なぜ霊能者によって意見が違うのか

タイトルの件、僕も常々思っていたことなんだけど、現時点で「これでしょ」と思えるものをまとめてみようかと。複数の角度から考えるべきことなので分かりやすくまとめられるかは分からんけれど、自分の頭のなかを整理する意味でも、とにかくやってみようかと。

複数の霊能者が集まって、同時に同じものを霊視した場合、意見がバラバラになることがある。同時にオーラを見ても「金」だという人もいれば「青」だという人もいる。ある場所を霊視しても「笑顔の女の子がいる」という人もいれば「血だらけの女の子がいる」という人もいる。この状況をテレビで放送すれば、それを見ている視聴者が「霊能者ってインチキなのかな」と思うのも理解できる。霊能力を持たない(という言い方も間違いなんだけど)一般の視聴者からすれば霊能力を持っている人間は何でも見えるんだろうから、誰が見ても同じように見えないとおかしいと思えるんだろうなと。僕も初めはそうだった。意見が一致しないのは、そのなかにインチキが紛れてるからだろうなと。でも自分で霊界通信を受信するようになってからは、その大変さが分かったというか、こりゃ仕方無いと思えるようになった部分もある。
僕は霊界通信の受信に関しては自己流でやってきた。誰に教わったでもなく、経験を積み重ねることでやってきた。説明をすると、クライアントさんの顔の周囲を見ていると、僕の額から前頭葉の辺りというか、目と鼻の間というか、そのあたりから何らかの情報が入ってくる。単語で入ってきたり、映像で入ってきたりする。それら入ってきたものを僕のなかで解釈をして、日本語に翻訳してクライアントさんに伝える。ざっというとこんな感じ。なので複数の霊能者で意見が異なってしまうのは、その「翻訳」の際に間違えてしまうというか、間違えてはいないけど、使う日本語を間違えてしまうというか分かりにくく言ってしまうというか、そのあたりに原因があるのかなと思っていた。たとえば自分のことを言う場合、「僕」でもいいし「オレ」でもいいし「わし」でも「おいら」でも「ミー」でも何でもいいんだけど、印象って違うでしょ。そのあたりの少々のズレが積み重なることにより、最終的には大きくなってしまうのかなと。それともうひとつ、霊界通信の相手にもよるのかなとも思っていた。霊界通信の相手は所謂「霊魂」であり、言い方を変えると「僕らより先に死んだ人」なわけ。そのお相手は高級霊であることが望ましいけれど、そうでは無い場合、結局のところは「元人間」なので、間違えることもあるのかなと。肉体を失った霊魂は嘘はつかないというけれど、間違えることはあるみたいだし。
というね、そのふたつのことが原因で、霊能者同士の意見が違ってくるのかなと思っていた。でもね、1年ちょい前あたりからはじめた英国スピリチュアル協会周りやら密教周りやらの勉強を進めていくうちに、その原因は他にもあることが見えてきた。それはね、霊能者自身。その時点で霊能者が持ち合わせているものによって、見え方やら感じ方やらが違ってくるのかもしれないなと思えた。霊能者が持ち合わせているものって何かと言うと、霊能力関連のことがらだけでは無く、それまでに経験した全てのこと。考え方もそうだし、嗜好もそうだし、とにかくその霊能者が持ち合わせている全てのものごとによって、そのあたりに違いが出てくるんだなと。例を挙げると、もう10年以上前の話だけど、皆で一緒にオーラを見る機会があった。そのときに僕に見えたのはバイオレットのオーラだった。水色が見えると言っている人もいたけれど、僕にはバイオレットのオーラしか見えなかった。クライアントさんのオーラでよく見えるのは金とバイオレット。たまに緑も見えるかな。それ以外の色はその時点の僕には見えなかった。でもオーラには金とバイオレットと緑しか無いわけじゃなく、その他の色ももちろん存在する。でもなぜ僕にはそれしか見えなかったのかと言えば、僕のなかにその3色しか入っていないかったから。僕が持ち合わせている金とバイオレットと緑しか見えなかったんだろうなと。

霊能力を発揮している状況とは、言うなれば霊魂と人間(霊能者)とが共同作業をおこなっている場とも言えると思う。霊魂側から送られてきたものを人間というフィルターを通してクライアントさんに示すことになるけれど、どんな霊魂がどんなフィルターを通すのかによって、そこからアウトプットされる情報には差が出てしまう。目の細かいフィルターなのか荒いものなのか、透明なのか色が付いたものなのか。とても根本的な部分だけど、結局はそこなんだろうなと、現時点の僕は思う。霊能者と言えど人間だから。肉体をまとった人間なので、それまでの生き方がそこ(肉体+霊魂)からのアウトプットに交じってしまうんだろうなと。「良い・悪い」では無く。なので霊能者から出てくるものはそれぞれだろうし、霊能者の言うことは「絶対」では無く参考意見程度にすべきと思うし、複数の霊能者を比較するというのもアリだと思う。自分と意見が合致する霊能者に出会えるまで探し続けるべしということでは無く、複数の霊能者の言うことを客観的にとらえ、採用すべきものは採用すればいいし、イマイチだと思うものは却下すればいい。そのあたりの判断は、ご自分の胸に聞いてみるしか無いだろうな。

