宇宙は数字でできている

今から13~4年ほど前、深夜というか明け方というか朝でも夜でも無い時間帯にふと目が覚めたとき、数字やらアルファベットやらがびっしりと天井付近に浮き上がって見えたことがあった。厳密に言うと、天井から少し降りたあたりにふわふわと浮かんでいて、金色に輝きながら、パラパラとめくれていた。めくれていたというのはうまく説明ができないんだけど、たとえば数字だったら「0」から「9」までがすごい速さでめくれてる感じ。0→1→2→3…みたいに。分かるかしら、これ。その数字やらアルファベットやら記号やらよく分からん言語やら数式やらがとにかく天井びっしりにふわふわと浮かんでいて、それぞれがパラパラとめくれてるの。それをぼんやりと見つめながら、この現象が何なのかは分からないけれど、経験から言って、これはぼんやりと見つめているから見えているものであって、カッと目を開けたら見えなくなるものであろうことは分かった。要は意識を目に移してしまうと見えなくなるものだろうなと。なのでしばらくはぼんやりしたまま眺めていたことを覚えている。
で、最近になってさ、似たようなことを言っている人をネットで見つけたのよ。その人は意識的に幽体離脱ができる人らしく、その日も幽体離脱をしていたとのこと。詳細は忘れたけど、太い管のようなものの中を飛びながら移動していたときに、その管の中だか壁面だかに計算式のようなものがびっしりと書かれていたと。それを見て、直感的に「宇宙は数字できてるんだな」と思えたと書いてあった。なんかそれ、僕が見たものと似てるんじゃないかなと思って。
ホントのところはどうなのか分からないけど、その人が言う「宇宙は数字でできている」ということ、なんだか分かるような気がしてね。理屈では無く、ほんと、なんとなく。世界のYAZAWAも言ってたけど、勘って大事よ。なのでもう一度言うけれど、感覚的に、それ、分かるのよ。宇宙って数字でできるんだよ、たぶん。

Comments are Disabled