ここ数日の思い出

長い連休が明けたけれど、僕の脳にはまだ休息が必要なようで、思うように働かない。こういうときには事実のみを羅列するという手法が楽なので、今日の日記はこの連休中に起きたことを思い返してみて、頭に浮かんだ順番に記していくことにする。

一泊で富山に行った。なぜ富山なのかというと、まずは行ったことが無いからということと、富山で寿司を食べてみたいと思えたから。
ホテルのエレベーターで中国人4人組が喋りながら乗ってきたが、僕らを見て「静かにしよう」というジェスチャーをした。きっとどこかで日本におけるマナーを教えられたのだろう。良い傾向。
駅の反対側の運河を進む船に乗った。案内役のおじさんがマイクを持って説明してくれるのだけど、皆ほとんど無視していてかわいそうだったので、僕はおじさんの話に頷き、「ははー」とか「へへー」なんてことを口にした。実際にためになる話をしていたし。この短い船旅のハイライトは、日本で唯一だか何だかというパナマ運河方式のエレベーターで、それが何なのかを説明するのは面倒なので検索してくれとのことでスルーしてだな、とにかくそれが楽しかった。パナマ運河、フツーに楽しい。
寿司を食べた。せっかくなのでこっち(東京)には無いものを食べようと思い、聞いたことの無いネタを適当に頼んだら白身ばかりになった。どれを食べてもさっぱりしていた。なんだろう、どれも身が厚くて食べごたえはあった。富山で寿司と言えば白海老と蛍烏賊なのかなと思うけど、一番美味しかったのはトロタクだった。そこはほんと、なんだかすみません。
富山ブラックというラーメンを食べた。見た目に反してとてもさっぱりしていた。富山の食べ物は全てさっぱりしているのかもしれない。
ホタルイカミュージアムでホタルイカが発光するところを見た。イカが光るだなんて知らなかった。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるのだろうと思えた。逆に言えば、僕のおでこから白くて長くて細い毛が1本だけ生えていることは誰もが知らないことだろう。
魚津埋没林博物館に行った。これも説明が面倒なので詳しくは調べていただきたいが、とにかくまぁ天然記念物なのだよ。木が海の中に沈んでるの。というか、沈んでるのが見つかったの。普段から地味な写真を撮っているから分かると思うけど、僕、こういうの好きなのよ。ここでは案内役のおじさんはいなかったけど、自主的に「ははー」とは「へへー」と言った。
高岡の瑞龍寺に行った。トイレのなかにはるお札をいただいてきた。詳しくご説明をいただいて有難かった。頭が下がります。
新幹線のなかで、自動ドアの前からなかなかどかない女性がいて、ドアは閉まろうとするんだけど女性がいるからすぐ開くのよ。スターどっきりマル秘報告か何かでエレベーターの中からゴリラが出てきて驚かすというものがあったけど、まさにアレ。自動ドアが開いたり閉まったりを繰り返すたびに頭のなかには「ゴリラが出たぞ、ゴリラが出たぞ」の音楽が流れた。
リュックを背負っている男子がたくさんいたけれど、電車のなかでもリュックは背負ったままなのね。都内では「お荷物は前に抱えるか網棚の上に…」とのことだけど、こちらにはそういった文化は無いらしい。あまり混まないからなんだろうなと思えた。それでも僕の肘にはあなたのリュックがガシガシ当たってるんだけどね。

というか、富山の話だけでこんなに長くなってしまったので、ドコモでオッサンが理不尽に怒りまくってた話はまた今度にするね。

Comments are Disabled