マウスとビジネスチャンス

いつのことだったかは忘れたけれど、右腕と左腕の角度が違っていることに気が付いた。もうちょい分かりやすく言うと、肘を伸ばした状態で両手のひらを合わせてみてくだされ。そのときに僕の右腕の肘の内側は上に向いているけれど、左腕の肘の内側は右を向いている。つまり両者には約90度の違いがあるということ。あまり差が無いという人は、両手のひらを合わせて肘を伸ばしたまま、腕を下に下げてみるといいかも。違いが出やすい。
どこに確認をとったわけでも無いけれど、これはおそらくはパソコンの使いすぎ、つまりはマウスの使いすぎによるものと思っている。マウスを持った姿勢を長時間続けることで、腕の筋肉のつき方が左右で違ってしまっているのだと思う。念のため「マウス肘」で検索をしてみたら、やっぱり引っかかった。マウス肘になると痛みが出るとのことなので僕のケースとは違うけれど、マウスの使いすぎってやっぱり良いものでは無いんだね。
おそらくはマウスの形状というか使い方を変えればいいんだと思う。これはビジネスチャンスに繋がる話になると思うんだけど、今は机の上を転がしてるでしょ?要はその角度を変えればいいんだよね。人間にとってもっと自然な角度でマウスを転がせるようにしてあげればいいだけだと思う。つまりは手のひらを内側に向ければいいってことだろうから、椅子に座った状態で言うならば、おそらくは腿の外側を机がわりにしてマウスを転がせばいいんじゃないかな。とても自然な状態でマウスを使うことができる。あとはマウスそのものの形状を変えるとかね。今は手に持って使っているけれど、それを指先に装着して使えるようにするとか、眼球の動きに追従するようにするとかさ、考えるだけでよければいろいろなアイデアが浮かぶよね。

っつーことで、皆さまもマウスの使いすぎには気を付けていただきたいと思いつつ、もしこの日記をきっかけに「第二のマウス」を開発して大儲けできた暁には僕にもちょっと分けてねということで、みなさま、よい週末を。

Comments are Disabled