ファンキーボーイ

昨日お昼ごはんを食べたお店の店員さんがやけに気さくなファンキーボーイで、聞いてもいないのに「僕、平成元年生まれなんですよ。」と言ってきた。さらに「今の天皇の誕生日と次の天皇の誕生日のちょうど真ん中の日に生まれたんです。」と言った。「そこは「天皇」じゃなくて「陛下」がいいぞ。」と思ったもののそれは心のなかに留めておき、「じゃあきみがネクスト天皇だね。」とテキトーなことを言っておいた。
平成元年生まれで困るのは、年齢を勘違いされることだそう。平成元年だから30歳だろうと思われるけど、実は31歳だか29歳だかなんだと。1年ずれていることにみんな気づかないと言っていた。かなりどうでもいいことだけど、今まで気にしたことも無かったことなので、そこだけはなるほどなと思えた。平成生まれのファンキーボーイに勉強をさせていただいた。ありがとう、ファンキーボーイ。

ハロプロ愛

ハロプロ、つまりはハロー!プロジェクトを応援するようになってからどれくらい経つだろう。3~4年程度だと思うけれど…ってそんなことはどうでもよくて、僕が言いたいことを単刀直入に言えば、ここ最近、ハロプロについて気軽に話ができる相手を欲してるんだよねっつーことだ。周りにいないのよ、ハロプロが大好きって人が。
「誰々が好き」なんて話も悪くは無いんだけど、僕が欲しているのは、たとえば「『One・Two・Three』の「Two」のところの石田の振りが好きでさぁ。」とか、「たぐっちとの契約解除はどう思う?」とか、そんな話。「どんな話やねん!!」って声が聞こえてくるような気がするけれど、まぁ、そんな話ですわ。
とりあえずは頭のなかにパッと浮かぶことを以下に羅列してみるので、こんな話に興味があるんだなー程度にご承知おきいただければ是幸い。

・和田彩花卒業後のハロプロリーダーは誰?
・和田彩花卒業後のアンジュリーダーは誰?
・梁川奈々美の卒業とももちイズムについて。
・梁川奈々美と稲場愛香の本当のところ。
・稲葉愛香のJuice=Juiceへの加入について。
・カントリー・ガールズの今後について。
・鞘師里保のパフォーマンスについて(ひなフェス終了後に)。
・嗣永桃子と松浦亜弥にみる「最強のアイドル」とは。
・菅谷梨沙子の復帰を願っている件。
・結局のところプラチナ期が最強だったのでは?の件。
・『TIKI BUN』のMVの工藤遥の髪型が好きな件。
・モー娘。の楽曲をあの頃のものに戻してほしい件。
・ハロプロと紅白の件。
・Buono!を復活させてほしい件。
・PINK CRES.に力を入れてほしい件。
・宮澤茉凜に力を入れてほしい件。
・宮澤茉凜にはむしろ梁川奈々美と共に行動をさせてほしい件。
・浜浦彩乃の成長に目を見張る件。
・こぶしファクトリーは5人がちょうどよかったのでは?の件。
・気が付くと佐々木莉佳子のパフォーマンスに目を奪われている件。
・モー娘。は10人くらいがちょうどいいのでは?の件。
・高木紗友希と竹内朱莉のパフォーマンスに対する安心感。
・宮崎由加ほどいい人はなかなかいないのでは?の件。
・道重さゆみは本当にかわいいと思える件。
・矢島舞美の美貌と、場位置を間違える件。

パッと思いつくだけでこれだけある。いつか誰かと話せればいいなと思っている。

怪我の予防

呼吸とストレッチを日課とするようになってから1年と3か月が経過した。地道に続けてきたことで、おかげさまで身体が柔らかくなったことが実感できるようになった。
専門家では無いので詳しいことは知らんけど、身体が柔らかくなったということはおそらくは怪我をしにくい身体になったのだろうということで、数週間前から筋トレをしはじめた。硬いものはパキッと行くけれど、柔らかいものであれば壊れにくいでしょ。身体も同じだと思えるので、身体が柔らかくなるまでの間はずっと筋トレを控えていた。それももう解禁だろうなと。
30代の前半あたりから運動ができない日々を過ごしてきたけれど、身体も柔らかくなったし、これからは筋肉も鍛えられるし、健康を取り戻しちゃうんだからなと思っている。計画的に進めてきて良かった。

ヤベー場所

昨日、たまたまお会いした方に連れて行っていただいた場所がとても凄かった。平たく言えばカフェなんだけど、出てくるものは全て美味しくて、窓の外を見れば見たことも無いような綺麗な色をした野生のインコがいて、店員さんには愛があった。って、これだけだとさほど凄くも無いと思えるでしょう。そりゃそうで、なぜなら僕がかなり控えめに書いているから。外には人一人が入れる礼拝堂があって、自由に入れるもんで、せっかくだから僕も入ってみた。これもなんとなくあんまり良くないかなと思えるので細かくは書かないけれど、そこで礼拝することで、おでこのあたりから頭頂部にかけての感覚が明らかに変わった。おそらくは良いことだろうけど、このあたりはちょっと様子見かなと思っている。家に帰ってからネットで検索してみたら、あー、なるほどなーと思える話が散見された。

若かりしころは『ムー』と『Newton』を並行して読んでいたといえば分かる方にはご理解いただけるかと思うけれど、僕は霊界通信をやりつつも、目に見えぬ物事を鵜呑みにはせずに科学的に解明したいと思っている人間。霊界通信って危険と隣り合わせだから。なので今回たまたまお連れいただいたカフェとその周辺についても、感覚としては「(良い意味で)こりゃヤベー場所だな」とは思いつつも、その真偽(エネルギーの出どころ)についてはもう少し時間をかけて判断すべきと思っている。なのでこれからも定期的に通ってみようかなと。もしかするともしかする場所なのかもしれないなと。