰ろうじゃないかということになった。
我が家の最寄駅周辺には数軒の喫茶店があるものの、喫茶店と言うだけあって少なからず喫煙者もいらっしゃる。受動喫煙はなるべく避けたいところなので、となるとケーキ屋さんのイートインスペースに足を向けることになるわけだ。ってことでケーキと紅茶をいただいてから帰ったわけだけど、帰宅途中に一気に体調が悪くなったのよ。具体的に言うと、とても身体が重くなった。妻隊員が話しかけてくることすら面倒に感じる。過去にも同じようなことがあったので何となく察したのは「砂糖のせいだろこれ」ということ。帰宅後すぐに横になり、多少回復してからGoogle先生に質問をしてみたら、やはりまぁ思った通りのことが書いてあった。その状況に陥ると何をするのも面倒になるので細かなことは覚えていないけど、いきなり甘いもの食べちゃだめだとか、糖尿病だとか、そんなことが書いてあったと記憶している。なにせ痛風持ちなので普段から食事には気を付けているつもりだけど、歳も歳だしもっときちんとしないとイカンのだろうかと思い、朝昼晩のなかで最も食が乱れやすいであろう昼ごはんを改善できないだろうかと。痛風持ちだけど人嫌いでもあるので昼食は野菜を中心としたお弁当をスーパーやナチュラルローソンで買って事務所で食べることがほとんどだったけど、最近ではきちんと作っていそうなお店、つまりはチェーン店では無く「おふくろの味」的なお店で食べるようにしはじめた。本当は蒸し野菜に小さい魚を添えた料理とかそんなものを食べたいんだけど、実際、なかなか難しいよね。みんなはどうしてんだろ?

Comments are Disabled