緑色のレンズ

歳をとったからなのか光が眩しく感じられるようになってきたってことは何か月か前にも書いたけど、ここのところそれが顕著でさ、仕事にも支障をきたすようになってきたので今つかっているものよりも濃いサングラスを作りに行った。
「こんなのがいいな」というものは頭のなかにあったけど、それにマッチしたフレームは見つからず。でもね、目や頭の痛みのことを考えると、マッチしたフレームを探してあての無い旅に出るよりは、多少の妥協をしつつも早いとこ目を保護することの方が重要であろうと。ってことで「これなら似あわなくは無いかな…」と思えるフレームを見つめていたところ、店員さんから「お探しのイメージはおありですか?」との声掛けが。日本有数の素直さをほこる僕としてはその問いに対してまっすぐに答えるという選択肢以外には無いわけで、かくかくしかじかと説明をした。するとその店員さん、「そのフレームであれば緑のレンズがかっこいいです。自分も普段は緑のレンズを入れたものをかけているのですが、かっこいいですよ。レンズが緑だと見るものがシャープに見えますし。」と。「緑?」と思ったものの、プロが言うことなのでその方向でお願いすることに。というか、目に優しければいいやと思っていたし、かっこよくもあるみたいだからもうそれでいいかなと思えてね、その時は。
あれから何日か経ったけれど、緑色のレンズのサングラスってどうなのよと思えてきてさ。まだ完成して無いんで実物は見て無いんだけど、緑ってなんだかトンボみたいだなっつーか、「オレって普通じゃ無いんだぜ~」みたいなことをアピールしてる痛めの人間に見られそうだなとか、思えるわけよ。でももう作っちゃったから使わないことは無いわけで、保身のために今のうちに言っておきたいのは、「こんなサングラスをしてるオレって素敵だろ?ww」と思ってかけているわけでは無いんだぞということ。そこだけはね、ほんと、よろしくお願いしたいと思っている次第。「オレっていかしてるぅぅ~!!」とか思って無いから。

Comments are Disabled